【開運わかめ】わかめを縁起物として神前に供えて和布刈神事!

皆様は、開運わかめというものをご存知でしょうか。「わかめ」と言えばお味噌汁にピッタリのあのわかめです。わかめを縁起物として神前に供えて航海の安全や豊漁を祈願するのです。その由来や内容について調べてみました。

開運わかめとは?

皆さんはわかめを縁起物としている、神社をご存知でしょうか。それが和布刈神社の「和布刈神事」なのです。なんと平安時代から続けられているというのですから驚きですよね。
和布刈神事 和布刈公園のイベント:るるぶ.com (7062)

和布刈神事は神功(じんぐう)皇后[4世紀後半頃の伝説的人物で仲哀(ちゅうあい)天皇の皇后]が三韓征伐[神功皇后の馬韓・弁韓・辰韓征伐の物語]からの凱旋を祝って、自ら神主となり、早鞆の瀬戸のワカメを神前にささげたという古事に由来しています。昔は「神事を見ると目がつぶれる」と言われ、神罰を恐れて拝観する者はありませんでしたが、戦後から拝観は解禁となっています。行事は、毎年旧暦元日の早朝に行われます。横代湯立神楽(よこしろゆたてかぐら)が奉納された後、3人の神職が干潮の海に降りて鎌でワカメを刈りとり、それを神前に供えて航海の安全、豊漁を祈願します。
1300年も前から行われている和布刈神事。昔も今も変わらず執り行われ、見物人は皆古代にタイムスリップしたかの様に思い、神事前に奉納される湯立神楽は全国神楽の中でも最も人気の演目‼︎10㍍の竹に鬼が早速と登っていく姿は必見です。
西鉄バスのバス停「門司海員会館前」近くにある和布刈神社の一の鳥居。

 この一の鳥居の隣りに「門司関址」の石碑があります。
この神社には古くから和布刈神事が伝えられていますが、李部王記によれば、和銅三年(710)に和布刈神事のわかめを朝廷に献上したとの記録があり、奈良時代から行われていたものです。

 神事は、毎年旧暦大晦日の深夜から元旦にかけての干潮時に行われます。三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って海に入り、わかめ刈り採って、神前に供えます。

 わかめは、万物に先んじて、芽をだし自然に繁茂するため、幸福を招くといわれ、新年の予祝行事として昔から重んじられてきたものです。

 神事のうち、わかめを採る行事は、県の無形民俗文化財に、また、当神社に伝存する中世文書九通は、市の有形文化財に指定されています。

神前に開運ワカメ 北九州、1300年続く伝統行事(朝日新聞) - goo ニュース (7059)

和布刈(めかり)神社は、関門海峡の最も狭く、潮の流れの速い早鞆(はやともの)瀬戸に面した九州側に建っています。旧暦元旦の早朝、和布刈神社の神殿の前の干潮の海で、わかめを刈り取って、神前に供える和布刈神事が行われます。わかめは万物に先んじて芽を出すため、新しい年を祝い、福を招く神事といわれ、福岡県の無形民俗文化財に指定されています。
つまり、これも立春を祝うお祭りの一つと言えるかもしれませんよね。
今後の新しい芽生えを楽しみとする形でですね。
毎年、旧暦元旦に実施されます。
※旧暦元旦は、現在の1月下旬~2月上旬で、毎年変動します。
旧暦と新暦は30日ほどずれがありますから、毎年変動するので2016年は2/8・2/9だったわけです。

神事の内容について

和布刈神事 (7069)

旧暦大晦日の午後11時頃から、和布刈神社境内の広場で黒土神楽が奉納されます。式神楽前半の祝詞奏上、壱番神楽、花神楽が奉納されます。
旧暦元旦の午前2時半ごろから3人の神職が狩衣、烏帽子、白たび、わらぞうり姿で、約3mもある大きな松明(たいまつ)に先導され、身を切るような冷たい海中へ入り、瀬戸の岩に付いたワカメを一つ一つ刈り取って、神前に奉納する。
和布刈公園と和布刈神社(北九州市)・福岡地域別探検 (7072)

実質 2:50~3:20頃まで行われる
採ったワカメを神殿に奉納する
神主が拝んで終わり 4:00頃
さあ今年も一年幸せでいい一年でいられるといいですね。
それには植物がしっかりと芽を生やすことが重要だという事なんでしょう。
不作なら昔は死活問題だったわけですからね。

松本清張もこの儀式を作品にしています。

時間の習俗の舞台です

時間の習俗の舞台です

彼もこの神事を見たでしょう。
何を思って何を書こうと考えたが、
気になりませんか?
このように、このイベントは多くの人が参加している重要なイベントだということです。
現実に松本清張をはじめとする多くの作家が、この神事を見て作品を作っています。
皆さんもこうしたイベントに一度参加してみてはいかがでしょうか。
やはり、生き物の芽生えの儀式というのはかなり縁起がいいものかもしれませんよ。
なんたって、初物を食べたり見たりすることは寿命が延びるといいますしね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP