ここなら良縁にめぐまれるかな?京都で良縁祈願の神社♪

出会った良縁をしっかりと成就させるためにも、神社に参拝してパワーを頂きませんか?今回、京都にある良縁を祈願する神社を調べまとめてみました。一度訪れてみてはいかがでしょうか?あなたに良いご縁がありますように・・・♪

大原野神社

大原野神社 紅葉 (19771)

京都市西京区に建つ大原野神社は、平安時代に藤原氏の氏神であった神社で、賀茂社の斎院(未婚の皇女か女王)や伊勢斎宮(未婚の内親王か女王)のように藤原氏の未婚の子女が斎女として置かれました。

藤原氏では、女子が誕生すると、皇后や中宮になれるように当社に祈願し、また、藤原氏の皇后や中宮の参詣も多かったそうです。

こういった理由から、大原野神社は縁結びの神さまとして信仰されるようになりました。

藤原氏を関係の深い神社のようです。元恋人の良縁祈願を想う業平の歌が残っています。

大國主社・美御前社(八坂神社)

ポケモンGO 八坂神社がポケスポット削除要請へ/京都 - DUKE Train (19794)

八坂神社(やさかじんじゃ)は、京都府京都市東山区祇園町北側にある神社。二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社である。
この内、大國主社が良縁の神様だそうです。

片山御子神社(上賀茂神社)

 (19927)

片山御子神社(片岡社)は、上賀茂神社の御祭神「賀茂別雷大神」の母君である「玉依比売命」を祀ったお社です。玉依比売命は賀茂族で最も権威の高い女性で、「賀茂別雷大神」に仕えて祭司を司っておられたと言われています。片山御子神社は第一摂社として上賀茂神社の祭礼でも、まず最初に祭りを行うのが恒例になっています。

片山御子神社は「縁結びの神様」としても古来から有名で、紫式部が何度もお参りしたことでも知られています。

ロマンチックな恋の神社みたいですね。

貴船神社

貴船神社 紅葉 (19802)

船神社(きふねじんじゃ)は、京都府京都市左京区にある神社。式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
全国に約450社ある貴船神社の総本社である。地域名の貴船「きぶね」とは違い、水の神様であることから濁らず「きふね」という。

縁結びの神としての信仰もあり、小説や漫画の陰陽師による人気もあり、若いカップルで賑わっている。その一方で縁切りの神、呪咀神としても信仰されており、丑の刻参りでも有名である。

丑の刻参りが有名だそうですが、本来は呪詛ではないとのこと。
人を呪わば穴二つですから、そんなことはしたくないですね。

相生社(下鴨神社)

相生社(縁結びの神様) (19809)

相生社(あいおいのやしろ)の場所 下鴨神社の原生林が茂る糺の森(ただすのもり)を分ける参道を進み、南口鳥居をくぐると朱色の楼門が見えます。

連理の賢木(れんりのさかき) 縁結びの神様、相生社の社殿の南側に立つ御神木は2本の木が途中から一本に結ばれている珍しい木で、縁結びの神様の御神徳により結ばれたといわれる霊木です。この木が枯れると「糺の森(ただすのもり)」のどこかの2本の木が1本に結ばれるそうで、現代の「連理の賢木」は4代目だそうです。

どこも、摂社、末社が多いですね。しかし、ここも相当のいわれがある社のようです。

八大神社

 (19814)

八大神社(はちだいじんじゃ)は、京都市左京区一乗寺松原町にある神社。狸谷山不動院から一乗寺下り松・曼殊院道に至る途中にあり、詩仙堂に隣接する。

江戸時代はじめ、一乗寺下り松で吉岡一門数十人と決闘を行った宮本武蔵が、決闘を前に当社で神頼みをすることを思い立ったが、神仏に頼ろうとした自分の弱さに気づき寸前にやめたという逸話も残る[1]。社殿内には一乗寺下り松の古木が保管展示されている。

武蔵が吉岡一門と戦ったときの下り松がまだ残っているのだそうです。
Free photo: Love, Boyfriends, Women'S Day - Free Image on Pixabay - 1643452 (19932)

いかがでしたでしょうか?
本来ならば、恋愛、結婚に限らず、良縁ということ全体を考えてみたかったところですが、
今回はこの2つに絞っての紹介となりました。
仕事での出会い、商売での出会い、友達との出会い、すべて良縁ではありますからね。

引き寄せの法則という言葉が流行りましたが、こうした神社へのお参りや願いの確認、
自分の意思を強く持って目的の良縁を引き寄せることのために、お参りや祈願があるのでしょう。
あくまでも「人事を尽くして天命を待つ」の精神で、日々の人生と向き合っていきたいものです。
そんな人の世の願いを知ってか知らずか、これからも良縁の神様はそこにいらしてくださるのだと思います。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP