愛知県で勝負運を願うならここ!選りすぐり神社5選

愛知県限定で、勝負運に強い神様がいらっしゃる神社はどこでしょうか?

人の力でどうにもならない部分があるのが、勝負ごと。

そんな「勝負事のお願いをするならぜひこの神社」という場所を5か所まとめてみました。

しっかりお参りして、勝負の日に備えたいですね。

山田天満宮の金神社

お金に関するお願いをするから、金神社。

ただし、読み方は「こがねじんじゃ」です。

金神社(こがねじんじゃ)は延享3年(1746年)に創建された神社。山田町4丁目に鎮座していたが、昭和58年(1983年)に山田天満宮に合祀された。金運招福・商売繁盛の御利益があるとされ、銭洗いで知られる。
別のところにあった神社を、わずか30年ぐらい前に山田天満宮の境内に合祀したのがこの神社だということで、そもそもは摂社、末社ではないみたいですね。

なくすわけではなく合祀するというのは、それだけみんなから愛されている神社だったのかもしれません。

沢井鈴一の「名古屋の町探索紀行」第9講 下街道の山田庄 第2回「金神社」 : Network2010.org (20568)

豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)

東京別院には、筆者も結構行きます。
豐川稲荷は正式名を「宗教法人 豐川閣妙嚴寺」と称し、山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。

 一般的に「稲荷」と呼ばれる場合は「狐を祀った神社」を想像される方が多数であると思われますが、当寺でお祀りしておりますのは鎮守・(とよかわだきにしんてん)です。が稲穂を荷い、白い狐に跨っておられることからいつしか「豐川稲荷」が通称として広まり、現在に至っております。

稲荷は主に神社ですが、ここは仏教のお稲荷さんです。

赤い鳥居がひとつの特徴ですね。

豊川稲荷表参道の再生 | ECO-MISSION2010@JAPAN (20575)

洲崎(すさき)神社

洲崎神社(すさきじんじゃ/すのさきじんじゃ)は、千葉県館山市洲崎にある神社。式内社(大社)論社で、江戸時代に安房国一宮とされた。旧社格は県社。

創建[編集]
大同2年(807年)の『古語拾遺』によれば、神武天皇元年に神武天皇の命を受けた天富命が肥沃な土地を求めて阿波国へ上陸し、そこを開拓した。その後、さらに肥沃な土地を求めて阿波忌部氏の一部を率い房総半島に上陸したとされている。

房総半島の先っぼが、安房国というのは、この神社に伝わる開拓史がもとなんですね。
きょうのちょい福 古地図で歩く堀川~洲崎神社 (20579)

徳川園

神社ではありませんが、徳川家康が祈念した場所です。

愛知県には神社に限ると勝負運スポットが少なめなんです。

園の入口付近にある龍門の滝と呼ばれる大きな滝は、鯉が滝を登り切って竜になったという伝説(登竜門伝説)から作られたもので、パワースポットといわれています。

1695年に造営された尾張藩2代藩主徳川光友の隠居所の大曽根御屋敷跡(当時の敷地は約44ha)に築造された池泉廻遊式の大名庭園である。園内に配置された山、大曽根の瀧、渓流、龍仙湖、牡丹園、菖蒲田はそれぞれ、木曽山脈、木曽三川、伊勢湾、濃尾平野に見立てられてのものであり、自然の景観を凝縮している。これは、尾張国の、土地柄の豊かさを表現したものである。
また園内の龍門の滝は、尾張藩江戸下屋敷戸山荘跡(現在の早稲田大学戸山キャンパス)から発掘された龍門の瀧の遺構を移設したものである。通常の流量は多くはないが、約20分おきに激流となる仕掛けを施して、下流にある飛石を水に沈めるというかつての戸山荘でのエピソードを再現したものとなっている。瑞龍亭は、尾張徳川家が織田有楽斎を流祖とする有楽流を重用していたことから、有楽好みとした三畳台目の茶室である。躙り口手前の燈籠も有楽好みの燈籠を再現したものである。

登竜門伝説!!
なんだかすごそうですし、そういう縁起をかつぐのが徳川家の家風にも感じられます。

東京の早稲田の徳川屋敷から移設したもののようですね。

また、織田有楽斎のゆかりで、有楽流の茶室とのことですが、この織田有楽斎は信長の下の方の弟で、夏の陣の前に大阪城から逃げ出した人で徳川側のスパイだったと言われています。

江戸城の東側大手門のすぐ前に屋敷を構え、現在の有楽町の名前のもとになりました。

徳川園 (愛知)---国内旅行観光ガイド『名勝・史跡★百景』 (20584)

三光稲荷(さんこういなり)神社

三光稲荷神社(さんこういなりじんじゃ)は、愛知県犬山市にある神社である。針綱神社、犬山神社と同じく、犬山城の南の登城入り口近くにある。

創建時期は不明。かつては三狐山(三光山)[1]に鎮座し、犬山城主織田信康の保護を受けていたという[2]。江戸時代以降、犬山城主成瀬氏の守護神とされる。神仏習合で三光寺とも称していたが、明治時代初期の神仏分離により三光稲荷神社となる。

国宝犬山城の入り口にあるんだそうです。

山城の入り口と聞くと、かなり山奥に感じますね。

 (20589)

国宝犬山城

国宝犬山城
犬山城の観光見どころ   お城めぐりFAN (20588)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP