初詣に行くタイミングをこだわろう

新しい年になったら神社に行って初詣に行こうという人は昔も今も多いです。ですが、初詣に行く人も今と昔では若干違っている事があります。それは何かというと初詣に行くタイミングにこだわる人が昔よりも今の方が多くなっているというのがあります。

初詣に行くタイミングにこだわるとはどういう事か?

実際に初詣に行くタイミングにこだわるとはどういう事かというとそれは初詣に行くなら年が明けたまさにその瞬間に初詣に行こうという人が多くなったというのがあります。もちろんそういう人は昔からいました。ですが、今の時代よりもそういう人は少なかったです。昔は別に年が明けた瞬間に初詣に行く事に大きなこだわりを持っている人はほぼいませんでした。ですが、最近は初詣に行くならまさに年が明けた瞬間に行きたいと思う人が多くなっているのは確かです。それは色々な理由がありますが、一番の理由は年が明けた瞬間に親しい人と一緒に過ごしたいという人が多くなって一緒に初詣に行く事で特別感が演出されるというのがあります。なので今の時代の初詣は昔と違って年が明けた瞬間に初詣に行くという人が多くなっているというのがあります。そういう人達にとっては真夜中でも初詣に行く意味が大いにあるという事です。
 (35073)

初詣に行く人の初詣に行く動機が若干変わってきた

実際に今と昔では初詣に行く人の初詣に行く動機がどのように変わってきたかというと昔は初詣に行くのは純粋に新しい年になってその年を健康に過ごせるようにとか、その年が良い年になりますようにという目的で行く人が多かったです。ですが、今の時代は必ずしもそういう目的で初詣に行くという人が多いわけではないです。その中には、年が明けた瞬間に初詣に行く事自体が目的という人もいます。なぜなら、初詣に行って特別な時間を体験しているという風に思いたい人が増えてきたからです。なので普通に年が明けて元日に行くのではその特別感がないので年が明けた瞬間に恋人等と一緒に初詣に行くという人が昔よりも多くなっているのは確かです。昔ならそこまで年が明けた瞬間に初詣に行く事に大きなこだわりを持っていた人はいませんでした。ですが、今の時代は初詣に年が明けた瞬間に行く事自体を目的にしている人も結構います。

初詣がどのようなものになってきているのか

初詣というのが今と昔とではかなり変わってきたというのがあります。その中でも特に大きく変わったと感じるのが初詣に行く理由が変わってきたちうのがあります。昔は純粋に初詣には新しい年のお願いをしに行くのが大半でした。ですが、今の時代は初詣に行く事が自体がイベント化してきていてお祭り気分を味わいたいという人が増えています。なので今の時代は単にお願いをしに初詣に行くという人は若い人ではかなり少なくなっているので初詣も今と昔ではかなり変わってきたというのがあります。なので昔ほど初詣に行くのが真面目な気持ちでいく人は減っているというのはあります。それよりはいかに親しい人と特別な時間を共有しているかという事を感じるのが大事になっています。そういう事もあって初詣に行くタイミングも年が明けた瞬間に行って年が明けた瞬間に一緒に祝いたいという目的で初詣に行く人が多くなっています。

初詣に行く人の動機が変わってきた大きな理由は何か

どうして同じ初詣に行く人で初詣に行くタイミングがそれだけ変わってきたのかというとそれは昔と今では信心深い人の数も変わってきたというのがあります。昔は宗教を信仰していなくても信心深い人というのは結構いました。ですから、新しい年になったら初詣に行かないといけないような気がしていました。なので年が明けたらとりあえず神社に初詣に行くという人が多かったです。ですが、今の時代はそういう信心深い人が減っていて初詣に行くのは新しい年が明けた時のひとつのイベント程度に思っている人が多くなっています。なので同じ初詣に行く人でもその動機が大きく変わったというのがあります。確かに初詣に行ってそこでお参りするという行為に変化はないですがその動機が決定的に違ってきているというのがあります。やはり若い人ほど初詣に行く事自体が大きな目的になっているというのがあります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP