結婚式には、縁起の良い食べ物を選びんで幸を呼びましょう✩

結婚式を挙げる際には、参列者の方への気配りも欠かせません。
食べ物もその1つですが、せっかく用意をするなら、縁起の良いものを活用してみませんか?
参列者にも喜んでもらえる食べ物をご紹介します!

伊勢海老

志摩観光ホテル伝統料理 伊勢海老クリームスープ | 伊勢志摩 ホテル (17632)

伊勢海老は正月の縁起物として蓬莱飾りや注連飾りに欠かせません。

この海老がおめでたいのは、
堂々とした姿形、茹でると真っ赤に色づく
その華やかな色合いにあることはいうまでもありません。
伊勢海老は呼び名の多い海老で、
江戸時代の名産品を記した『山海名産図絵』に

「俗称伊勢海老という。
 これ伊勢より京師へ送る故にいうなり。
 又鎌倉より江戸に送る故に、江戸にては鎌倉海老という。
 又志摩より尾張へ送る故に、尾張にては志摩海老という」

とあります。

一般には伊海老で通っていますが、
この他に、正月のおめでたい飾りに使われるので飾り海老、
昔は海老といえば伊勢海老のことを指したので、
海老中の海老ということから本海老、
いかめしい姿形が鎧甲を連想させるので具足海老、
さらに岩礁地帯に棲んでいるので磯海老、
などといった呼び名もあります。

縁起の良い魚の「鯛」と双璧をなすのが「海老」。

 えびは、「鰕、蝦、海老」と書き、平安中期に作られた辞書「倭名類聚鈔(わみょうるいじゅしょう)」(承平年間931年 – 938年)の十巻には「鰕(えび)」が掲載されており、古くから食べられていたようです。

江戸時代中期の新井白石著の語学書「東雅(とうが)」(1717年)には、「エビとは、その体の色が葡萄色(えびいろ)に似ているのでエビと言い、海老の字は、長い鬚と腰が曲がって背が丸いのが老人に似ているためだ」と書かれています。

 めでたいのは、高貴で魔除けとされる赤色。

 そして、「えび」は、海の老人「海老」とも書き、「腰が曲がるまで」という意味の長寿を表し、めでたいことに使われるようになったそうです。

 また、その姿は、具足や鎧をつけた武将の姿を連想させ、武人としての命運が長く無事が続く「武運長久(ぶうんちょうきゅう)」の意味もあるそうです。

 めでたい正月の蓬莱飾り(ほうらいかざり)にも、伊勢海老が欠かせません。

 伊勢海老は、伊勢の海で多くとれて京都へ送られたため、伊勢海老と言い、伊勢神宮の縁起があり、由緒ある神嘗祭(かんなめさい)にも三尾お供えされるほど、昔から縁起が良いとされてきたようです。

伊勢海老も、結婚式の際に縁起が良い食べ物として知られています。
赤色は、神様に喜ばれる色と言われています。
また、腰が曲がるまで長寿でいられますようにといった意味もあるので、
夫婦仲良く末永くという意味も込められます。
ずっと円満で、何十年と笑いが絶えない家庭作りをするのにも、
背中を押してくれる食材ではないでしょうか。

また伊勢海老ということで、伊勢神社の縁も担いでくれていますので、
さらに幸を呼んでくれそうです。
伊勢付近で結婚式挙げる際にも活用できますが、
それ以外の地域でも、伊勢海老は食べられていますので、
伊勢海老が扱える式場探しをするのも良いですね。

 (17608)

 (17609)

伊勢海老は、見た目も豪華で味も良く、参列者に喜ばれます。
参列者の記憶にも残りやすいのではないでしょうか。

教会式、神前式など、さまざまな結婚式のスタイルがありますが、
伊勢海老はそれぞれ挙式タイプに対応が出来るのも利点です。
お造り、塩焼き、バター焼きなどさまざまな調理が可能なので、
それぞれの式のスタイルにあわせて、調理法を考えましょう。

はまぐり

はまぐり | 貝一覧 | 食材図鑑 | e-gohan おいしく・楽しく・健康に チェリーテラスの食とレシピ (17633)

ハマグリは元々の組合せ以外の貝殻とはぴったりかみ合わない。そこで、結婚式でハマグリの吸い物が出されることも多い。また、「よい伴侶にめぐり合えるように」との願掛けからひな祭りにハマグリを潮汁などの料理にして食べる風習がある。
古くから女性にとって縁起のいい食べ物とされてきました。室町時代にはハマグリの貝殻が嫁入り道具のひとつになっていたそうです。また、一対の貝殻は2枚に分けてもぴたりと合うけれど、別の貝殻とは決して合わないことから、「夫婦和合」を表し、縁起がよいとされています。この特長から、平安時代には対になる貝を多く取った人を勝ちにする「貝あわせ」という遊びも生まれました。3月3日のひなまつりに食べると良縁を招くとされ、この日は鮮魚店もハマグリがたくさん並びますね。お吸い物にすることが多いでしょうか。
はまぐりも、結婚式の際に縁起が良い食べ物として知られています。
元々の組み合わせ以外とは、ぴったりとあわないというのも有名な話です。
結婚式以外でも、百日祝いなどでも用いられます。
今後、何年も、何十年も一緒に生活をしていると、相手のことが嫌になって、
つい他の異性を意識してしまうこともあるでしょう。
しかし、やはり夫婦でいるのが一番、と再確認された方もいらっしゃるかもしれません。
 (17617)

 (17618)

ハマグリにはアノイリナーゼというビタミンB1を壊す酵素を持っていて、加熱することで働かなくなるため、生食は避けたほうがいいとされています。アミノ酸組成のよい良質のたんぱく質が主成分で、脂質はわずか。ですから高たんぱく・低カロリーの食材です。独特のうまみの成分は、コハク酸、アミノ酸のグリシン、グルタミン酸など。栄養面では、鉄・カルシウムが多く、マグネシウム・亜鉛などのミネラル類をバランスよく含んでいるので、貧血を予防したり骨を強化するのに役立ちます。また粘膜を保護するビタミンB2や、肝機能を高め、高脂血症を予防、疲労回復にも役立つタウリンも含まれています。一方、不足する栄養素はβ?カロチンやビタミンCなので、緑黄色野菜と一緒に食べるのがおすすめです。
はまぐりというと、お吸い物を思い浮かべる方も多いでしょう。
和風、神前式で出てくるお料理と思いがちですが、
洋風に味付けをしてもおいしい食材です。
蒸し料理にも用いられていますし、幅が広くお料理が作れますので、
さまざまな結婚式にあわせて、気軽に取り入れられるのではないでしょうか。

また、色々な栄養素が含まれていますので、
参列者の健康をいたわった食材としても、喜ばれるでしょう。

クロカンブッシュ

 (17623)

小振りのシューを飴で固めてツリー状に積み上げた、"ごつごつした木"という名を持つケーキ。フランスでは通常のウエディングケーキよりも一般的。子宝に恵まれるという意味があります
結婚式のデザートというと、ウエディングケーキを思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、海外ではクロカンブッシュも人気があります。
シュークリームで出来ているので、取り分けがしやすいというのも利点ではないでしょうか。
当日食べられず残った場合でも、袋に入れるなどして、
参列者に持って帰ってもらうことも出来ますね。

子宝に恵まれますようにという意味があるので、
子供が欲しい!というカップルにもおすすめです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP