【大阪の神社】開運スポットを訪れて幸せになろう♪

豊臣秀吉の大阪城でも有名な大阪にも、開運スポットがあります。合格祈願、健康を願ったり、これだけは叶えたい!願いがあったり。初詣など、日本人の節目には必ずご縁があるものですよね。神様のチカラに頼りたいとき、そんな時におすすめできるいくつか開運スポットをご紹介します。

大阪の開運スポットのご紹介!

合格祈願や健康、家内安全、一生にこれだけは叶えたい!
悩んでいるときも、力がほしいときも、神社へお参りしてパワーをいただきましょう。
願い事をきいてくださる神様など、大阪にある神社のなかから、ちょっと、ご紹介します。

住吉大社

住吉大社6|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7828)

住所:大阪府大阪市住吉区住吉 2丁目 9-89
最寄駅:住吉鳥居前駅(阪堺線)、
    住吉大社駅、住吉東駅(南海鉄道)
「日本書紀」や「古事記」の神代の巻での言い伝え
伊邪那岐命 (いざなぎのみこと) は、火神の出産で亡くなられた妻・伊邪那美命 (いざなみのみこと) を追い求め、黄泉の国(死者の世界)に行きますが、妻を連れて戻ってくるという望みを達することができず、逆にケガレを受けてしまいます。そケガレを清めるために海に入って禊祓いしたとき、住吉大神である底筒男命 (そこつつのおのみこと) 、中筒男命 (なかつつのおのみこと) 、表筒男命 (うわつつのおのみこと) が生まれました。

御鎮座の由緒
第十四代仲哀天皇の妃である神功皇后 (じんぐうこうごう) の新羅遠征(三韓遠征)と深い関わりを持っております。神功皇后は、住吉大神のお力をいただき、たちまち強大な新羅を平定せられ、無事ご帰還を果たされます。この凱旋の途中、住吉大神のお告げによって、この住吉の地に祀られることになりました。            

住吉大社の神様は海の神様です。
まつられている神様は、
  「第一本宮  底筒男命」
  「第二本宮  中筒男命」
  「第三本宮  表筒男命」
  「第四本宮  紙功皇后」。
そして、ここ住吉大社は、全国にある約2300社あまりの住吉神社の総社でもあるのです。
安産祈願や初宮参り、七五三、また神前結婚式など二もおすすめです。

船玉神が祭られている「船玉神社」、重要文化財に指定されている、海の神様の「大海神社」「志賀神社」、武勇の神様「若宮八幡宮」があります。

反橋

反橋

夜は21時までライトアップ!
関西夜景100選にも選ばれています。
この橋は、罪や穢れを祓生き読めるためにわたります。
反っているのは、地上と天上の神の国とをつなぐ架け橋、虹を象徴しています。

他にも、「五」「大」「力」と書かれた小石を探しお守りにすると願いが成就するといわれたり、
持ち上げた石が軽ければ、願いがかなう、「おもかる石」もあります。
まいられたら、ぜひ試してみてください。

枚岡神社

境内のご案内|枚岡神社(河内国一之宮 太古の聖域) (8578)

住所:大阪府東大阪市出雲井町7-16
最寄駅:近鉄奈良線枚岡駅(下車すぐ)
枚岡神社の創祀は、皇紀前まで遡り、初代天皇の神武天皇が大和の地で即位される3年前と伝えられています。
神武御東征の砌、神武天皇の勅命を奉じて、天種子命(あめのたねこのみこと)が平国(くにむけ)(国土平定)を祈願するため天児屋根命・比売御神の二神を、霊地神津嶽(かみつだけ)に一大磐境を設け祀られたのが枚岡神社の創祀とされています。

※皇紀とは日本独自の暦で、西暦はキリスト誕生を元始とするが、日本の皇紀は、初代天皇西暦よりも660年前に皇紀がはじまったとされます。

創始は大変古く古事記や日本書紀の時代にさかのぼります。

この神社には、「お笑い神事」というものがあります。
天照大御神の岩戸隠れの時、天児屋命(あめのこやねのみこと)の祈り、アメノウズメノミコトの踊り、
そして神々の笑いによって岩戸が開かれたことから由来しています。
笑って心を開こうとの神事です。
珍しくて、楽しいですね。
深い緑に囲まれているこの神社。
ぜひ、ご参拝ください。

大阪天満宮

大阪天満宮2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (8614)

住所:大阪市北区天神橋2丁目1-8
最寄駅:南森町駅(地下鉄谷町線・堺筋線)、大阪天満宮駅(JR東西線)
大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。
毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。
学問の神様、菅原道真公をお祀りしていて、学業成就、合格祈願のご利益があります。
境内には「登竜門」があり、難関突破の門の意味を持っています。
中国の故事から由来していて、滝の下の鯉が、ほとんどが達成できないなか、
もしも登り詰めることができれば龍になる、事に基づいています。

受験生なら、訪れたい場所です!!

堀越神社

浪華茶臼山・堀越神社(大阪天王寺) (8628)

住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-8
最寄駅:天王寺駅、近鉄あべの駅
古くから大阪では「堀越さんは一生に一度の願いを聞いてくださる神さん」との言い伝えがあります。また、男の四十二才の厄年には、東向きの神社にお参りすると厄除けになると言われており、毎年多くの方がお参りされます。
聖徳太子が建立した由緒ある神社で、茶臼山にあります。

「一生に一度の願いを聞いてくださる神様」、願い事があるならぜひにも訪れたい場所です。
ここには事前予約制の、「ひと夢祈願」があります。
願い事を書き、叶うまで肌身離さず持っていると叶いやすくなるとか。
ご神木にエネルギーをいただきながら、訪れてみてはいかがでしょう。

いかがでしょうか?

ご紹介した神社では、初詣はたくさんの方がお参りされたり、
季節ごとで催される行事などもユニークだったり、有名だったり、ぜひ、のぞいてみてください。
そして、開運につながるお守りや神社でパワーをいただいて願いがかなうといいですね。
訪れる方みんな、幸せに開運しますように!!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP