開けてはいけないお守り袋の中身。気になるその内容とは?

「お守り袋の中には何が入っているんだろう?」小さなお守り袋を片手に考えたことはありませんか?「開けてはいけない」ということだけを知っているという方も多いでしょう。実際どういった物が入っているのかを理解し、更にお守り袋のありがたみを理解していきたいとも思います。

お守りには何が入っているの?

恋のお守り。|良縁成就ブログ|広島の開運スピリチュアルカフェ|Gallery神秘カフェ素戔男尊 (30040)

お守り袋の中身は一般的には布で作られた小さなお札(御神璽)。
お札には神社の名前や、神様を表す文字が書かれていることが多い。
これらを作るのは「奉製」と呼ばれ、
専門の人が祓い清めて力を宿す儀式を行なっている。
たいていのお守り袋の中には、木や紙などでできたお札や護符などが入っています。

お守りが手元に届くまで

九頭竜大社公式ブログ「心の器づくり」:お守りになるまで (30028)

意外に知られていないのですが、神社でお受けいただくお守りには
写真のような神符が入れられています。
九頭竜大社ではこの神符一体一体に神職が墨で御念を入れます。
この御念入れは、60年前の御発祥当初より伝わる大切な神事なのです。
このあと神符は御神前にお供えされ、神職が祈念を込めます。
御念入れ、ご神前での祈念が行われて初めて
神符に神様のお力が宿るのです。
神様のお力が込められた神符をお守り袋にお入れします。
こうして皆様方にお受けいただくお守りとなるのです。
様々な種類のお守りが存在しますが、中には上記の様に少し特徴的な工夫が凝らされたものがあるようですね。

開けちゃダメな理由

中身を見ると効力がなくなる

「バチが当たる」の他に「中身をみると効果がなくなる」も聞いたことがあるかと思います。
中身を見るということは、信じていない・興味本位と思われても仕方ありません。
もし仮に自分が疑われていたらいい気持ちはしないですよね。
お守りの中身をみるということはそれと一緒です。

お守りの中に何が入っているのか、気になってしまう人もいることでしょう。けれどもお守りには先ほど申し上げた通り、神様や仏様が宿っているわけです。ですから決して中を見てはいけません
しっかり閉じられているお守りは、
中を開けて見てみたくなると思う方もいるかと思いますが、
中身はあまり見ないほうがいいでしょう。
見てはいけない理由は諸説ありますが、
お守り中身を開けて見てしまうと、
そのお守りの効力自体が薄れてしまうというのが理由の一つです。
お守りを布の中に入れる際、
その効力が出ていかないように封じてあるともいわれているので、
開けない方が賢明です。
「バチが当たる」とまでは考える必要はないそうですが、
基本的に不用意に見ていいものではありません。
理由は諸説ありますが、
お守りの中は神社のご神体などと同じ扱いで、
人目に触れないようにするべきだとされているの理由のひとつなのだそうです。

お守りの中身

有名どころと変わったお守りをピックアップしました。
お守りの中身。|お昼のブログ (30053)

厚紙じゃなかった!
ちゃんとお札?入ってた~
 (30093)

上記2つは出雲大社の開運のお守りです。
お守りの中身。|お昼のブログ (30061)

太宰府天満宮のお守りのなかには梅の種が入っています!
ご神木である飛梅が由縁でしょうか。
北野天満宮の招福梅枝のひょうたんの玄米でごはんを炊く。 - エクステリアのトレド (30077)

京都にある北野天満宮のひょうたんのお守りは開けてもいいようです。
その時に本堂で招福梅枝を買いました。
梅の枝に小さなひょうたんが付いていて、
そのひょうたんの中に玄米が入っているので、
ご飯を炊くときに何粒か入れてご飯を炊き
食べると良いと教えられました。
‘ŏo‚̏¬’ƁiƒXƒgƒ‰ƒbƒvj : ‘ŏo‚̏¬’Æ : ‰‹N“°–{•Ü `K‰^‚ð‚ ‚È‚½‚ɁI` Œg‘уXƒgƒ‰ƒbƒvEƒL[ƒzƒ‹ƒ_[‚̒ʐM”Ì”„ (30073)

商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。
サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、
災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、
身体に命令する脳を守るひょうたんが、
縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。
とっても縁起がいいですね!
*鈴虫寺の黄色いお守り* : ☆。゜feel-now゜☆。 (30159)

京都の鈴虫寺のお守りです。
願い事が叶うと有名ですが、ビニールでコーテイングされていて
汚してはいけない、見てはいけない感じがしますね。
なかには幸福地蔵様(紙のお札)がいらっしゃいます。
GOLD_M4A1これを手に入れない術は無い! 神頼み | humankind (30176)

お守りの中身。|お昼のブログ (30153)

創建約270年の台北で最も歴史のあるお寺で、
凝った装飾が施された建築物は一見の価値あり!
そしてなにより、願い事をすればご利益があるとして、
地元の人からも厚い信頼を受けています。
こちらは台湾の天山寺のお守りに入っていました。
変わった折り方がされていましたが、ほどくとお札でした。

お守りは返しましょう。

一般に「お守り」の場合、効果は約1年です。
1年間を目安に新しいものに変えていきましょう。
ちなみに、「護符」に関してはどんな願いをかけるかによって、
差はありますが、こちらも約1年、長くても3年が目安です。
期間が過ぎても効果が無くなるわけではありませんが、
どうしても外界の「気」にさらされると汚れてきてしまい、
純粋な効力を発揮できなくなってしまいます。
よって願いが叶っても、叶わなくても
きちんと処分することをおすすめします。
お守りの元の場所が遠くて返納できない場合は、同じ系列の寺や神社に返納するとよいです。
万が一お守りの中身を見てしまった場合も丁寧に戻し返納しましょう。
うっかり洗濯してしまったり、汚してしまった場合は
お守りに謝罪と感謝の気持ちを込めて返納しましょう。
穢れたお守りをずっと持ち続けておくのは、
負の気が持ち主に逆流してしまう危険があるとも言われています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP