知らなきゃ恥ずかしい!?「神社」と「神宮」の違いとは?

日本には古来から様々な神を信仰する習慣があり、これは世界でも珍しいことだといわれています。日本の神社には「神宮」などの様々な呼び名があり、これらのことを「社号」と呼んでいます。皆さんは「社号」がどのような理由でつけられているかご存知ですか?

一口に「神社」といっても呼び名は様々

Free photo: Wood, Drop, Japanese, Cleaning - Free Image on Pixabay - 1912604 (4632)

神宮や大社、神社を社号と言います。社号には神宮、宮、大社、社、神社などがあります。
元々社号に特別な基準はありませんでしたが、明治維新以降、神社が国家の管理下に入ると、公認されたもののみが「神社」を名乗り、大社や神宮などを名乗るには勅許などが必要になりました。
江戸時代は「寺」に現在でいう市役所のような役割を持たせていましたが、
明治維新以降に廃仏毀釈や神仏分離が行われ、多くの神社に社号が付けられるようになりました。
その背景には明治天皇が仏教ではなく神道を信仰していたというところが大きく、
寺から神社へ改宗した場所も多くあります。
このような国家的政策から神社が増えたという面がありますが、
その中でも国から認められた歴史的な神社は「大社」などの特別な社号を使うようになりました。

神社と神宮って何が違うの?

Free photo: Ise Jingu Shrine, Solemnity - Free Image on Pixabay - 1862658 (4633)

「神宮」とつくのは天皇を祀っている神社。
神社は、日本古来の神をまつる一般的な施設のことです。
「伊勢神宮」をはじめとし多くの神宮の社号を持つ神社がありますが、
神宮を名乗る神社は「天皇」を祀る神社が多いです。
先ほどご紹介した明治天皇を祀る「明治神宮」は最もわかりやすい例ではないでしょうか?
一方、神社は神を祀る場所を総称して呼んでいるということが多いため、
龍神などの自然神や神話の人物を祀っていたりと様々です。

「祭神」に注目

Free photo: Cow, Dazaifu, Shrine, Landmark - Free Image on Pixabay - 547285 (4634)

天満宮でよく見かける牛の像。体の悪い部分をさするとその場所が治るといわれています。
神社にまつられている神のことを祭神(さいじん)と呼びます。この祭神が皇室(こうしつ)の祖先であったり、皇族(こうぞく)と縁(えん)の深い神社を「神宮」と呼びます。天照大神(あまてらすおおみかみ)がまつられる三重県の伊勢神宮(いせじんぐう)を筆頭(ひっとう)に、明治天皇(めいじてんのう)がまつられる東京の明治神宮(めいじじんぐう)などが有名です。
さらに祭神に注目していくと、社号の由来が見えてきます。
牛の像が祭られていることが多い「天満宮」は「宮」と呼ばれる神社で、そこでは菅原道真を祀っています。
「宮」は神宮から「神」の字を除いたものなので昔の日本人が天皇を神として扱い、
その他歴史上の人物にまつわる建物からは、
一字除いて「宮」と呼んでいたという点が見えてきて非常に面白いです。
また「八幡宮」では、応神天皇を神仏習合の過程で「八幡大菩薩」という仏教の神として
「神宮寺」として機能していた時代もあり、祭神に注目するとより興味深く神社をみることができます。

実は鳥居の形も異なっている?

Free photo: Japan, Tokyo, Ueno, Shrine, Torii - Free Image on Pixabay - 447880 (4648)

「この神社に祀ってある神さまはなんだろう?」と疑問に感じたら、鳥居を見てみるといいのだそうです。鳥居の上部、横に並ぶふたつの柱がまっすぐ平行なものは、人をお祭りしている神社。ちょっと上に跳ね上がっているものは、自然をお祀りしている神社が多いから。すべてがそうだとはいい切れないものの、多くの鳥居に見受けられる違いはここ。
上に跳ね上がっている鳥居、
自然を祀っている神社で代表的なものはキツネを祀るといわれている「稲荷神社」が有名でしょう。
実はキツネを祀っているのではなく稲荷神のお使いで、「狛犬」のようなものであったところが、
時代を経るにつれキツネを祀っているといわれてしまうようになりました。
多くの神社で見られる傾向なので、チェックしてみると祭神の対象がどのようなものなのかが分かりますよ。

まとめ

Free photo: Shimenawa, Shrine, Holy, Japan - Free Image on Pixabay - 1808366 (4641)

神社は一般的な神を祀る場所として、その対象を問わない社号として使われています。
一方、神宮は天皇家にまつわる人や神を祀っている場所を呼ぶときの社号として使われています。
「宮」では人物を祀りながらも天皇以外の歴史上に名を残す人物、
そのほか多くの社号は明治以降の「廃仏毀釈」などの国家的プロジェクトとしての神社の増加とは関係ない
昔からの神社につけられていることが多いです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP