結婚式の引き出物や祝い事にぴったり♪縁起物の鰹(かつお)!

目に青葉、山ほととぎす初鰹などという言葉があるように、春に鰹を食べるのは健康に良かったり縁起が良いようです。結婚式の引き出物や祝い事に縁起物として鰹節を贈る方も多いです。今回はそんな鰹について迫ってみましょう。

鰹とは

鰹といえば何をイメージされますか。
やはり豪快な一本釣りをイメージされるのではないのでしょうか。
それだけでなく、鰹そのものの生命力と味わいに
感銘を受けられている方がいらっしゃるのではないのでしょうか。
今回はそういった鰹の魅力と縁起物としての鰹を見ていこうと思います。
 (11657)

鰹の美味しい季節は春と秋の年二回あり、春、黒潮にのって太平洋岸を北上する時期に漁獲されたものを 「初鰹」、秋、水温の低下に伴い南下してきたところを漁獲したものを「戻り鰹」 と呼びます。
当然カツオ節の「カツオ」として有名なもの。
身(筋肉)以外の部分を余すことなく利用していることでも有名。加工品としてはカツオ節、なまり節、塩カツオ、また総菜類など多彩。
古くは鮮魚として出回ることは産地以外では希なことであった。それが江戸時代後期から刺身用(実は現在のたたき)の魚として人気に。江戸時代なかば岸寄りに回遊する春のカツオを尊んだのは一部富裕層に限られたもの。それが後期になると庶民にも手が届く存在となった。ただし安くなっても、やはりごちそうのたぐいだった。

昔の人の鰹に対する思い

基本は叩きが料理になります。

基本は叩きが料理になります。

皿鉢料理は高知では有名です。他にも様々な料理法がありますね。
民俗学にも造詣の深かった文芸評論家の山本健吉著『ことばの歳時記』(文春文庫)の記述を参考にして言うと、戦後間もない頃の鎌倉、大磯、小田原などの湘南の沖合には、晩春から初夏にかけて「海に写る山の緑を慕って」魚が黒潮にのって集まった。最大の贈り物は鰹だった。「かつお」は「勝魚」に通じ、江戸時代には縁起のよいものとされていた。
語呂というのは大切なものですよね。さて、鰹に関するこんな歌まで詠まれていたようです。
初がつお旦那は羽がもげてから
とんでもなく高価な初かつおですから、
賢い店の番頭などの旦那衆は初がつおの次期が終わってから、
つまり銭が飛んでいく羽が取れてからかつおを味わったという意味の句です。
初鰹銭と辛子で二度涙
初かつおの高さで銭がなくなることに涙し、かつおといっしょに食べる辛子で二度目の涙を流す。
うまい!キミうまいよ!といいたくなる一句です。
目には青葉山ほととぎす初鰹
これは江戸中期の俳人山口素堂の句で、「青葉」「ほととぎす」「初鰹」と
三つも季題が重なっているということで有名な俳句です。
初物を食べれば長生きが出来るといわれていましたので、
その争奪戦は相当なものだったことが想像できそうです。そう考えて読むと感慨深いですね。
日本列島沿岸で豊富に漁獲されるカツオは、タンパク源として重要な位置にあり、大和朝廷は国々にカツオ浦(カツオを水揚げする湾)を定めて干しカツオと煎汁の献納を強制しました。特に煎汁は、大陸伝来の調味料(未醤<ミソ>・醤<ヒシオ>・酢などの発酵性調味料)と肩を並べる純国産調味料として、飛鳥・奈良・平安時代を経て、鎌倉・室町時代まで重用されました。
そして鰹節には縁起物としてかなり重宝しています。

縁起物としての鰹節について

どちらの鰹節がお好みですか?

どちらの鰹節がお好みですか?

また、戦国時代に「勝男武士」に通じる縁起物として広がったことから、今でも夫婦和合や元気な子供の象徴として、結納品の一つとなっており、祝い事の縁起物として親しまれています。
長期保存ができることから重宝された

鰹(かつお)節やそれに類するものはかなり古くから食べられていたとされますが、現在に近い形となったのは江戸時代のこと。水分をほとんど含まないため保存性に優れ、栄養価が高いことから携帯食としても重宝されてきました。

特にグルタミンが重宝されていたようで、これは現代の人でも重要な成分と言えるでしょうね。
本書は医師の平野必大(人見必大の別名)が元禄8(1695)年あるいは元禄10(1697)年に著したとされるもので、食品として400種類以上の植物、動物を分類し、その味や効能について漢文体で説明した資料です。本書は他の料理書とは異なり、日本の食物を薬膳(漢方薬の材料を用いた料理)的視点で記述しているという特徴があります。本書の中で鰹節は、「気血を補い、胃腸を調え、筋力を壮し、歯牙を固くし、腠理(皮膚のきめ)を密にし、鬚髪を美にす」という効果・効能がある、と紹介されています。この部分から、江戸時代には、鰹節は人間の健康に資する食物と考えられていたことがうかがえます。
味わいだけでなく、健康にもいいならいう事はありません。
かつおぶしの漢字は「鰹節」のほかに様々な語呂合わせがあり、結婚・出産など内祝いの贈り物として古くから使われてきました。
勝魚「勝つ魚」で勝負や災い・病に勝つ縁起の良い魚勝男武士立派な武士になるよう出産・節句などに鰹夫婦節「かつ・お・ぶ・し」で結婚祝い・夫婦円満などに松魚節松の年輪のような切り口で「松竹梅」の縁起物に
このように、初鰹や鰹節は健康的な側面と語呂的な側面の2面性から縁起物として扱われていたようです。
単においしいとだけ思うのではなく、そういった意味をかみしめて付き合えば、
更に深みが増すのではないのでしょうか。
 (11658)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP