えべっさんの名で有名な恵比寿様は日本生まれの神様だった!

七福神の一柱として名前が知られている「恵比寿様」。その「恵比寿様」は七福神の中で、ただ一人日本生まれの神様です!そんな恵比寿様、実は生まれたときは足が立たず、その後、舟にのせられ流されたという悲しい過去をもつ神様でもあったのです。そんなさまざまな背景を持つ「恵比寿様」についてまとめてみました。

恵比寿様ってどんな神様?

鯛を持った姿が印象的な恵比須様。
七福神の中で、日本生まれなのはなんとこの恵比須様ただ1人なのだそうです。
 (24615)

恵比寿は「夷」「戎」「蛭子」などの漢字でも表記される。蛭子(ひるこ)は「古事記」「日本書紀」に出てくる国造りの神「イザナギノミコト」と「イザナミノミコト」の子供とされる。しかし3歳になっても自分で立つことができなかったため葦(あし)の船に乗せて海に流されたという。七福神にしては気の毒な前半生だが、その後漁民に大漁をもたらす「エビス」として戻ってきたとされる。
摂津国西宮の住人戎三郎(エビスサブロウ)に育てられ、長じて恵比寿神(天)になったといわれています。
また、これとは別に、大黒主命(オオクニヌシノミコト)の子であるところの、
事代主命(コトシロヌシノミコト)が恵比寿神であるという説もあります。

恵比寿様の御利益

 (24635)

古くは漁民の守護神だったが、後に商いの神に。大黒天と対で福の神として、庶民の信仰を集めた。ご利益は、主に大漁豊作、商売繁盛。
大漁や商売繁盛の神なら豊作をもたらしてくれてもおかしくないと考えられたのだろう。農村では、豊作をもたらす田の神の性格も兼ね、田植えの初苗を供える例もみられる。
 また山村では、山の神をエビスと呼ぶ所もあり、田の神と山の神が定期的に行き来するという考えとエビスの信仰が重ね合わされたものと考えられる。
大漁祈願や五穀豊穣など、庶民にとってとてもありがたいご利益をもたらしてくれる存在として、恵比須様は愛されてきました。

恵比寿様のお祭り

十日恵比須

十日恵比須神社

十日恵比須神社

福岡市博多区の十日恵比須神社です。
1591年、香椎宮の宮司が分家して商売を行っていたが正月に筥崎宮を参拝した時に香椎浜に恵比寿の神像を見つけ祀ったら商売繁盛し、自分だけに幸運が来てはと皆にも参拝出来る様に建立との事。
毎年1月8日から1月11日まで正月大祭が執り行われる。8日が「初えびす」、9日が「宵えびす」、10日が「正大祭」、11日が「残りえびす」と呼ばれる。
今宮戎神社(大阪府)

今宮戎神社(大阪府)

大阪府大阪市浪速区にある今宮戎神社です。
十日戎を象徴するのが、神社から授与される小宝です。
小宝は別に「吉兆」(きっちょう  若しくは きっきょう)と呼ばれ、銭叺(ぜにかます)・銭袋・末広・小判・丁銀・烏帽子・臼・小槌・米俵・鯛等の縁起物を束ねたもので、「野の幸」・「山の幸」・「海の幸」を象徴したものです。
別の言葉として「山苞」「海苞」「家苞」とも呼ばれています。
苞というのは、外からは内部が見えない簡単な容器のことで、もともと山や海や家からの「贈り物」を入れるうつわのことでした。
「山苞」は山の神の聖なる贈り物、「海苞」は海の神の聖なる贈り物、「家苞」は里の神の聖なる贈り物となるわけです。
これを「市」でそれぞれ交換します。それぞれを「替える」わけです。
これが「買う」という言葉になります。この「野の幸」・「山の幸」・「海の幸」を象徴した吉兆は、その中にこもる「御神徳」をいただく信仰を受け伝えたものです。
恵比寿様は七福神の一柱としてだけでなく、恵比寿様のみで多くの神社仏閣で祀られています。
そのため、十日えびすのお祭りをしているところも多いようです。

恵比寿様は耳が遠いのでお願い事を言う前に、どらや扉をたたくなどの面白い所作をする神社もあるようです。

恵比須講

 (24663)

主に商家が商売繁盛を願って、恵比須様をまつりました。「講」とは集まって寄り合いをすること。江戸時代の商家では、家のお金をすべて一升瓶に入れ、尾頭付きの鯛を供えて商売繁盛を祈りました。

恵比須講は毎年1月20日と10月20日に行われ、「恵比須講」、「夷講」、「二十日恵比須」などとも言われます。また、1月10日や12月8日に行うところ、10月20日を「商人えびす」、12月8日を「百姓えびす」と呼ぶところなど、地域によって様々です。

えびす講、という言葉は聞き慣れないですね。
最近では行っている所も少なくなっているようですが、
庶民がしっかりと恵比須様を信仰してきたことがうかがい知れますね。

また、えびす講は20日に行われるところから別名「二十日恵比寿」とも呼ぶらしいのですが、
それと対称に10日に恵比寿祭りをおこなうところから「十日えびす」という名称になったのかもしれません。

これ以外の恵比寿様のお祭りで、門から本殿まで走って「福男」を競うお祭りがあります。
そのお祭りも恵比寿様をお祭りする神社で行われていて、優勝者には恵比寿様の木像がいただけるそうです。
体力に自信のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

恵比寿様のお守りや御朱印

 (24666)

 (24668)

 (24670)

 (24671)

恵比寿様の御札・お守り・御朱印は数が多く、様々な種類があります。
その種類の多さからも恵比寿様の御利益の多さをうかがい知ることができます。

そんな恵比寿様の御札やお守り、御朱印をいただきに恵比寿様が祀られている神社仏閣に足を運び、
恵比寿様の御利益を授かるのも良いかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP