神社で寄付をしてみませんか?寄付の種類と方法まとめ

皆さんは、神社で寄付をされたことはありますか?神社への寄付は敷居が高いイメージがありますが、実は何気なくしているお賽銭という行為も、寄付の一種なんです。
今回は神社で出来る寄付の種類と、それがどのように利用されるのかをまめてみました!

神社の寄付とは?

賽銭箱にお金を入れるのも、寄付

賽銭箱にお金を入れるのも、寄付

意外かもしれませんが、お賽銭は寄付に当たるんです。
願い事をかなえる努力をする代わりに、礼金を進物するのです。
1.鳥居の前では軽く一礼(境内での帽子やサングラスは不可。飲食禁止)
2.参道は真ん中ではなく、砂利(=邪離)を踏みしめ、端を歩く
3.お賽銭はポチ袋に入れて、表書きは「神恩感謝」、下に自分のフルネーム
4.お賽銭はできるだけ、新札の紙幣を用意する
5.お手水を使い手と口を清める
6.神殿の前に立ち、二礼二拍手一礼
7.お賽銭は決して投げ入れず、賽銭箱に滑らせるようにして入れる
8.顔は上げ、目は見開き、正面を見据えて、ニッコリ笑顔で、「○○に住む、○○と申します。いつも、ありがとうございます」と声に出してご挨拶をする
9.帰るときも鳥居をくぐれば、振り返って本殿に向かって一礼する
お賽銭を賽銭箱に投げ入れている人は多いのではないでしょうか。
遠い位置に置いてある場合などを除いては、
心を込めて丁寧に、滑らせるように入れるのが大事です。
「御神前」または「奉納」の文字の下に寄進される人の氏名を墨書して
神社、社務所にお届けください。
神官が奏上して神前に供えてくれます。
賽銭とは別に、このような寄付の仕方も。
お金を奉書紙に包み、名前を書きましょう。
神官の方が供えてくださるというのが嬉しいですね!
振り込み

振り込み

寄付したい神社があるけれど、住んでいる場所が遠くて中々行けない・・・
という方でも大丈夫です!
寄付を振り込みで受け付けてくれる神社もあります。

寄付したお金は何に使われるの?

主に補修

老朽化が進む各所の補修及び広大な境内の整備は必要不可欠で、毎年少しずつ補修・整備を進めてまいりたいと考えておりますが、多額の費用がかかるため、その資金の工面に難渋しております。
各神社の規模にもよりますが、神社のほとんどが歴史ある木造建築ですので
補修の為には大金が必要になるのです。

様々な神社のイベント

御遷宮奉賛事業や、その神社だけのイベント

御遷宮奉賛事業や、その神社だけのイベント

昨今は氏子の数が減っているといわれており、
神職のお給料だけで手いっぱいな側面もあります。
ですから、余裕のある人の協力を集うわけです。

震災のお見舞い

稲毛神社では、震災以降、本殿に於ける恒例祭典で被災地復興の祈願祭を併せて行い、また、神社本庁やその他復興支援に関わる諸団体と連携し、被災された方々への支援を行っております。
寄付金は震災の被害にあった神社への寄付金、また被災者の方への支援にも使われるんですね。

寄付の際、ルールやマナーはあるの?

「奉納」は物品だけでなく競技、芸能などの無形のものをささげる場合にも使えますが、「寄進」は物品に限られます。
「奉納」が神仏そのものを対象とするのに対し、「寄進」は神仏を祀る施設である神社、お寺を対象とするときに使われているようです。
基本的には寄進といえばよさそうです。
額が大きいと

額が大きいと

中には大金を寄付する人もいるはず。
その場合、神社側が石柱を建ててくれたり、大きく名前を書いてくれます。
少し誇らしい気分になれますね。
お酒を納めることもできます。
一般には御酒の場合、「献酒」または「御神前」などとお書きになられればよいでしょう。また、無地でも構いません。お金の場合は、「(御)玉串料」「(御)幣帛料」「(御)初穂料」「(御)神饌料」などとお書きください(御神酒や御神饌を別にお供えされている場合は「(御)玉串料」と書きます)。「御祝」「御礼」「寸志」などとお書きになられるよりはよいかと思います。

複数で寄付する場合

全員の名前を、お考えの方法か、奉書紙、半紙に書いて
入れます。優先順位は目上の人から右から左へ。
同格なら五十音順で書きます。
もちろん個人だけでなく、複数人で寄付をすることも出来ます。
その際は名前を書く順番に気を付けましょう。

終わりに

Free photo: Shrine, Worship, Visit, Couple - Free Image on Pixabay - 801609 (3622)

神社への寄付をするには、様々な手段があることがわかりました。
寄付金は、神社を修繕したり、困っている人への支援に使われたりと、
とても有意義な使い方がされていることが分かります。
使い道を知ると、寄付をしてみたくなりますよね。
普段私たちにご利益をくださり、見守ってくれている神様への感謝を込めて
まずは身近な神社へ寄付をしてみませんか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP