【お団子!】十五夜の意味って?お月見はなんでするの?

中秋の名月。うさぎ。お団子。そんな単語から連想されるのは、もちろん十五夜。お月見と称して、綺麗な月を見ながらお団子を食べたり、すすきを飾ったり……日本に昔から伝わる風流な行事です。そんな十五夜、いったいいつから始まったか知っていますか?

満月とすすき Full Moon & Susuki|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (26071)

今でも多くの人に親しまれている十五夜。
綺麗な月を見たり、すすきを飾ったり、お団子を食べたり……。
ですが、十五夜がいったいなんなのか、知っている方は意外と少ないのではないでしょうか?

そもそも十五夜って?

旧暦の8月15日を「十五夜」「中秋の名月」といいます。「中秋の名月」とは"秋の真ん中に出る満月"の意味で、旧暦では1月〜3月を春、4月〜6月を夏、7月〜9月を秋、10月〜12月を冬としていたことから、8月は秋のちょうど真中であり、8月15日の夜に出る満月ということで、そう呼ばれるようになりました。現在用いられている新暦では1ヵ月程度のズレが生じるため、9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を十五夜・中秋の名月と呼んでいます。
十五夜という名前にはそういう意味があったんですね!
確かに、今は毎年日付が変わっています。

いつから始まったの?

満月(月齢14.9)|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (26121)

中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。ただ、『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫を嫗が注意する場面があり、月見を忌む思想も同時にあったと推察される。

名月の日に月を鑑賞する風習の始まりは、唐代の頃からということしか分かっていない。

月を楽しむ習慣は、なんと縄文時代からあったそうです!
そんなに遙か昔からあったなんて驚きですね。
月を美しいと感じる心は、人の歴史と共にあったということが分かります。
十五夜 満月 |写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (26137)

どんなお供えものをするの?

それでは、十五夜の時はいったいどんなお供えものをすればいいのでしょうか?
有名なものから、あまり知られていないものまで紹介いたします。
実はこんなにあるんですよ♪

【月見だんご】

お月見団子|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (26144)

農耕儀礼にだんごやお餅は欠かせませんが、月と同じく丸いだんごをお供えし、それを食べることで、健康と幸せが得られると考えられているからです。十五夜では、十五にちなんで一寸五分(約4.5センチ)の大きさのおだんごを15個お供えします。また、1年の満月の数と同じで12個(閏年には13個)、15を簡略して5個にする場合もあります。
適当に積んでいるわけではなく、個数にもちゃんと意味があったんですね!
ちなみに、十五夜のお団子がつまみ食いOKだというのは知っていますか?
お月見だんごを作るぴょこのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (26153)

普段からお供え物が置いてあるお家では、お供え物を勝手に食べたりするのはNGですが、十五夜の日だけはそれが許されています。実際に食べたが子供であったとしても、『盗み食いは神様またはお月様が食べてくださった』として縁起が良いものなんですよ。
「神様やお月様が食べてくださった」なんてかわいらしい理由ですね!
これで好きなだけつまみ食いしても怒られないかも……?
ただし、食べ過ぎには注意です。

【ススキ】

Instagram (32048)

 ススキは切り口が鋭いことから魔除けの力があるとされ、お月見で供えたススキを家の軒先につるしておくと、一年間病気をしないという言い伝えもある。
そういう理由で飾っていたなんて初めて知りました!
ススキと一緒に「秋の七草」を飾る文化もあるそうですよ。

【収穫した野菜やくだもの】

十五夜のお供え - 三島町観光協会(観光交流舘からんころん) (32050)

十五夜を別名「芋名月」と呼ぶように、芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えします。

さらに、旬の野菜や果物を供え、収穫に感謝をします。とくに葡萄のようなツルものを供えると、お月様とのつながりが強くなると言われています。

これは知らない人が多かったのではないでしょうか……?
十五夜の日に、改めて旬の食べ物に触れてみるのもいいかもしれません。

十五夜は必ず満月じゃない!?

月のゆらめき|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (26195)

十五夜といえば中秋の名月、名月といえば満月……
そう思いがちですが、実は十五夜の日は毎回満月というわけじゃないんです。
「十五夜とは『旧暦八月十五日』のことです。満月とは関係ありません。単純に日取りの問題です。(中略)…十五夜というのは、もともとは『秋分の日に最も近い満月』ということです。ただし先述のように、昔は天文学が未発達だったので、『旧十五日=満月』とみなしていました」(gootarohさん)
つまり、昔は「今日は十五夜だから満月だろう」という見立てだったんですね。
実際の天文学上では、旧十五日より遅れることの方が多いそうです。
みなさんもよい十五夜をお過ごしください!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP