幸運のお守り♪アイルランドの縁起物【シャムロック】って?

アイルランドの国花「シャムロック」は、幸運のお守りとして愛されています。 キリスト教伝説に由来し、毎年聖パトリックの祝日にはシンボルとして飾られるシャムロック。 アイルランドの恋人たちの間では、婚約するときにシャムロックを交換するそうです。

アイルランドの国花は「シャムロック」。その由来とは。

アイルランドの国花〚シャムロック〛

アイルランドの国花〚シャムロック〛

アイルランドのシンボル

この三つ葉の植物を見ると誰もがアイルランドを連想するこ とでしょう。 シャムロックとは三つ葉のクローバーのことでアイルラン ドでは至る場所に生息しています。 シャムロックの三つの葉が三位一体を表すことから、アイルランドの守護聖人である聖パトリックがシャムロックを使ってア イルランドにキリスト教を広めたとも言われています。他にも、ケルトの伝統ではシャムロックと数字の3には魔力があるとし、幸運をもたらす植物だとも言 われています。

アイルランドの国花は「シャムロック(シロツメクサ)」

アイルランドの国花は「シャムロック(シロツメクサ)」。ケルト全盛だった当時、アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックが、三つ葉のシャムロックを手にしながらキリスト教の教え三位一体を説いて布教活動を行ったという言い伝えがあって、この植物そのものが聖パトリックやキリスト教の象徴ともされ、現在でもとても大切にされているんだ。

また、そもそもケルトでは、3という数字が神聖なものとして考えられていたとといわれているよ。 スイスのジュネーブに本部がある国連の専門機関「世界知的所有権機関」に、アイルランドの国花としてシャムロックが登録されていて、アイルランド国内では、ラグビー代表のユニフォームデザインや国営の航空会社のロゴをはじめとした政府機関、会社のロゴなどに頻繁に用いられているんだ。

シャムロックとは、三つ葉のクローバー(シロツメクサ)のことです。
日本では四葉のクローバーが幸運を呼ぶとして知られていますが、
キリスト教圏では四葉だけでなく三つ葉にも特別な意味があるとされています。
シャムロックがキリスト教の三位一体(父なる神、イエスキリスト、聖霊)を隠喩するという意味で、
聖パトリックやキリスト教のシンボルとされ大切にされています。

「シャムロック」って何?

Free Images - Pixabay (10010)

シャムロック

シャムロック(英: shamrock)は、マメ科のクローバー(シロツメクサ、コメツブツメクサなど)、ウマゴヤシ、カタバミ科のミヤマカタバミなど、葉が3枚に分かれている草の総称である。

アイルランド語でクローバーの意味のseamairまたは、若い牧草を意味するseamrógを、似た発

音で読めるように英語で綴った語である。アイルランドで432年ごろに聖パトリキウス(パトリック)はシャムロックの葉が3つに分かれているのは「三位一体」を表しているのだ』と説明し、キリスト教の布教に利用した。

アメリカや日本では、しばしばシャムロックと四葉のクローバーが混同されることがある。

「聖パトリックの日」はシャムロックを胸に飾る。

Free Images - Pixabay (10013)

聖パトリックの祝日(せいパトリックのしゅくじつ、英: St Patrick's Day、セントパトリックス・デー)は、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。3月17日。カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。

シャムロックを服につけたり、ミサに行ったりする。 アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれてきたが正式に1903年より祝日となり、イギリスから独立後徐々に祭礼日として成長した。1996年には政府が主体となってダブリンで5日間の盛大なフェスティバルとなりパレードやその他の行事が行われるようになった。

シャムロックはアイルランドの国花で、アイルランド政府によって商標登録がされています。
国営航空会社のロゴや、ラグビー代表のユニフォームデザイン、
その他さまざまな政府機関や会社のロゴに使われています。

アイルランド国営航空会社「エアリンガス」

 (10017)

アイルランドラグビー協会 (旗、エンブレム、ユニフォーム)

 (10020)

マメ科のシャムロックはアイルランドの国花

マメ科のシャムロックはアイルランドの国花

アイルランドの恋人たちは、婚約でシャムロックを交換しあう。

 (10028)

アイルランドのシンボルである三つ葉の植物「シャムロック」。
幸運のお守りとして幅広く使われています。

アイルランドの恋人たちは、婚約するとき互いにシャムロックを交換しあうそうです。

アイルランドでは、本物のシャムロックをペンダントやピン、ブローチなどのアクセサリーにするそうです。

ケルトの伝説に基づくラッキーモチーフ シャムロック

 (10031)

長い歴史を持つケルトの文化は、さまざまな伝説に基づくシンボルの宝庫。 幸せをもたらすモチーフがたくさんあります。シャムロック、クラダリング、ラブスプーン……形もかわいらしく、アクセサリーやインテリアとしても魅力的なものばかり。ケルトアイテムを身近に置いて、ラッキーを呼び込んでみませんか?

シャムロック

シャムロックとは、アイルランドの国花にもなっている三つ葉の植物のこと。 特に聖パトリックが、このシャムロックを三位一体の象徴としてアイルランドにキリスト教を広めたことで有名です。

聖パトリックの命日である3月17日『セントパトリックス・デー』には、シャムロックか緑色のものを身につけて祝日を祝います。

三つ葉のシャムロックには3の魔力が備わっており、幸運を呼ぶモチーフとして人気があります。

シャムロックはアイルランドの国花である三つ葉の植物です。
またシャムロックは三位一体の象徴とされています。
このようなことから、三つ葉の植物シャムロックは重要なものとして捉えられていきました。

三つ葉のクローバーも四つ葉のクローバーも、
形がとても愛らしくて、多くの人の心をとらえて離さない植物なのですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP