日本は淡路島から始まった!伊弉諾神宮の「国生みの神話」!

日本には数多くの神話があり、「日本」という国が興ったのはイザナギ・イザナミ夫婦による「国生み」の伝説からといわれています。その国生みで最初に造られた島が「淡路島」といわれており、伊弉諾神宮はそのイザナギを祀る神社です。

伊弉諾神宮とは?

 (9494)

淡路島に伊弉諾尊・伊弉冊尊を祀る神社は、多数あります。中でも淡路の島の神として古くから島人達に尊崇されている「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」(淡路市多賀)は、すべての神功を果たされた伊弉諾尊が、国家統治を天照大御神に委譲され、幽宮(かくりのみや)を構え、余生を過ごされた故地とされています。
全国には伊弉諾尊(イザナギノミコト)、伊弉冉尊(イザナギノミコト)を祀る神社は数多くありますが、
その中でも神話上でイザナギ・イザナミが造った初めての島は「淡路島」といわれており、
伊弉諾神宮はその中でもメッカといえる場所です。

陽の道しるべ

 (9512)

伊弉諾神宮を中心にして、まるで計算されたように、東西南北には縁ある神社が配置されていることは実に不思議です。神宮の境内には、太陽の運行図として、このことを紹介する「陽の道しるべ」というモニュメントが建っています。神宮の真東には飛鳥藤原京、さらに伊勢皇大神宮(内宮)が位置しており、春分秋分には同緯度にある伊勢から太陽が昇り、対馬の海神(わたつみ)神社に沈みます。そして夏至には信濃の諏訪大社から出雲大社、冬至には熊野那智大社から高千穂神社へと太陽が運行します。
神社の境内には「陽の道しるべ」というモニュメントがあり、
伊弉諾神宮を中心として由緒正しい神社が構えていることがわかります。

かつての名前は「伊弉諾神社」

イザナギとイザナミ

イザナギとイザナミ

天沼矛(あめのぬぼこ)で混沌とした地上をかき回すとそれが国になったという神話が残されています。
昭和二十九年に、昭和天皇が「神宮号」を宣下されましたので、伊弉諾神宮と改称し、兵庫県下唯一の「神宮」に昇格しました。
本殿の位置は、明治時代に後背の御陵地を整地して移築されたもので、それ以前は、禁足の聖地であった。御陵を中心として神域の周囲に濛が巡らされたと伝え、正面の神池や背後の湿地はこの周濛の遺構という。 建物や工作物は、明治九年から同二十一年に官費で造営されたものが殆どだが、神輿庫及び東西の御門は、旧幕時代の阿波藩主の寄進による。
記紀神話では、イザナギノミコトはイザナミノミコトと離婚されておりますから、本来、この淡路の社に祀られていたのは、イザナギノミコトだけのはずですが、イザナミノイコトもご一緒に祀られたのは明治になってからのようです。これは明治の皇国史観の影響もあったのではないかと思えます。まあ、明治期の国家神道のお陰で、これだけ立派な神社が作られたとも言えるわけですが。
かつては「伊弉諾神社」として構えていましたが、
明治以降になると神道中心の考え方が浸透して「神宮」の名前を貰います。
中の建物も官費で聖地されたものが多く、
「伊弉諾神宮」を日本にとって重要なものとしようとしていた姿が伺えます。

伊弉諾神宮ゆかりの神話「国生み神話」

Free photo: Rin Rinku Town, Sunset, Sea - Free Image on Pixabay - 251021 (9486)

国生み神話で初めて作られた島は「オノゴロ島」といわれています。「オノゴロ島」は現在の淡路島周辺といわれており、「自凝島(おのころじま)神社」や「沼島」などの名前に現在も残されています。
妻のイザナミノミコトは数々の神様を生み出しましたが、火の神様を生んだ時のやけどが原因で亡くなってしまいます。 イザナギノミコトは黄泉の国へイザナミノミコトを迎えに行きましたが、醜い姿となったイザナミノミコトに襲われます。 なんとか地上まで逃げ切ったイザナギノミコトは、地上と黄泉の国の境にある坂を大きな石で塞いでしまいました。 その後、亡くなる人より生まれる人が多くなり地上の人は次第に増えるようになったのです。
国生みののち、伊弉諾尊と伊弉冊尊は、この大地を守るべき神、国土、海原、自然の神々を生む「神生み」へと進み、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読命(つくよみのみこと)、素戔鳴命(すさのおのみこと)の三神を生みます。
  素戔鳴命(すさのおのみこと)は、出雲の八岐大蛇(山俣大蛇・やまたのおろち)の神話に出てくる大蛇を退治したのち、櫛名田比売(くしなだひめ)と結婚し多くの神を生みました。その一人が大国主命(おおくにぬしのみこと)であり、「国造り神話」へと続きます。
イザナギ・イザナミ夫婦は日本国土を作る神々を作る「神生み」を行いますが、
火の神「迦具土神(カグツチ)」を生んだ際の火傷でイザナミは亡くなってしまいます。
その後、イザナギはイザナギのいる「黄泉の国」との門を岩で塞ぎ、
最初に造った島である「淡路島」に篭ったと日本書紀には記されています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP