意外なパワースポット、井戸について知っていますか?

井戸は、昔から人間の安全な生活に密接に関わってきました。
なぜなら、川で汲む水よりも遥かに安全で、家の近くでも汲めるからです。
そうした井戸に人の思いが詰まったり、大地からの恵みが集中したりして
パワースポットになっていくというのは十分に考えられることです。

そもそも井戸とは?

井戸とはどのようなもののことを言うのでしょうか?
井戸 - Wikipedia (3099)

「井戸ポンプ」タグの記事一覧 | 水処理用品.comブログ (3100)

ポンプ付き井戸
井戸(いど)は地下水、温泉、石油、天然ガスなどをくみ上げるため、または水を注入するために、地面を深く掘った設備である。
一般に「井戸」といった場合には地下の帯水層から地下水を汲み上げるために地層や岩石を人工的に掘削した採水施設を指すことが多い[1][2]。以下、地下水を汲む井戸を中心に説明する。
川まで水を汲みに行かなくても、家の近くにある井戸は古代にはとても貴重だったはずです。

結局は、地中の深くにある帯水層の水を利用できるようにする施設ということですね。

一人で一から井戸を掘ってみた

自分で掘ってみるひともいますね。

50-100メートルで水に当たる場合、1mあたり1万円ぐらいで掘れるそうですから、水道代金が4000円とすると、50メートルだと125ヶ月、およそ10年でもとが取れる計算になります。

手で汲める設備がついていれば、災害などにも強いですし、なにより水道水よりずっと美味しいです。

また、井戸水を沸かしたお風呂は温泉に雰囲気が近いほど、身体が温まります。

一戸建てに住まれている方は一度考えてみてはいかがでしょう?

パワースポットとしての水場

人の体の65%は水です。
アフリカから人類が脱出した学問的な考証も、
「7万年前に、水が継続的に得られる環境でアフリカから出られたのか」
が焦点の一つになっています。

当時は海水面が低く、現在のアラビア半島では海の中に湧き出ている水が地上で湧いていたそうです。

1 登山で、飲み水の確保できる場所。「水場を探す」
2 野獣や野鳥が水を飲みに集まる水辺。
3 土地が低く、すぐ水の出る所。
庭の水場 : 鳥に学ぶ (3111)

湧水

井戸を掘らなくても水が湧き出ているところは、とりわけ貴重な場所で、信仰の対象になりやすかったのです。
湧水(ゆうすい)は、地下水が地表に自然に出てきたもののことである。湧き水(わきみず)や泉(いずみ)、湧泉(ゆうせん)ともいう[1]。大規模な湧水はそのまま川の源流となることもある。
湧き水[11033002130]| 写真素材・ストックフォト・イラスト素材|アマナイメージズ (3109)

井戸、湧水と神社

そういうわけで、井戸と神社は関係が深いものも多いのです。
神社の名水めぐり
少しでも涼を運んでくれる場所へ行きたくなるこの季節。山々にかこまれている京都には、数多くの名水があります。今回はお参りと合わせてめぐれるよう、神社にある名水をピックアップしてみました。お清めしてから参拝すれば、さらにパワーチャージもできるはずです。さぁ、名水めぐりに繰り出してみませんか?
※飲用可を保証するものではありません。必ず現地でご確認ください。
新宿区西新宿にある成子天神社の井戸の神様『水天宮』☆今日の井戸の神様! | 井戸 | 井戸119番ブログ (3115)

パワースポットとしての井戸

明治神宮の中にある、清正の井戸が有名でしょうか?
【開運写真】待ち受けにすると幸運舞い込む!?清正の井戸☆龍脈上の最強パワースポット明治神宮|使命を活かす開運アート☆言霊と古代文字であなたの本来のパワーが開花し幸せに生まれた目的を達成☆ (3119)

加藤清正が作ったと言われる井戸で、技術的にもいろいろすごいものなんだそうです。

明治神宮の中にありますが、有料で入場するお庭の中にありますので、普通に見られるところにはありません。でも、ぜひ行ってみてください。とても気持ちいところですよ。

清正の井戸

清正の井戸の清正とは、名将・加藤清正の事を指しています。

加藤清正は徳川家の家臣から熊本藩主となった人ですが、別名「土木の神様」とも呼ばれ、治水や干拓の技術に優れた人だと言われています。

その清正が造成したと言われているのがこの井戸です。

しかし、清正が本当に作ったのかどうかの真意は定かではなく、現在ここがパワースポットとして有名なのは、明治神宮が富士山からの〝気〟が流れる龍脈の上に建っており、その気が湧水となって出ているところが清正の井戸だとされているからのようです。

場所:本殿・御苑北門の看板を進んで鳥居をくぐったらすぐ

秀吉の朝鮮出兵で活躍した、加藤清正が作ったと言われてるわけです。

今の熊本城の形をつくったと言われる土木の神様ですから、この井戸もその神様のひとつの作品ということになります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP