【縁起がいいの?悪いの?】『先負』の意味と読み方解説

カレンダーに記載していることが多いにはどんな意味があるのか、その読み方や縁起がいい、悪い時間帯について、先負の日にしてはいけないことがあるのかなど、イマイチ分からない先負について詳しく解説していきます。

さきまけ?先負って何?

 (28257)

カレンダーに書かれてある「先負」って何なのか、
気になっている方も多いのではないでしょうか。

先負は大安や仏滅などの六曜の内の一つで、
読み方は「せんぷ」と思われていますが、地方によって
「せんぶ」「さきまけ」とも読まれています。

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜がある。

日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多い。

六輝(ろっき)や宿曜(すくよう)ともいうが、これは七曜との混同を避けるために、明治以後に作られた名称である。

六曜は主に冠婚葬祭で取り入られることが多く、
結婚式やお宮参りなど慶事には大安を選ぶ、
というように現在も日常的に使われています。

その日の吉凶、運勢を表しており、
鎌倉時代に中国から伝えられた伝統的な暦注です。

日本には室町期に伝来し、呼び名も変わりましたが、現在にも続いていますよね。

カレンダーや日記などに記載されている

先勝(せんしょう・さきがち・せんがち)
友引(ともびき)
先負(せんぷ・さきまけ・せんまけ)
仏滅(ぶつめつ)
大安(たいあん)
赤口(しゃっく・しゃっこう)

です。順序もこの並びです。

先負にはどんな意味があるのか

 (28259)

大安や仏滅は縁起がいい、悪いのイメージも付きやすいですが、
先負はどのような日とされているのでしょうか。
「先んずればすなわち負ける」という意味。何事にも急がず慌てず、全てを控えめにして、急ぎものがあっても午後に用を足すことを良いとする日です。午前は凶。午後は吉。急用や勝負事をなるべく避け、平静を保ち、相手の出方を待つのが良いとされています。挙式、お祝い事は午後からといわれています。
文字通り先が負ける、午前の縁起は悪いとされていますが、
午後からは運気があがり、物事が
上手くいく時間帯になると考えられています。

先勝はこれと逆で、午前が吉、午後が凶とされています。

友引は正午は凶、それ以外は可もなく不可もなくとされ、
赤口は正午は吉、それ以外は凶とされています。

先負の日にお宮参りはNG?

 (28267)

赤ちゃんを連れてのお宮参り、その他の祈願、行事のための神社への参拝は、
先負の日は避けるべきなのでしょうか。
お宮参りや安産祈願、商売繁昌のお参りなどに関しては,
大安の日を選ぶことが多いのですが、
暦でいえば大安の日、友引きの日、
先勝の日の午前中も良いと言われます。

仏滅や赤口、先負の日は参拝に向かないとされています。
これについても神社によって異なるようで、
先負の日も午後なら良いとする説もあります。

午後は吉日となるため先負の日の参拝でも問題ありませんが、
時間帯が遅くなると赤ちゃんがぐずり出すかもしれませんので、
なるべく機嫌の良い時間帯を狙いましょう。

先負の日に結婚式を挙げるなら午後から!

 (28155)

大安や友引の日は何ヵ月も前から予約しておかないと、
希望した日取りに式を挙げるのは難しくなります。

先負の日の午後は、大安と同じくらい縁起がいいとされていますが、
比較的空いているので狙い目です。

先負
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉。何事も平静を保つのが良いとされる日。午後・夕方からの挙式にぴったり。
午後からだと午前に比べて準備の時間を多く取れるため、
メイクに着替えにバタバタと急ぐ必要がなく女性にも喜ばれます。

何をするにおいても午後から

 (28272)

先負の日は○○をしてはいけない、という決まりはありませんが、
大切な行事の日程と重なってしまったら、
出来るなら午後からするのが良いでしょう。
六曜は 旧暦の月+日を6で割ったものの余りで決まりますから、してはいけないことなどありません。
普通に生活されればよろしいかと思います。

たとえば9月22日は旧暦8月15日で中秋の名月です。
(8+15)÷6=3余り5 ですから必ず仏滅です。

余り0:大安、1:赤口、2:先勝、3:友引、4:先負、5:仏滅

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP