【聞いたことある?】花婚式って何?どんなことをするの?

みなさん、「花婚式」という言葉を聞いたことがありますか?あまり耳慣れない言葉で、普段使うこともあまりないですよね。実はこれ、結婚記念日の一つなんです。いったいどんなことをするのでしょうか?その由来は?何をプレゼントすればいいの?順番に説明していきます。

造花花束|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (31474)

みなさん、「花婚式」という言葉をご存じですか?
これは「金婚式」「銀婚式」のように、結婚記念日を表す言葉なんです。
その実態とはどのようなものなのでしょうか?

「花婚式」って何?

結婚して4年目の結婚記念日は花婚式(はなこんしき)と呼ばれ、「花が咲き、実がなるように」という意味が込められています。
お祝いのプレゼントには花束や観葉植物などを贈るのが一般的です。
彼氏と彼女のワンピース|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (31477)

結婚して4年目の夫婦のための記念日なんですね!
まだまだ新婚な二人、プレゼントは慎重に選ばなくてはなりません……。

どういう意味が込められているの?

ピンク色の薔薇の花|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (31480)

花が咲き実がなるように、夫婦が美しく花開き実を結ぶ瞬間。
なるほど!
3年目の倦怠期を乗り越え、ようやく本当の夫婦となってきた頃。
5年目、6年目、10年目……とこれからもずっと一緒にいられるように、今一度ちゃんと向き合って見るのもいいかもしれません。

どんなものをプレゼントすればいい?

手すりに置かれた花束|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (31484)

それでは、花婚式ではいったいどのようなものをプレゼントすればいいのでしょうか?
いくつか紹介していきます。

形に残るものを贈るなら?

花の鉢植え   Happy|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (31774)

花婚式のプレゼントは、もちろん花がぴったりです。
奥様が好きな花の花束や、毎年繰り返し咲く鉢植えなどがおすすめです。
もちろん花束でも素敵ですが、鉢植えをプレゼントすれば来年も再来年も綺麗な花を楽しむことができます。
新婚だったあの頃を忘れないためにも、毎年繰り返し咲く鉢植えは最適かもしれませんね。

二人の時間を彩る花束を!

あじさいの花束造花|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (31770)

旬の季節のお花を飾ることで、
夫婦になった季節を楽しみふたりの思い出話に花を咲かせましょう。穏やかな心で季節を感じる「花婚式」に。
旬の花を集めた花束をプレゼントすることで、出会ったあの頃のように話に花を咲かせることができるかもしれません。
他にも、こんな花束の選び方をしてもいいかも……?
赤いばらのテクスチャ|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (31778)

一般的なのは、やはりフラワーギフトです。結婚式に使用した花やお互いが好きな花などを選んでプレゼントをすれば、思い出話にも花が咲くことでしょう。また花言葉に注目して選ぶ方法も人気があります。特に「愛」や「情熱」を意味する赤いバラの花束、「純粋な愛」を意味する胡蝶蘭は見た目も豪華で喜ばれます。
文字通り「愛」の詰まったプレゼントになりますね!
たまにはそんなロマンチックなことをしてみては?

これ以外では、

・相手の誕生日に咲く花
・相手の好きな花
・結婚記念日の日付の誕生日花

などもいいかもしれません。

花だけじゃない!ぴったりな贈り物

花以外にも、こんな贈り物をしてみてはどうでしょうか?

ちょっとしたお出かけ!

自然の中で寄り添うカップル3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (31811)

また、少し豪華なお弁当を作って、お花を見にハイキングやお散歩をしてみるのはいかがでしょうか。豪華なお弁当に綺麗な景色、いつもの会話とは少し違う、新しい発見があるかもしれませんよ。
いつもとは違う場所で、手作りのお弁当を食べながら会話を楽しんでみては?
改めて思い出の地を回るのもいいかもしれません。
きっと特別な時間を作れると思います。

詩集をプレゼント!

床に置かれた洋書|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (31820)

4年目(4周年)

花婚式または書籍婚式/4年目にやっと花が咲きます。二人で育んできた幸せの花が4年目に咲きます。

書籍婚式とも言うんですね!
詩集をあげるだなんて、なかなかに格好いい行動です。
お気に入りの小説をあげてみてもいいのではないでしょうか?
趣味を共有することで会話が増え、さらに仲が深まるかもしれません。

他にも……

浴衣のアクセサリーは風鈴のイヤリングと花のかんざし♡のフリー写真画像|GIRLY DROP (31840)

2、モノを贈る場合は、消えものより、残るもの

結婚記念日は毎年、重ねていくもの。形に残るもので考えてみましょう。 例えば、プレゼントの定番、指輪やネックレスなどのアクセサリー類。ここで普段、どれだけ相手に注意をはらっているかが出ます。妻好みのデザインやサイズを把握しているならサプライズを。自信がなければ、一緒に出かけて選んだり、お店の方にアドバイスしてもらったりして選びます。

やはり外せないのがアクセサリー。
花の形をした指輪やネックレスをプレゼントしても良いかもしれません。
相手好みのものをばっちり買い当てて、惚れ直してもらうのもありかも?
幸せな花婚式をお送りください!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP