【身代わり猿】病気・災難を身代わりに請け負ってくれるお守り

奈良市ならまち庚申堂の「身代わり猿」 は、青面金剛の使いである猿を型どったお守りのことです。病気・災難などを一身に身代わりで受けてくれるというもので、お土産としても人気が高まっています。そんな身代わり猿についてです。

日経新聞掲載。 申年にちなんで人気が高まっている。

奈良市ならまちでは、民家や店舗の軒に赤い猿の縫いぐるみがつるされています。
真っ赤な体に白い腹帯、手足を括られてつるされたその人形は、身代わり猿(身代わり申)と言います。人の病気や災難などを身代わりに受けてくれるという厄除けのお守りです。

申年にちなんで、身代わり猿が奈良を訪れる観光客の間でも人気の高まりを見せているそうです。
以下のサイトでその内容が紹介されています。
ならまちや、身代わり猿を知る一助になればと思います。

奈良市ならまち 身代わり猿

奈良市ならまち 身代わり猿

身代わり申(奈良町資料館)が人気!

奈良で申といえば、ならまち庚申堂の「身代わり申」だ。
日本経済新聞のWebサイト(2015.12.30付)に

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95678010Q5A231C1000000/)
《災い一身に、「身代わり申」人気 奈良》という記事が出ていた。 紹介すると、

「奈良市の旧市街地「ならまち」では、昔ながらの民家や店舗の軒先につるされた赤い猿の縫いぐるみが目につく。 「身代わり申(さる)」と呼ばれる厄よけで、2016年のさる年にちなんで人気が高まり、観光客も買い求めている。

真っ赤な体を丸め、頭と腹帯は白く、耳やしっぽはない。 手足を縛られた姿から「くくり申」という名前もある。 江戸時代前半に庶民の間で広まった「庚申(こうしん)信仰」で猿が神の使いとされ、災いが家の中に入らないようにとぶら下げるようになった。 家族の人数分を用意し、背中に願い事を書き入れることが多い。

奈良町資料館(奈良市西新屋町)が、1日当たり50個を布と綿から手縫いする。 全長約2~15センチの6種類。 館長の南哲朗さん(53)は「一つ一つ心を込めて作っている。『おかげで無事に過ごせた』という話を1年後にたくさん聞きたい」と話す。」

身代わり猿のルーツ。

 (11486)

シルクロードを渡ってやってきた猿!?

この身代り申、そのルーツは中国の敦煌にあるのでは?といわれています。 不思議なことに、敦煌石窟の祭壇で、身代わり申と同じ物がみつかっています。 中国では、猿は悪魔退散のお守りとして信じられているんです。 古代シルクロードの終着点として知られている奈良ですから、身代り申は、シルクロードを通って伝わってきたのかもしれません。

庚申信仰の歴史は古く、何と文武天皇(700年!)にまで遡ります。疫病が流行した際に、元興寺の高僧がご加護を祈っていると、青面金剛が現れて「汝の至誠に感じ悪病を払ってやる」と言って消え去ったのです。 それが1月7日で、この日は「庚申の年・庚申の月・庚申の日」に当たっていたため、この地に青面金剛を祀り、悪病を持ってくるという「三戸(さんし)の虫」を退治することを願ったのだとか。

この「三尸(さんし)の虫」というのも、なかなか個性的な輩で、「コンニャク」と「猿」が大嫌いなのだとか(猿が仲間と毛づくろいする姿が「三尸の虫」退治しているように見えるため)。
そこで悪病や災難を遠ざけるためのおまじないとして、家の軒先に「身代わり猿」を吊るすという風習が生まれたのだそうです。

毎年3月と11月に庚申堂(こうじんどう)で「庚申まつり」が開催され、そこでこんにゃくと大根の田楽がふるまわれます。

「庚申信仰」とは。

 (11490)

庚申堂は奈良の人の間では「庚申さん」と親しみを込めて呼ばれている「青面金剛」をお祀りする祠で、奈良町の庚申信仰の中心です。

庚申信仰とは諸説がありますが中国の道教思想と日本の仏教、神道、医術が合わさった複合信仰のことです。 また、お祀りされている「青面金剛」は人の体内にいて60日に一度、その人が犯した悪事を天帝へ報告する「三巳(さんし)の虫」を抑える神のことです。

庚申堂には、ならまちでお馴染みの「身代わり猿」が数多くぶら下げられています。 「身代わり猿」は青面金剛のお使いの猿をかたどった魔除けで、災いを代わりに受けてくれることから「身変わり猿」と呼ばれています。

庚申信仰【こうしんしんこう】

庚申の日に徹夜して眠らず,身を慎めば長生できるという信仰。
十干十二支の一つ庚申の日の禁忌を中心とする信仰。中国では道教の説で,庚申の夜睡眠中に体内の三尸虫(さんしちゅう)が逃げ出してその人の罪を天帝に告げるといい,虫が逃げぬよう徹夜する風習があった。

庚申堂は青面金剛をお祀りする祠で、青面金剛明王とも呼ばれる夜叉神です。
「身代わり猿」は、その青面金剛のお使いをしている猿を型どったもので、
代わりに災いを受けてくれる魔除けのお守りなのです。

「庚申待」の風習とは。

 (11495)

庚申待

道教では、人間の体内には三尸(さんし)という3種類の悪い虫が棲み、人の睡眠中にその人の悪事をすべて天帝に報告に行くという。 そのため、三尸が活動するとされる庚申の日(60日に一度)の夜は、眠ってはならないとされ、庚申の日の夜は人々が集まって、徹夜で過ごすという「庚申待」の風習があった。

庚申待は平安貴族の間に始まり、近世に入っては、近隣の庚申講の人々が集まって夜通し酒宴を行うという風習が民間にも広まった。

庚申待(こうしんまち)とは、日本の民間信仰で、庚申の日に神仏を祀って徹夜をする行事である。
宵庚申、おさる待ちなどともいう。 庚申待は通常、村単位など集団で行われ、その集り(講)のことを庚申講(こうしんこう)、庚申会(こうしんえ)、お日待ちなどという。

日本には古くから伝わっていたものと考えられており、平安時代から行われ、当初は公家や僧侶がやっていて、すごろくや詩歌管弦を楽しんでいた。『枕草子』にも庚申待の話が登場する。

江戸時代に入ってから、民間にも広まった。 庚申信仰は今では廃れたが、親睦会などに名前を変えて今でも庚申待を行っている地方もある。

庚申に関する戒めに
『年に六度の庚申を知らずして 二世の大願は成就せぬ』
庚申待をしなければ幸せになれないという戒めである。 人々は幸せを信じて庚申待を続けていた。

庚申(かのえさる)の日の夜に眠ると、三尸が天帝にその人の悪事を告げに行くだけではなく、
その虫がその人の命を短くするとも言われていました。

これは道教の説によるとされましたが、平安時代以降は、陰陽師によって広まりました。
徹夜で経を読んだり共食や歓談をして過ごし、江戸時代には社交的なものになっていったようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP