パワースポット神社【関東】を最強運の参拝方法からご紹介! 

様々なご利益を持つパワースポット神社。迷うほどあります。今回は、ラッキー7つの参拝方法によって、最強運を呼び込む一都六県(関東)の神社をご紹介します。目的別に選ぶ神社も変わってくるので、20連発の神社スポットをお見逃しなく!

1 初詣(はつもうで)

一年の始まり。初詣。気持ちよくお参りしたいですね。それでは。

関東一に値する初詣神社は「鶴岡八幡宮」〈神奈川〉です。何と言っても一番乗り!大変に混み合いますから、早朝には参拝の準備万端の状態でいたいです。
そうすれば、鎌倉武士の守護神をスッキリと拝めます。もし出遅れても、箱根駅伝の選手のように懸命に向かえば、いさぎよい参拝ができます。

①江島神社(えのしまじんじゃ) <神奈川>

①江島神社(えのしまじんじゃ) <神奈川>

鶴岡八幡宮から程近くの江ノ島にあります。
注目すべきなのは、鎌倉江ノ島七福神の一つであり、芸術の神様弁財天が祀られる日本三大弁天の一つでもある点です。七福神巡りと言えば正月が恒例です。
縁起良く最高の初詣を!
②妙義神社 <群馬>

②妙義神社 <群馬>

日光と比較されるほどの見事な彫刻を見ることができます。

上毛(じょうもう)とは現在の群馬県ですが、赤城山・妙義山・榛名山は上毛三山と呼ばれ、古代から関東北西の重要拠点だったのです。天皇に属する場所としての三山は神秘でもあります。

江戸時代には、天とをつなぐ門を治めるとして、妙義神社は、家運永久、子孫繁栄を願って徳川将軍家に深く信仰され続けました。 
「榛名神社(はるなじんじゃ)」も初詣の参拝者は多く、榛名山の神様を祀る極めて神聖な神社です。
おごそかに新年を迎えるのも良いでしょう。
③赤城神社 <群馬>

③赤城神社 <群馬>

赤城山山頂にある神社です。壮大な山並みは絶景で、家内安全・無病息災を願って初詣に訪れる参拝者が多くいます。

2 安寧長寿(あんねいちょうじゅ)

安寧(世の平穏)と自己、家内の無事を祈りましょう。
④靖国神社 <東京>

④靖国神社 <東京>

戦没者の慰霊がされていることで有名です。
政治的なことは抜きにして、若くして散って行った人達に祈りを捧げ、平和を祈願しましょう。
鹿島神社と言えば、「勝負必勝」の祈願で有名です。それは、雷神であり剣の神とされる「タケミカヅチ」を祭神とするからです。日本の古代神話に登場する「タケミカヅチ」は、神武天皇を剣で助けたという記述もあり、伝説的とはいえ、武神、軍神などとして信仰されるようになりました。春日大社・春日神社にも祀られています。
⑤鹿島神宮 <茨城>

⑤鹿島神宮 <茨城>

鹿島神宮は、全国の鹿島神社の総本社です。香取神宮〈千葉〉、息栖神社(いきすじんじゃ)〈茨城〉と共に東国三社の一つでもあります。
東国三社とは、関東東部の利根川下流域の神霊を鎮めている神社を指します。この付近は海が広がっていて、古代から東国開拓の拠点とされたのです。
そういった意味で、「刀剣という武により安寧を計る」とも理解でき、世の平定を表す神秘のスポットと言えるのです。
⑥香取神宮 <千葉>

⑥香取神宮 <千葉>

香取神宮の主祭神は経津主大神(ふつぬしのおおかみ)で、国土平定に活躍したという古代の説話から、武神とされます。また、海を航行する「かじ取り」という意味を持つ神とも伝えられています。香取神宮の目前に広がっていたのが「香取海(かとりのうみ)」です。
神武天皇の創建。
⑦息栖神社 <茨城>

⑦息栖神社 <茨城>

古文書にも記されていますが、この神社は香取海の「おきす(沖洲)」と呼ばれていたので、その神を祀っていると考えられています。つまり、息栖神社主祭神の久那戸神(くなどのかみ)が、水上交通の神であるとすれば、鹿島・香取と同じく東国開拓の一拠点だったと見られるのです。
これら東国三社は、いずれも「葦原中国平定(あしはらのなかつくにへいてい)」という日本神話に関する神を祀っています。その神話では、出雲の神々が国譲りをして、国土統一へ向け進展していきます。葦原中国(日本の国土)の乱れを治め、秩序を創るわけです。
ですから、世の平穏とそれによる人々の無事を生み出すためのパワーがある神社スポットなのです。

3 人生開運(運勢上昇)

全体的な運勢がアップし、幸運が訪れる人生開運。仕事、人間関係、学業などにおいて、神がかるのではないでしょうか。
⑧武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ) <東京>

⑧武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ) <東京>

創建は紀元前と言われますが、中世以降、山林で修行して霊験を得ようとする宗教により、修験場として発展しました。関東の幕府や武士から武具の奉納もされました。ですから、御岳山の山上にあるこの神社は、山岳信仰の霊場をにない、鍛錬の場とも言えます。

日々、一生懸命に成し遂げようとする気持ちは、山上へ向かうのと似ています。その気持ちを忘れず、武蔵御嶽神社から一望したら、何においても成就する運勢を得られるでしょう。

⑨秩父三社 <埼玉>

⑨秩父三社 <埼玉>

秩父三社とは、三峯神社(みつみねじんじゃ)・宝登山神社(とぼさんじんじゃ)・秩父神社(ちちぶじんじゃ)のことです。
いずれも、古代から在る神社で、神霊が宿るとされる山に抱かれています。ですから、山岳修行の聖地とも言え、この三社を巡ることで、人生の全体運がパワーアップする効果が期待されるのです。
⑩日光東照宮~日光二荒山神社(ふたらさんじんじゃ) <栃木>

⑩日光東照宮~日光二荒山神社(ふたらさんじんじゃ) <栃木>

知恵と教訓を表す「眠り猫」「見ざる(猿)・言わざる・聞かざる」は象徴的で、学業成就のご利益でも知られています。

ですが、地形において磁場・陰陽など強いパワーがあるので、勝負の時における幸運、周囲の人との相乗上昇という、人生全体的な力強い運を望めるのです。二荒山神社まで足を延ばして、運勢を二倍に!

4 出世開運

⑪箱根神社(九頭龍神社・箱根元宮を含む) <神奈川>

⑪箱根神社(九頭龍神社・箱根元宮を含む) <神奈川>

古代から箱根山は神聖な山として信仰されていて、箱根神社が創建されました。後の山岳信仰の隆盛に大きな影響を与えたと言われます。

その由緒正しい箱根神社は、芦ノ湖周辺の民や源頼朝を救う奇跡の説話を生み、関東の武家にもうやまわれました。まさに、ひた向きに出世街道を登る道に、箱根神社が在るがごとくなのです。「箱根を背にするものは天下を制す」と言われる理由を、感じることができるでしょう。
駒ヶ岳山頂の箱根元宮までは、ロープウェイで行けます。

⑫佐助稲荷神社  〈神奈川〉

⑫佐助稲荷神社 〈神奈川〉

長く続く赤い鳥居をくぐりながら登ると、本殿にたどり着きます。

源頼朝が伊豆に流されていたとき、「かくれ里の稲荷」と名乗る翁が夢に現れ、平家討伐の挙兵をうながしました。
後に幕府を開いた頼朝は、かくれ里に祠を見つけ、稲荷神社を建てました。
この里に身を潜めていた頼朝は佐殿(すけどの)と呼ばれていて、地主神の宇賀神に助けられたので、佐助と呼ばれるようになりました。銭洗弁天には「宇賀福神社」があります。

平家討伐旗揚げの原点、頼朝幕府の原点。
その神社の本殿へ登った先にも険しい道が続いています。立身出世を誓って拝めば、成就に導く強い力を得られるでしょう。

⑬高麗神社(こまじんじゃ) <埼玉>

⑬高麗神社(こまじんじゃ) <埼玉>

668年、滅ぼされた高句麗(こうくり)から亡命した日本への帰化人を、朝廷がこの地に住まわせました。高句麗と言えば古代朝鮮の一国でしたが、その亡命者達を受け入れ、高句麗王族の一人ではないかとされる「高麗若光(こまのじゃっこう)」を祀っている神社です。
その地が後世にも栄えたことを考えると、外国からこの地へ来た人々が、山と川の神秘に支えられ発展した場所でもあります。

ですから、多くの政治家がこの高麗神社を参拝後、総理大臣になり、「出世明神」と呼ばれる神社である由縁が、理解できるのです。

5 除災招福

⑭浅草神社 <東京>

⑭浅草神社 <東京>

628年、漁の最中に人形のような像を拾った兄弟がいて、土師真中知に、それは観音像だと教わり、その像を兄弟は毎日拝みました。

土師真中知は、その後僧となり、死後、真中知の子の夢に観音菩薩が現れ、そのお告げにより、三人の霊を主祭神として祀りました。
それが浅草神社の始まりであり、浅草寺の始まりなのです。

三人の霊は「三社権現」と呼ばれ、祭りや先祖供養、商売繁盛などに貢献しています。

浅草神社で心から拝めば、三体の観音様が、慈悲の心で困難から救ってくださるでしょう。とても心強い神社です。

⑮千葉神社・検見川神社 <千葉>

⑮千葉神社・検見川神社 <千葉>

八方除(はっぽうよけ)で有名な神社で、多くの人が出張祈祷していただいています。
祀られる神が方位方角をつかさどり、その除災効力が強い神社です。全ての方角に災いの除力を及ぼしています。
人・車・家などの方位方角に関わる移動や引越しに伴った災い、 家の新築・増築・改築・移築・解体や店舗の開店・改装などの建築事に関わる災い、 家相・鬼門・風水などを原因として家の中へと悪神が侵入することによって起こる貧・病・争の災いなど、 方位方角に関わる災いというのは尽きることがありません。

このような災いを避けるために、人・車の移動事については方位方角を司る妙見様に御守護をお願いし、土地・建物に関わる建築事・移動事については、事前に現地に神職が出張してその土地の神様に対して工事の安全を願うことが不可欠であると古くから考えられてきました。

6 合格達成

湯島天神(東京)・日光東照宮(栃木)は、言わずと知れた「合格祈願」スポット神社です。
⑯荏柄天神社(えがらてんじんじゃ) <神奈川>

⑯荏柄天神社(えがらてんじんじゃ) <神奈川>

神奈川県一の合格達成のパワーがあると評判の神社です。
それもそのはず。
太宰府天満宮(福岡)、北野天満宮(京都)と共に日本三天神の一つなのです。
天神とは、菅原道真。学問に秀でていたので、学問の神様として祀られています。

境内には、横山隆一氏など有名漫画家のレリーフがほどこされた「絵筆塚」が立ち、学業成就、試験合格のパワーがみなぎっています。

源頼朝による創建。
「一所懸命(いっしょけんめい)」この言葉は、ここ鎌倉幕府から始まりました。武士が、生活の全てをその所領(領地)に懸けるという意味が始まりです。一所懸命、いっしょうけんめい、それが大事だという教えは、合格達成に導いてくれるでしょう。

⑰芳賀天満宮(はがてんまんぐう) <栃木>

菅公自ら遺言をされ、「自分の遺骸を牛にのせて人にひかせずに、その牛の行くところにとどめよ」とあり、その牛は、黙々と東に歩いて安楽寺四堂のほとりで動かなくなり、そこを御墓所と定めた
「牛にひかれて善光寺参り」は、長野県の「思いもよらず導かれる幸運」を意味する言葉で有名ですが。牛は働き者で、「黙々と」というのは、合格達成に強い吸引力を持つでしょう。

⑱蒲生神社(がもうじんじゃ) <栃木>

大正元年、蒲生君平先生九十九年祭執行の際、神社創建の話が起こり『蒲生会』が結成し、栃木県民あげての賛同により大正十五年七月に蒲生神社本殿が竣工された。
幼少の頃から学問を好み、多くの人と交わり学問に励み、のちに「先生」として活躍した蒲生君平を神として祀っている、スペシャルな神社です。自分らしく学業成就しましょう。

7 縁結び(恋愛・結婚・人間関係)

⑲明治神宮 <東京>

⑲明治神宮 <東京>

ご祭神が明治天皇とその皇后なので、やはり結ばれたい男女にとっては外せない神社です。
社殿を拝んでいると、「夫婦楠(めおとくす)」という二本のご神木が見られます。
結婚式場として「明治記念館」があるのも有名です。

⑳武蔵一宮氷川神社(大宮氷川神社) <埼玉>

2,000年以上の歴史をもつといわれ、大いなる宮居として大宮の地名の由来にもなった日本でも指折りの古社。武蔵一宮として関東一円の信仰を集め、初詣には多くの参拝客で賑わいます。
武蔵国(東京・埼玉)各地の氷川神社の総本社です。
出雲の家族神を祀り、最強縁結び神社の一つとして有名です。
首都東京へ活力とご縁をもたらすので、夫婦、愛情、人間関係において、向上を望んでの参拝に威力を発揮します。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP