複数の神社に参拝すると”神様が喧嘩する”って本当?

日本には様々な神社があり「縁結び」や「商売繁盛」など、それぞれ効く効果が神社によって違いますが、複数の神社に参拝に行った時に「神様が喧嘩する」からかえってよくないことが起こる…。と言われることがあります。これについては様々な言い伝えがありますが、その真実を実際にまとめてみました。

複数の神社を参拝している人は多い

初詣|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (16891)

お正月だけでなく、近所の神社など年間を通して複数の神社を参拝する人は多いです。

旅行に行った際やお祭りを行っている神社など、神社との関わる機会が多い人もいますが、複数の神社に参拝に足を運んでいるからといって、特に不運に見舞われるということはありません。

実際毎日参拝に行く方も多いので特に気にしなくても大丈夫です。

・神社巡りという言葉もある

日本には、好きな神社を巡る「神社巡り」という趣味を持っている方も多くいます。

また、「神社巡り」をする前提で観光を組んでいる会社などもあり、特に複数の神社を参拝してはいけないといけないといったルールはないので気にしなくても大丈夫です。

神社巡りをすることで、神社の中の歴史や雰囲気を楽しむこともできるので、年配の方に親しまれているれっきとした趣味です。

喧嘩をするという表現は迷信…?

お手洗い場|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (16892)

「神様同士が喧嘩をする」というのは「夜に口笛を吹くと蛇が出る」など、昔から言い伝えられている迷信と言われています。

昔の人の言い伝えとして、神様の置物を向かい合わせにしてはいけないなど、昔の人々が行っていた風潮がありました。
このお話しから「いろんな神社に行くと、神様の効力を複数貰うことになるから喧嘩するのではないか」と言われるキッカケになったそうです。

迷信だと言われていますが、昔から言われていることなので気になりますよね。

複数のお守りを持っていると神様が喧嘩する?

伏見稲荷神社の鈴|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (16893)

参拝の他にも、複数のお守りを持っていると神様が喧嘩するから持ってはいけない、という話もよく耳にします。お守りは、各神社に祀られている神様の力がこもったアイテムです。

お互いの神様を邪魔するような効果はなく、縁担ぎのために持ち歩くこと多いです。
いつまでも古いお守りを持たずに1年ごとに新しいものに替えるなど、お守りに対して丁寧に扱っていると特に問題はありません。

・同じ種類の効力を持つお守りは持ち過ぎに注意

違う神社のお守りを複数持っていても問題はないと先ほど説明をしましたが、「合格祈願」なら「合格祈願」だけの効力を持っているお守りをいくつも持ち歩くのは避けるようにしましょう。

同じ効力を持つタイプのものは、神社に込められたパワーが薄まるといわれることも…。

「交通安全」「合格祈願」など違う種類のお守りで持ち歩くのがよさそうです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP