神社の【お賽銭】には様々な意味とやるべきマナーがあった!

神社の初詣でには、必ずと言っていいほど賽銭を収めるものです。
何気なく収めているのですが、これには額やマナーなど様々な要素があるようです。
そこで今回はそのマナーと収める額などについて迫っていきたいと思います。
正しく知って子供たちに教えましょう。

神社における賽銭とは?

値段で願いを込めますし

値段で願いを込めますし

額の大きさで願いを込める方もいらっしゃいます。やり方は人それぞれですが、最低限のマナーは知っておきましょう。
お賽銭は、神様にお願いをするための「祈り賃」や「きっぷ」のようなものではなく、前回の願いを叶えてくれたお礼というのが正しいの意味合いです。
これを知らない方は多いので、重要なのは感謝の気持ちを忘れずにお祈りする事なんです。そこを知っておきましょう。

お賽銭は何に使われる?

集まったお賽銭は、神社の神主さんたちが回収し、主に神社の管理や修繕、神主さんたちの生活費に使われます。
神社の経営にはお賽銭が不可欠です。
一部の意見では、「お賽銭は神様に与えるものではなく、神様をまつり人々が集まる「神社」という場所を維持するために、神主さんに対して渡すものである」との考え方もあります。
しかし神社の維持ができる事によって、結局神様も喜ばれるわけです。神職の方も応援の意味で余裕のある方は奮発するといいでしょうね。

マナーとは?

賽銭箱にはお賽銭は“そっと”入れることを心がけましょう。

お賽銭は神様への献上物です。賽銭を投げ入れるという行為は神様へ失礼な行為になります。感謝の気持ちを込めて丁寧な動作を心がけるべきです。

神様の献上品なのに、ぞんざいに渡すなんてとんでもないですよね。ですから、そっと入れましょう。基本的に看板にもあるのですが、神様はぞんざいなのとうるさい音を嫌うようですね。

いくら入れるのが正しいのか?

参拝に行って財布の中に一円しかなくても、
感謝の思いで差し出されれば、
それは尊いお金です。

神さまが金額によって、
願い事を叶えられたり、
られなかったりというのは
ありません。

気持ちがこもっていればいいのです。そのうえで、余裕があれば奮発するのがいいのでしょう。
神社のお賽銭用ポチ袋について - 数日後に伊勢神宮に行きます。神々に敬意を払う... - Yahoo!知恵袋 (1729)

専用のポチ袋が売られている場合もありますが、この様に名前と名目を書くことで全然Okです。
1,000円以上のお金をお賽銭に使う時は、そのままお札を賽銭箱に投げ入れず、白い封筒(お賽銭袋)に入れましょう。

お札を使うときは、白い封筒に入れて投げるので、賽銭スペースを見ても、1万円札がむき出しで投げられているケースは少ないです。

お賽銭袋には、必ず住所と名前を書いて、新札を使うようにします。

これも礼儀の一つですね。そっと入れたほうが神様も喜んでくれるのでしょう。
高額のお金をお供えしたいときは、お詣りをする前に社務所にいらっしゃる神職さんに手渡しましょう。
これは、防犯の観点からも必要な対応だと思います。
その場合は、祝儀袋に入れます。
祝儀袋の表書きは「御初穂料」「御玉串料」です。
神様の礼儀だけでなく、防犯の観点を兼ねているのです。大金を収めようと考えているときは知っておきたいものです。

お賽銭にも正しい恰好がある

賽銭を入れるときのポーズとは

お賽銭のお供えと、鈴をならすのはどちらが先か?と疑問に思ったことがあり、私なりに調べたのですが、どちらでも良いようです。
初詣での際は大勢の人が来ていますので、考えすぎると迷惑になります。ですからやってはいけない事を前もって知ったうえで気楽にやりましょう。
お子様にも

お子様にも

今後のためにしっかりと教えてあげましょう。
二礼します。90度です。

恥ずかしいような気が最初はしますが

かまわず深くお辞儀します。

気持ちがいいです。

右手を左手より1cmくらい下にずらして

二拍手します。

そして祈るのですが、

祈るときはずらした指を戻して左右揃えて合掌の状態にします。

そのうえで自分の名前や住所、今日の事の感謝、そしてお願いがかなったことのお礼を言いましょう。礼儀って大切ですよ。

参拝前も重要なんですよ。

清めましょう

清めましょう

最初は、右手で柄杓をとり、次に汲み上げた水を左手にかけて洗います。
その後柄杓を左手に持ちかえる事によって、汲み上げた水を右手にかけて洗います。
再度柄杓を右手に持ちかえ、左の手に水を溜め、口をすすぐのです。
最終的にはにもう一度、左手を流し、これでようやく賽銭を入れる事ができます。重要な事ですよ。

終わりに

この様に、何の気なしに行っているお賽銭も、マナーや礼儀作法があるんです。
正しく知って神様に愛されるようになりましょう。
それは自分の為だけでなく、家族の為であるのかもしれませんよ。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP