神社におみくじがある理由と、様々な豆知識をご紹介します!

神社に行くと、ついつい引いてしまうおみくじ。おみくじには様々な意味があるのをご存知でしたか?手軽に楽しめるおみくじですが、結構奥が深いんです。そこで今回は、おみくじの豆知識についてまとめてみました。知っていると、今度おみくじを引きに行ったときに少し得した気分になれちゃうかも?

1・おみくじとは?

神社の参拝時の定番であるおみくじ。意外と、知らない部分が多いと思います。
大吉などの結果意外に、おみくじそのものにも深い意味があるんですよ。
おみくじとは、元々「神の意志」を知るための占いの一つで、おみくじをひくことは神前で行われる「神聖で公平な判断」として広く利用されてきたそうです。
昔は政治にも使われていて次期将軍を選ぶ時や組織の後継リーダー選びの時にも使われたことがあったとか。
おみくじは神様が選んでくださる、神聖な儀式のようなものだったんです。
それを聞くと、占い結果の信ぴょう性が強まるような!?
足利義教

足利義教

くじで選ばれたことで有名な、足利義教。
くじで、というとずいぶん簡単に決まったんだなと思いがちですよね。
しかし前述したとおり、正式な儀式をして神の意志で選ばれたのなら
とても威厳ある存在に感じます!
源頼朝

源頼朝

源頼朝はとてもおみくじが大好きで、鶴岡八幡宮の移転先までおみくじで決めたそうですよ。
政治にも使われるなんて、おみくじが昔の日本でどれだけ大事な行為だったかよく分かります。

2・おみくじはなぜ神社に置かれているか?

今から1000年以上前のことです。

京の都に近い比叡山延暦寺というお寺がありました。

そのお寺の元三大師という人が中国から持ち帰り、このお寺で始めた「観音みくじ」が、日本のおみくじのはじまりだといわれています。

昔、日本ではおそろしい伝染病がはやっていました。

元三大師は、人々をわざわいや苦しみから救うため、観音様にひたすらお祈りをしました。

そして、観音様からさずかったさまざまな言葉を、お参りに来た一人ひとりに届けようと、「観音みくじ」をはじめたのです。

国の大きな決めごとのとき、神様の前でくじを引いて決めるということが行われていました。

「心をしずかにし、神様の言葉をきく」

という国の習わしがありました。

それが、人々の生活にもとけこんだのです。

その結果、神社のおみくじに発展していきました。

元三大師が参拝者に観音様の言葉を届けたい、というのがきっかけだったようです。
元々神社ではなく、お寺から広まったのは意外でした。

3・序列はあるのか?

◆7段階のおみくじの縁起の良い順番
大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶
◆12段階のおみくじの縁起の良い順番
大吉>中吉>小吉>吉>半吉>小吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶
基本的にはこの2通りといわれていますが、中には「半吉」「平」など、変わった結果がでるおみくじもあるようです。

4・その他、豆知識いろいろ

おみくじを木に結ぶ理由は?

神社で引いたおみくじが境内の木々に結ばれているのを目にすることが多くあります。これは、結ぶという行為により、木々の生命力にあやかり、「願い事が結ばれるように」という祈願が込められています。
ご神木を傷つけるのは良くなという理由から、おみくじを結ぶ行為を禁止しているところもあります。
木へのくくりつけが禁止の場合は・・・

木へのくくりつけが禁止の場合は・・・

このような、おみくじ専用のくくりつける場所が設けてあります。
適当な場所にくくったり捨てたりするのはやめましょう!
また、おみくじを結ぶ際、凶のおみくじが出たら、利き腕と反対の手で結ぶと困難な行いを達成できたことになり、凶が吉へ転じると言われ、現在でも受け継がれているのです。
凶が出るとショックを受けてしまいますが、これを知っておくと安心!?

引き直しはOK?

 ところがこのおみくじ、実は「引きなおし」が可能なことをご存じだろうか。引くのは一度だけとか、二度引くことまかりならん、などといった決まりはなく、納得する内容が出るまで引きつづけてもいいというのだ。かの明智光秀は、本能寺にて織田信長を討たんと出陣するときに「これぞ!」というおみくじが出るまで、3度も引きなおしたといわれている。
引きなおしがOKなのは意外な事実!
しかし一度だけ引く方が、運試しという感じがします。
明智光秀の人間味を感じるエピソードは、つい友達に話したくなりますね。

終わりに

結果に左右されてしまいたくなりますが…

結果に左右されてしまいたくなりますが…

最終的には、あなた次第ですよ。

凶が出ても

凶のおみくじだとしても、そんなに悪いことばかりが書かれているわけでは無いのです。
どうしたらいいのか、色々とアドバイスが書かれていたので、孫にはこうしなさいと言うことを叩き込んでおきました。
凶が出た、今後の人生はついてない・・・と決めつけるのではなく、
おみくじに書いてあることをしっかり読んでみましょう。
きっとあなたを助けてくれる道しるべとなるはず!
前向きな気持ちは運気を向上させてくれるかもしれませんよ。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP