縁起が悪い!受験や結婚式で言っちゃいけない【忌み言葉】

縁起のいい結果になって欲しい受験や結婚式で使ってはいけない「忌み言葉」って結構たくさんあるんです。知らずに使ってしまうと縁起のいい雰囲気が台無しに。「知らなかった!」ではすまされないので事前にしっかり知っておくことが大切です。

言葉には言霊が宿っている。

遠隔言霊ヒーリング | ヒーリングサロン 〜心と体に癒しを〜 (6348)

昔から言葉には霊魂が宿っているといわれています。いわゆる言霊と呼ばれているものです。これは日本人らしい認識ですね。それゆえに、言葉の使い方を間違えると、相手に誤解を与えてしまったり、不快な思いをさせてしまうことがあります。 
日本では古来より言霊(ことだま)って言葉が有るように人の口から発せられた言葉は意志を持って何らかの見えざる力を発揮すると信じられていましたから気持ちは分かります。

それに江戸っ子なんてのは験を担ぐから粋なので有りますから、ある意味では日本人古来から持って親しんでいるゲンかつぎを今でも信じているってのは日本の伝統や文化を継承することにも繋がるような気が致します。

昔から日本人は言葉には想いや魂が宿ると言われていました。

実現したい夢があったら声に出していってみるといいというのもそのためです。

毎日口に出してみることで言葉に魂が宿って実現するための行動につながるのです。

使っちゃいけない忌み言葉ってなに?

 (13126)

いみことば【忌み言葉・忌み詞・忌言葉】


信仰上の理由や,特定の職業・場面で使用を避ける言葉。不吉な意味の語を連想させる言葉が多い。例えば婚礼の際の「去る」「切る」「帰る」「戻る」「別れる」,お悔みの際の「重ねる」「重ね重ね」「返す返す」「再び」など。

忌み言葉は、平たく言ってしまえば「その場に相応しくない不吉な言葉」です。 主賓者様や関係者の方に失礼になり、イベント全体の雰囲気も悪化しかねません。 よく受験生の前で「滑る」や「落ちる」と言ってはいけないというのはまさに忌み言葉です。 特に、結婚披露宴やセレモニーなど、おめでたいイベントでは絶対に避けたいトラブルです。 経験豊富な司会・MCでも特に注意していますが、気にしだすと無限ともいえるほど存在するのが忌み言葉です。 代表的な忌み言葉を紹介していきますので、覚えておくとイベント参加時に便利です。
言葉には魂が宿るので実現したい夢があると口に出していってみるという反対のことがこれです。

縁起の悪いことばを口にすることでマイナスのことが起こると思ってしまうのです。

それが縁起のいい行事であればあるほど、言葉には気を付けなくてはいけないのです。

受験生に言ってはいけない言葉。

受験地獄からお受験へ /家計コラム 21世紀を生きる20世紀少年・少女  (6346)

受験激励時における忌み言葉は、相手に受験失敗を連想させるような言葉を指して言いますが、一般的に知られているものとして「滑る」・「落ちる」・「散る」・「転ぶ」などがあり、その他にも「消える」・「崩れる」・「壊れる」・「破れる」・「敗れる」などというものもあるようです。
受験激励時における忌み言葉は、相手に受験失敗を連想させるような言葉を指して言いますが、一般的に知られているものとして「滑る」・「落ちる」・「散る」・「転ぶ」などがあり、その他にも「消える」・「崩れる」・「壊れる」・「破れる」・「敗れる」などというものもあるようです。

励ましの言葉を始め、手紙を送ったり祝電を打つ時は、忌み言葉を避けたり、不吉な事象を連想させないような同意語に替えて激励の気持ちを伝えるようにします。

受験生はただでさえ、ナーバスになっています。

口に出していってしまい事で悪いことが実現してしまう・・・と思ってしまうのです。

受験は周りの人間にはどうすることも出来ません。

なので特に悪いことを安易に炒ってしまわないように気を付けて縁起のいい事を口に出すように

しましょう。

結婚式でも使ってはいけない忌み言葉がある。

素敵な結婚式を成功させる!たくさんの準備についてのまとめ | Marble[マーブル] (6347)

結婚式では、縁起が悪いといわれる忌み言葉は避けるように文章を作成します。
最近の若い人は、忌み言葉をそれほど気にしませんが、年配の方になるほど気になさる方が多いので、避けた方が無難です。

結婚式の言葉では「たびたび」「重ねて」「再び」など重なる言葉や、「別れる」「分かれる」「切る」「返す」「去る」などの言葉が避けられますが、招待状や席次表、席札で間違って使われやすい忌み言葉を紹介します。
縁起が悪い言葉や漢字は、ひらがなに置き換えたり、違う表現にします。

「たびたび」「重ねて」「再び」など重なる言葉は、「重ね言葉」といい、再婚を連想させる言葉として、忌み言葉のひとつになっています。
他にも、「重ね重ね」「重々」「再三」「再々」「度々」などがあります。

重ね言葉の本来の意味は、「言葉の意味を強める為」に同じ言葉を並べて使っているので、再婚とは関係がありません。
しかし、結婚式で忌み言葉を使うと、マナーを知らないと思われてしまう場合もありますので、避けた方が良いと思います。

結婚式ではスピーとを頼まれたりすることがあります。

大勢の前で、失礼なことを言ってしまわないように気を付けましょう。

やみ言葉をチェックするアプリやサイトもあるようですが、確実ではありません。

自信の無い方は、式場の方に相談するといいでしょう。

お祝い事には句読点を打たない。

 (13127)

招待状や席次表、席札の文章には「、」「。」などといった句読点を使いません。
「、」を使いたい箇所は、「 」(空白)にしましょう。

「お祝いごとには終止符を打たない」という意味があるので、句読点を使わないように、段落を変えた場合に文頭を一文字下げるのもマナー違反です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP