神社で見かける【宮司】になるにはどうしたらいい?

「神主さん」の呼び名でなじみ深い「宮司」というお仕事。実際はとても大変なお仕事らしく、苦労をしていることもあるそうです。そんな宮司の方々は身近なところで意外な副業をしていることもあり、もしかしたら皆さんもお世話になったことがあるかもしれません。

宮司とは?

Free photo: Shrine, Torii, Japan, Shinto - Free Image on Pixabay - 1605177 (6279)

神主という言葉から解説すると、神社神道の世界に「神主」という職業名は存在しません。神主さんと呼ばれている人たちは、神社神道では神職と呼ばれています。

お寺のお坊さんという職業名がなく、実際には「住職」「僧侶」と呼ばれているのとよく似ています。

宮司とは、その神社の責任者を務めている神職のことを指します。神社を会社にたとえるなら、神職は社員でその中の代表者が宮司という具合です。

つまり、宮司は代表者なので各神社に一人しかいません。逆にいえば、どんな神社にも代表者がいるはずなので必ず一人の宮司がいます。

実は「神主(かんぬし)」という仕事は存在していなかったというのは驚きです。
神主と宮司のどちらも神社の長という意味では変わりませんが、神社における立場とはまた別物です。

宮司=神主ではない

 (6287)

おおよそ神職は全国に約20,000人おり、そのうち宮司は約10,000人といわれています。
2人に1人は宮司ですので、「神主=宮司」と思われてもしかたがないことかもしれません。
2人に1人は宮司ですが、「神主」という呼び方は関東を中心とする呼び方で、
地方によっては「禰宜(ねぎ)さま」と呼ぶところもあります。
「禰宜」というのは神職のランクを示すもので、
神社を「会社」に例えると、「宮司=社長」「禰宜=副社長や専務クラス」といった具合です。
神職のランクについては次の項で宮司になる方法と合わせて紹介します。

宮司になるには相当難しい

Free photo: Read, Book, Boy, Child, Kid - Free Image on Pixabay - 316507 (6282)

実際に、神職になるには、その資格が必要とされます。資格には、階位(かいい)と呼ばれる五段階の位があり、「浄階(じょうかい)」をその最高位と位置づけ、その後、「明階(めいかい)」→「正階(せいかい)」→「権正階(ごんせいかい)」→「直階(ちょっかい)」へと続きます。
一般的な職位ですが、代表は皆さんもよく耳にする宮司(ぐうじ)。続いて、禰宜(ねぎ)で、最後に見習い的な出仕(しゅっし)となります。ただ、これも神社の組織レベルによって変わり、中には、宮司、禰宜の中間位にある副官的な存在の権宮司(ごんぐうじ)や、禰宜に続く権禰宜(ごんねぎ)と呼ばれる職位を設けている神社もあります。
神主になるにはいくつか道があります。ひとつは、高校を卒業して神道学科のある大学に入学する方法。もうひとつは宮司の推薦を受けて神主の要請過程を修了することです。
一般的に「親が神社の宮司だから自分が継く」というようなケースが大半です。
そのため、上記以外で神職に就きたい場合、
神職を養成する大学を卒業しなければ「宮司の推薦を受ける」という項目が非常に難しいと思われます。
資格を得ると、「明階」まで一気に飛ばして資格を取得できます。
また、親が神職であっても継ぐ気はなかったが突然何らかの理由で継ぐことになった場合は、
講習会で神職の資格自体は得ることができますが、低級の資格なのでその後はかなり苦労するそうです。

深刻な後継者不足

Free photo: Thailand, Enjoy, Park, Boys - Free Image on Pixabay - 1822451 (6289)

中には、過疎化や地域の氏子離れ(地域社会の形骸化)や、新興宗教の台頭などもあり、運営危機を迎えているところも少なくなく、サラリーマンや他の事業をやりながら、または、駐車場経営などの副業をやりながら神職を続けられる方も数多くおります。
明治時代、聖職者(神社の神職に限らず)に就いている者は「人を導く立場にあるのであるから、積極的に教化活動をするように」というおふれが出ため、教師になる人が多かったからです。「教化活動をしなさい」というおふれは後に下げられますが、今もその名残が残っているのです。
規模の大きな神社は神職のみで生活できますが、小さな神社になると副業をしていることも多いそうです。
全国で約8万の神社に対して宮司に従事している方は約1万人ですから、
単純計算で1人8社の神社を受け持っているというハードな現状もあります。
宮司は学校の先生を兼任していることが多く、
もしかしたら自分に教鞭をとってくださった先生も宮司かもしれませんね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP