【秋祭り】意外と知らないお祭りの起源と意味を知ろう!

秋のイベントと言えば、秋祭りがあります。実りの秋というように、実は豊作を祈願するお祭りなんですよ。そんな秋祭りの起源と意味を今回はご紹介します。また、秋祭りには有名で、たくさんの方々が見に来るものもあります。そのような、秋祭りも少しだけ紹介しますね。

豊作になるように願う祭り

無料の写真: 田んぼ, 稲穂, 農業, 農家, お米, 穀物, 実り, 秋, 日本 - Pixabayの無料画像 - 978737 (16485)

9~11月になると、各地で秋祭りが開催されます。
地域ごとに、特徴があってなかなか面白いお祭りですが実は意味はどこも共通なんですよ。
それは、秋祭りは「五穀豊穣祈願」の意味があって、豊作になるように願うものです。
ちなみに、夏祭りもありますが、こちらは疫病退散を願う祭りになります。
日本人は昔から農業を主に行う農耕民族 です。
また、主食に食べる米も、秋が収穫の時期なので秋にお祭りを行うことが重要でした。
秋祭りが多いのは10月ですが、地域によっては9月や11月にも行われます。
祭りの日は飢饉や日照りが続いたときに行われて、
そこから祭りの日として定着したケースもあるので、結構ばらばらになっているようです。

地域コミュニケーション手段としても重要だった

部下に飲み物をご馳走する気前のいい上司|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (16486)

実は地域の人々の間のコミュニケーションに、重要な役割を持っていました。
現代でも、意外と家が近い方でもたまに挨拶するぐらいで、付き合いはないのが多いもの。
ところが、祭りは準備があるので、他の方々とコミュニケーションを取る良い機会になるんですよ。
また、出会いの場としても機能しており、付き合いを広げる所でもありました。

全国各地に秋祭りがありそれぞれ地域差がある

時代祭 行列コースと時間 | 京都市観光協会 (16490)

京都で行われる秋祭りの時代祭。京都三大祭の1つで、歴史がある京都ならではのお祭りです。
農業は全国各地で行われていたので、秋祭りも同じく多くの地域にあります。
基本的にその地域だけのこじんまりとした祭りから、
別の地域からたくさんの人が訪れる大きなものまであるのが面白いところ。
また、同じ日本と言っても環境はかなりの違いがあり、
ある地域はびっくりするほど大雪が降るのが普通だったり、夏も冬も過ごしやすいところもあります。
そのような違いがあるので、秋祭りも豊作を願う基本は変わりませんが、それぞれ見比べてみると面白いですよ。

有名な秋祭りは?

全国各地で行われている秋祭り。有名なものは何があるのでしょうか?
数が多いので全部紹介することは出来ませんが、有名なものを少しだけご紹介します。

岸和田のだんじり祭り

やりまわし - 岸和田市公式ウェブサイト (16468)

 約300年の歴史と伝統を誇る「岸和田だんじり祭」は、元禄16年(1703年)、時の岸和田藩主岡部長泰(おかべながやす)公が、京都伏見稲荷を城内三の丸に勧請し、米や麦、豆、あわやひえなどの5つの穀物がたくさん取れるように(五穀豊穣)祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられています。
 当初の祭礼は、「にわか」や狂言などの芸事を演じ、その後に三の丸神社、岸城神社へ参拝したようである。
有名な秋祭りといえば、よく名前を挙げられるのが「岸和田だんじり祭」です。
大きな山車をたくさんの人たちで、勢いよく走りながら引っ張っていくのが特徴になっています。
例えば曲がる必要がある場合は、普通はゆっくりと方向転換しながら曲がっていきます。
ところが岸和田だんじり祭は、走りながら直角に向きを変えてさっと進むんですよ。
大きな山車が、勢いよく進んでいく様は圧巻です。

長崎くんち

長崎くんち | 浅草お祭りプラザ (16654)

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭。
 寛永11年(1634年)、二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。
 以来、長崎奉行の援助もあって年々盛んになり、さらに奉納踊には異国趣味のものが多く取り入れられ、江戸時代より豪華絢爛な祭礼として評判だったそうです。
 この奉納踊は、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
こちらの「長崎くんち」も、秋祭りとして有名です。
長崎は鎖国政策を取っていた江戸時代に、唯一貿易を行うことができました。
そのためか、当時主な貿易先だったオランダや、他にも中国など様々な影響が強く入ったお祭りになっています。
例えば中国で雨乞いの儀式として行われてきた龍踊や、御朱印船などといった奉納踊が特徴です。
日本に居ながら、異国にいるような色々な演し物が見れますよ。

まとめ

秋祭りのまとめ記事はいかがでしたか?
普段は楽しいお祭として参加したり見たりしていますが、起源や意味を辿れば豊作を願う重要なお祭りでした。
当時は飢饉が発生して、大変なことになっていたのでそれだけ重要なことだったんですよ。
現代では、そこまで重要ではないかもしれませんが、コミュニケーションの場として大切な機会です。
秋祭りの時期になったら、起源や意味を思い出してみてくださいね。
意味が分からなかった風習も、起源や意味から考えてみるとより楽しめますよ!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP