【気になる!】神社のしめ縄には重要な意味があったんです

神社でよく見かけるしめ縄。普段参拝の際何気なく見ているものですが、実はとても重要な意味があるものだということはご存知でしたか?そこで今回は、しめ縄の歴史と、そこに隠された意味をまとめてみました。しめ縄に使われる意外な素材もご紹介します。

しめ縄の意味

神社には、どうしてしめ縄が存在するのでしょうか?
基本的に、しめ縄(注連縄)には、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目も果たしているとのことでした。

その由来は、天照大神が天の岩戸から出た際に、再び天の岩戸に入らないようしめ縄で戸を塞いだという日本神話にあるとされ、「しめ」には神様の占める場所という意味があるといわれています。

また、神社は勿論ですが、山にある大きな岩や巨木、海の奇岩、湧水地などにしめ縄が飾られるのは、そこには神様が宿っているとされているからです。

二之宮神社参門のしめ縄が新調されました - 福崎町観光協会ブログ (3800)

「ここは神域だ」という事を指しているのです。
ただの飾りではなく、目印のようなものだったんですね。

太さはまちまち

私どもが神社に参拝するとき、鳥居や拝殿には注連縄が掲げられていても、注連縄にはあまり気づかないことが多い。
 しかし、よく見ると細いものから出雲大社のような太い物まで、太さにはまちまちであり、 太い方が右であったり左であったり、撚り方も左綯い右綯いと違いがある。
色んな種類があるようです。
出雲大社のとても大きなしめ縄は見るものを圧倒しますよね。
『参拝!飛行機で雨の出雲大社へ』 [出雲市]のブログ・旅行記 by domuさん (3806)

紙垂をつけるとさらに力が強まります

右下に垂れていくように作った紙垂を、注連縄の縄目に等間隔で挟み込みます。

数は3枚、5枚、7枚のいずれかが一般的のようですが、バランスをとるために4枚にすることもあります。

特に明確なルールがあるわけではないようですね。

紙垂はお清めの作用があるのだとか。
しめ縄につけると、神聖な力が更に強まりそうですよね。

しめ縄の由来とは

天照大御神

天照大御神

その由来はなんと神話にあります。
天岩戸伝説とは、昔、天照大神(あまてらすおおみかみ)は
弟である須佐之命(すさのおのみこと)が悪さや乱暴ばかりするので
怒って、天岩戸に隠れてしまいました。

太陽神である天照大神が姿を隠してしまうと
世の中が真っ暗になり、食物が育たず病も流行り
悪いことが次々と起こりました。

これに困って、八百万の神様は皆で集まり
天照大神を岩屋から連れ出す相談をしました。

神様たちは、外にいる私たちが楽しそうに歌って踊っていれば
何事かと覗くに違いないと考えました。

天照大神は岩戸の前で、何を騒いでるかと不思議に思い
外を見ようと岩戸から顔を覗かせたときに
天手力雄命(たじからおのみこと)が岩戸を開けて
天照大神を外に連れ出しました。

そして、もう二度と岩屋に入らぬようにと
岩戸の入り口にしめ縄をはったというお話です。

日本の国技でも使われる

相撲の縄も実は・・・

相撲の縄も実は・・・

実は横綱がまわしにつけている縄も、しめ縄なんです。
しめ縄は神域を意味するものでしたよね。
つまり、横綱は人でありながら神様に近い存在であることを示しているのです。
相撲が神聖なものであることがよく分かります。

2・何でできているの?

稲で作られることもありますが…

稲で作られることもありますが…

一般的なしめ縄の素材はあの、「大麻」です。
職人さんが丁寧に作っています。
素材は国産麻(大麻)の一級品
今色々と問題になっている大麻ですが、古くから日本では神聖なものだったそう。
麻の葉のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (3830)

神道においては大麻(おおあさ)は罪穢れを祓うものとされています。
そして、伊勢神宮のお札のことを「神宮大麻」と言い、大麻(おおあさ)とは天照大神(あまてらすおおみかみ)の御印とされています。
このように大麻草は精神的にも物質的にも、日本人のシンボルともいえる植物であり、桜が日本の国花とするならば、大麻草は日本の国草であるといって良いのです。
弥生人の着用していた服は麻だったと言われています。
麻の葉の家紋もありますし、麻の種は七味に入っているので今も食べることが出来ますよね。
大麻自体を神と祀っている神社もあるんです!
大麻と聞くと少しぎょっとしてしまいますが、昔から私たち日本人にとっては身近な植物なんですね。

3・それって合法なの?

大麻農家があります

栽培免許を取りたい方は、まず、農地の確保を行い、栽培目的を定めて、生産物の利用方法を明確化する必要があります。
農地と目的をはっきりと説明をすれば許可をもらえるようです。

終わりに

神社のしめ縄は人と神の世界の境界線のような、重要な働きがることが分かりました。
しめ縄の原料が、あの大麻だということには驚いた方もいるのではないでしょうか?
悪い話ばかり聞く大麻ですが、私たち日本人には意外と深いかかわりのある植物で
神事においても重要なものなんですね。
しめ縄について色々なことを知ると、神社という存在がさらに特別で神聖なものに感じます。
次の参拝では、しめ縄にも注目してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP