バレンタインの正しいマナーや知識を学びましょう

バレンタインと聞くとチョコレートを連想する方が大半だと思いますが、チョコレートを渡すだけがバレンタインではありません。実はバレンタインというものは国によっても意味も少し変わってきます。今回の記事では、『バレンタイン』について詳しく解説していきます。

バレンタインに渡すのはチョコでなくとも良い

 (35317)

バレンタインというものは日本人にも非常に馴染み深い大きなイベントの一つといえますが、学生の頃には手作りチョコを渡したり、どんなラッピングをしようかワクワクしたものですよね。しかし、渡す相手によってはチョコレートが苦手という方もいらっしゃいます。でも安心して下さい。バレンタインに渡すものとしては、何もチョコレートでなくても良いのです。バレンタインに縁起物を上司に渡したり、チョコが苦手な大切な家族には縁起の良いパワーストーンをプレゼントしたり…といったことも勿論OKなのです。要は、相手を想って贈るという『気持ち』が大切なので贈るものは何でもいいというわけですね。

日本と海外ではバレンタインの意味が少し違う

2月14日は言わずと知れたバレンタインデーですが、日本では主に女性から好きな男性へチョコレートを贈って自分の気持ちを伝える特別な日とされています。しかし、実はこの考え方は日本独自のものだということは意外と知られていません。海外でいうバレンタインとは少し意味合いが違うのです。では、そもそもバレンタインにはどのような由来があるのでしょうか。まず、私たちが住む日本での2月14日は『バレンタイン』ともいいますし『バレンタインデー』ともいいますが意味は同じです。女性が好きな男性へ愛を告白する日という意味合いが強く昔から知られています。しかし、外国では女性から男性へ…という性別は定められておらず自由です。日本でいうと恋人同士でクリスマスにプレゼント交換するようなイメージだというと分かりやすいかもしれません。大切な方へ気持ちのこもった贈り物をする日という認識が強いとされています。

内気な方も自然に告白できる

バレンタインに好きな相手にチョコレートなど贈り物を渡すというのは、普段話したことがない相手の場合だとすれば非常に緊張しますよね。早くその日が来てほしいと思う反面、ちゃんと渡せるかどうかと不安になる気持ちもあります。それぐらいバレンタインは大切な日とされているわけです。バレンタインもない日に突然手紙を渡して『気持ち悪い』と思われたらどうしようとか、友達経由で好きな相手の連絡先を聞き突然メールしたら相手はどんなふうに思うだろう…嫌われないか…とか、そんなことを考えたら積極的になれない場合だってあります。内気で人と話すことが苦手で、何かのキッカケでもない限り告白なんてできないという方は恋人づくりとは縁遠いでしょう。そんな方々の背中を押してくれるイベントがバレンタインとなります。

コミュニケーションの方法でもある

更にはコミュニケーションが苦手な方には、友チョコや義理チョコを通してコミュニケーションを図ることができるというメリットもありますよね。最近ではユニークなチョコレートや面白いバレンタイングッズが多く販売されています。通販なんかでも実に豊富なバレンタイン商品が販売されています。それを話のネタに、友達との仲直りの機会に…上司とのコミュニケーションの一環として…普段恥ずかしくて家族には言えないけれどバレンタインを通して自分の家族への気持ちを伝えるというのも良いでしょう。日本において義理チョコや友チョコという言葉は一般的になってきているので、この機会は是非利用したいものです。

海外の方への義理チョコは注意しよう

日本では愛情とはまた違った意味で日頃の感謝の気持ちを表す方法として義理チョコや友チョコなどといったチョコの贈り物をする場合もあります。しかし、日本以外の国では義理チョコというものに対して認識の違いがあります。大切な恋人以外に贈り物を渡すということは『浮気』と捉えられてしまう場合もあるのです。ですが、日本だけが世界と違うのかというとそうではあなく国によってバレンタインの意味が違うということになりますので渡す相手が海外の方なら、どこの国の方であるかによって正しい知識は必要となります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP