【大人女子のたしなみ】知っておくべき寺社仏閣での『基本マナー』と『NGマナー』

今、ひそかに熱い寺社仏閣巡り。あなたのお気に入りのパワースポットが見つけられれば気分も明るくなります。
自分が、元気になれるスポットは持っておきたいですよね。
しかし、マナーを知らないとパワースポットを見つけるどころか周りから白い目で見られてしまうこともあります。
今回は、大人女子のたしなみである、寺社仏閣でのマナーについてご紹介します。

基本の参拝マナー

 (16015)

・「神社」での順序

1.鳥居をくぐる際は、軽く一礼しましょう
2.参道を進むときは参道の中央以外を歩きましょう
3.手水舎で身を清めます。右手で柄杓を取り、水を汲み、左手にかけます。左手も同様に行います
4.最後に左手に水をため、口を洗う。残った水で柄杓の柄に水を流しましょう
5.神殿に進み、お賽銭を静かに入れましょう
6.一揖した後、 二礼(深く礼を2回)二拍手(手を二回叩き祈念をこめる)一礼(深く1回お辞儀をする)して終了です

・「お寺」での順序

1.山門で一揖しましょう
2.手水舎で身を清めます(神社と同様)
3.お線香をあげる
4.一揖した後、静かに手を合わせ祈念をこめましょう、一揖して終了です

やりがちな寺社仏閣でのNGマナーとは?

 (16025)

1.柄杓に直接口をつけて洗う

口を洗うのは、左手で水をすくって行いましょう。
直接、柄杓に口をつけてはいけません。
ほかの参拝者も使うものです。

2.おみくじを指定でない木にくくりつける

元旦など、おみくじを木にくくりつけてあるのを見かけますよね。
しかし、たくさんのおみくじは木を傷める原因になります。
必ず、所定のおみくじを縛る場所があるのでそちらに縛りましょう。

3.入ってはいけないところがある

「禁足地」というものがあるのをご存知ですか?
多くは、立ち入り禁止の柵が立っています。
しかし、SNSに載せたいがために、入ってしまう参拝者がいるのも事実です。

「禁足地」は、神聖な領域です。
「禁足地」には、ご神体が鎮まる場所であったり磐座があるなど、さまざまな理由があります。
中には入らないようにしましょう。

4.お寺の山門にある敷居を踏む

お寺の山門にある敷居は踏んではいけません。
山門は、私たちの世界と神聖な世界の境界線にあたるものです。
安易に踏みつけてはいけない部分です。
また、一般の家でも「玄関の敷居は家主の顔である。だから踏んではいけない」と言われますね。
それと同じという説もあります。

【豆知識】「拍手」の別名、知っていますか?

 (15835)

参拝の際の「拍手」のことを別名、「柏手」(かしわで)といいます。
参拝のときには、「パンパン!」と手をしっかり叩くのが良いとされています。
これは、神聖な空気を震わして、「今からお参り致します」の合図だそうです。
鈴を鳴らすのも同様の意味があり、神様を呼び起こすサインです。
しかし、熱が入るあまり長々とお賽銭のど真ん中を陣取ってはいけません。
終わったら、さっと場所を譲りましょう。

まとめ

今回ご紹介した内容はいかがでしたか?
参拝のマナーは知っていても、細かいところまでは知らない方が多くいます。
また、海外からの参拝客も多いため日本人として最低限の参拝マナーは知っておきたいですよね。
ほかの参拝者に心配りができる参拝者になり、寺社仏閣巡りを楽しみましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP