平清盛ゆかりの地に行ってみよう!~おすすめの寺社5選~

「平家物語」でも有名な平清盛は、日本人なら知らない人はいないと言っていいほどの武将です。平清盛にゆかりのある地は神戸、京都、広島などたくさんあります。中でも今回は清盛が力を入れていた神社やお寺について見ていきたいと思います。

厳島神社(広島県)

 (5907)

厳島神社は平清盛が造らせたといわれている寝殿造の神社で、海に浮かんでいるように見える大鳥居と神社がなんとも神秘的に見える神社です。潮が引いているときには大鳥居まで歩いて行くこともできます。
潮の満ち引きによって姿を変える世界遺産。他の神社では考えられない仕掛けをを作った平清盛の想像力には脱帽です。
海に建つ朱塗りの鳥居が印象的な広島県の「厳島神社」は、
日本三景の一つでもあり、世界遺産にも登録されている人気のスポットです。
実はこの厳島神社、平清盛とゆかりの深い場所なんです!

平清盛は厳島神社を信仰しており、数々の美術品なども奉納しています。
中でも国宝に指定されている「平家納経」は、
平家の繁栄を願って清盛、重盛、頼盛、教盛の4人によって1巻ずつ書かれています。
また、清盛は厳島神社の造営にも深く関わっており、
平安様式の寝殿造が取り入れられた造りを今も見ることができます。

六波羅蜜寺(京都)

 (5219)

平清盛ゆかりの地としても有名な西国三十三所巡りの十七番札所です。境内はあまり広くありませんが、宝物殿には教科書にも載っている空也上人の念仏像を拝観することが出来ます。
平安時代の末、平忠盛が軍兵を塔頭(たっちゅう=子寺)に駐留させたのをきっかけに、平清盛・重盛父子をはじめ、平家一門の邸宅が、広大な寺領内に築かれました。それで、平清盛は「六波羅殿」と呼ばれました。
平清盛は「六波羅殿」と呼ばれ、六波羅に邸宅がありました。
その邸宅のそばにあったのが六波羅蜜寺です。
清盛全盛期には、六波羅蜜寺の寺領内に平家一門が軒を連ねていたと言われています。
その数なんと5200というのですから、平家の繁栄ぶりがうかがえます。
境内には「平清盛公乃塚」や「平清盛坐像」があります。
坐像は重要文化財に指定されており、教科書に載っているので写真を見たことがある方も多いと思います。

若一神社(にゃくいちじんじゃ)(京都)

 (5226)

1165年に、平清盛が鎮守社として紀州熊野よ観請したことが始まりです。 境内には、大きな楠の老木があり、平清盛が植えたと伝えられています。また、平清盛が熱病時に体を冷やしたと伝えられている御神水もあります。
「平清盛公西八条殿跡」の石柱が目にとまり立ち寄ってみました。

石柱が建立されている場所を確認すると、平清盛が創建した社であることなどが分かりました。

六波羅に住んでいた頃、熊野詣でに行った平清盛がお告げを受けて別邸の敷地内を探したところ、
「若一王子(熊野権現の第一王子)」のご神体を見つけました。
そこで別邸の敷地内に社を作ってご神体をお祀りしたのが、若一神社の始まりだと言われています。
その後清盛が太政大臣になったため、開運出世のご利益があると人気です。

「清盛公西八条殿跡」と書かれた石碑がある他、
清盛自らが植えたとされるご神木の楠、開運出世のご利益があると言われ、
平清盛が熱病の折に体を冷やすのに使われたというご神水、寵愛を受けていた祇王の歌碑などがあります。

北野天満宮(神戸)

 (5259)

神社そのものは、大きくないですが平清盛が都を神戸(福原)に移したときに、造ったという由緒ある神社で、この神社があるから、この辺りを「北野」と呼ぶようになったのだとか。
平清盛が京都から神戸に遷都し、「福原の都」をつくる際に、移転された起源をもつそうです。かなり急な階段を上っていくと、お宮だけでなく、風見鶏の館や、神戸市街が見渡せるベストスポットにもなっています。
福原遷都の折、新しい都福原の繁栄を祈って平清盛はいくつもの神社を建立しました。
その一つが北野天満宮で福原の鬼門を護るために建立されました。
京都の有名な北野天満宮を勧請したもので、祭神は京都と同じ菅原道真公です。
恋愛成就のパワースポット「かなえ鯉」があることで有名です。
また、高台にあるため神戸の街並みを見下ろすことができ、
重要文化財に指定されている「風見鶏の館」を見ることができる眺望の良さでも人気です。

能福寺(兵庫県)

 (5270)

天台宗の仏教寺院で、平 清盛が出家した寺と言われる”能福寺”
境内には平 相国廟とする清盛の供養塔がある。
また、境内の中央には「兵庫大仏」と呼ばれる
このお寺は平家一門が福原京遷都の計画をした時の祈願寺でした。平相國(平清盛)廟があり、十三重の供養塔が建っています。
能福寺は平清盛ゆかりの深い寺として有名です。
平清盛が出家したのがこの能福寺で、福原遷都の際に平家一門の祈願寺に定められました。
清盛の墓所である「平相國廟」もあり、清盛塚と同じ形の十三重石塔があります。
また、日本三大佛に数えられる兵庫大仏を見ることができます。

いかがでしたか?

平清盛ゆかりの地、その中でも特に平清盛の信仰が深かったり、
平清盛によって建立された神社・お寺をご紹介しました。
平清盛は信仰心が篤く、他にもゆかりのある寺社がたくさんあります。
調べるとたくさん出てきますので、その足跡をたどってみるのもよいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP