仕事で大活躍!縁起茶として茶柱が喜ばれる理由とは?

お茶はとても体に良いもので、昔から日本人が愛飲してきたものです。それだけに、縁起物の例えとしてもお茶はよく使われます。「茶柱が立つと縁起がいい」と聞いた事がある方は多いと思います。そんな縁起茶について調べてみました。

お茶は元々縁起が良い飲み物

 (12896)

お茶は贈り物としてよく選ばれる商品です。
ではなぜお茶は喜ばれるのでしょうか?
調べてみると、お茶にまつわる縁起には色々ありました。
ここではその点について紹介してみます。
昔の人が感じていたお茶と生活文化との関係を知れば、きっとさらにお茶が美味しくなると思いますよ。
◆大福茶
京都を中心とした関西地方や煎茶道をたしなむ方には、お正月の「大福茶」は欠くことのできないものです。空也上人ゆかりの寺「六波羅蜜寺」では、正月三ヶ日大福茶がふるまわれ、飲めば一年の悪疫から逃れられるといい大勢の参詣者で賑わいます。
大福茶の由来は 、村上天皇の治世に京に疫病が蔓延し、六波羅蜜寺の空也上人が大ぶりの茶碗に梅干を入れたお茶をふるまったところ疫病が下火になり、その後村上天皇が正月元旦に同じお茶を服して人々の無病息災を祈ったということです。王が服す茶で「王服茶」、これが「大福茶」になったようです。
煎茶に梅干、結び昆布を入れ家族一同うちそろっていただく縁起茶ですが、新春を寿ぐにふさわしいものです。

◆茶柱が立つ
古くから、湯飲みの中にお茶の茎がタテに立って浮かんでいると吉事の前ぶれと言い伝えられています。迷信といえばそれまでですがちょっと嬉しい縁起かつぎです。最近では急須の網目がかなり細かくなり、そのような機会がなくなったのは残念です。

おせちや七草粥などお正月の定番フードは多くありますが、お正月だけに飲む特別なお茶があるのをご存知ですか?

その名も「大福茶(おおぶくちゃ)」です。

見るからに縁起のよさそうな名前です。平安時代からある縁起物のお茶で、読み方は「おおぶくちゃ」や「だいふくちゃ」などと呼ばれています。
主に京都など関西で年の初めに新年の喜びと、その年の無病息災を願って飲む縁起のよいお茶で、お正月だけのスペシャルなお茶です!

茶柱が立つとなぜ縁起が良いのか?

茶柱が立つと縁起がいいことについては、色々な諸説があるらしいですね。
基本的に良いことばかりで悪いことは聞きません。
そういえば最近は急須に網が付いているせいなのか、茶柱になるであろう茎が出てこないのが残念です。
今の若い子は茶柱そのものを知らない可能性もあり、網で便利になった分残念ではありますね。
 (10486)

『茶柱が立つと縁起がいい』とは、番茶などをいれた時に、茶碗の中に縦に浮かぶ茶の茎が立つ事で、俗に 吉事の前兆といいます。
茎の部分が湯のみに入ることが珍しいことなので吉兆と言われるようになったらしいです。
また「柱が立つ」という言葉自体も、柱=家の中心を成すもの=それが立つ=良い事という関連性もあるという事です。
ちなみに「朝の茶柱は縁起が良い」という時間限定ルールを加えた言い伝えもあります。
しかし、一般的には四つ葉のクローバーの件と同じような言い伝えです。
茶碗の中で茶柱が立つことはたいへん珍しいことから縁起が良いとされているようです。
朝の茶柱は知りませんでした。地方限定なのでしょうか?
大きくはみっつの説に分けられるようだ。

ひとつは「単純に珍しいから」説。茶柱とは、茶葉の茎の部分。第一に、細かく砕けた茶葉ならまだしも、茎が急須の網の目をかいくぐり、湯のみに入ること自体が珍しい。そのうえ「立つ」となると、なかなかお目にかかれるものではない…ということで、吉兆だとされるようになった、というのが分かりやすい説だ。

ふたつめは「なんにしても“柱が立つ”のは縁起がいい」説。家の柱=大黒柱が立つ、という連想から、一家の安寧や繁栄につながる、と考えられるようになった、とする向きも多いみたい。

みっつめが、「いま流行りのステマ(ステルスマーケティング)」説。「二番茶」が売れ残ることに悩んだ商人が「縁起ものにすれば売れるんじゃないか?」ということで流した噂が広まった…という説だが、なるほど二番茶は、成長した葉を使うため、茎が多く混じりがち。茶柱が立ちやすい、ということだ。

3つも説があるなんて知りませんでした。驚きでした。

必ず茶柱が立つ面白いお茶もある

日本は色々な商品を開発しますが、こんなものもあるんですね。
プライベートやビジネスなどで大いに使えそうです。
 (12897)

粉末緑茶は国産の一番摘み茶葉を使用し、すっきりした味わい。2010年「世界緑茶コンテスト」で金賞を受賞したお茶で、2013年12月26日フジテレビ「グッジョブ!」でも紹介されました。おめでたい席や、記念日、げんを担ぎたいテストや試合の前など、大切な時と場を演出するお茶としてご愛用ください。製造元 : 縁起茶本舗
今は急須に網が付いている時代です。
縁起物を復活させる取り組みとしては面白いと思います。
 (12899)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP