墓石の値段はどのくらい?墓石の値段の仕組みを知ろう

お墓を作るときに悩みの種となるのが「墓石」です。墓石にかかる金額は、幅が広くどのくらいがいいのかわかりませんね。そこで、平均的な相場を調べました。墓石の値段の仕組みについてもまとめています。墓石を選ぶ前に、値段の仕組みと相場を調べてみましょう。

墓石の値段の相場は?

墓石|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12479)

墓石の値段の相場はどのくらいでしょうか?
地域によって金額が違うと聞きますが、どのくらい違うのでしょうか?
お墓を建てるには、墓石と墓地が必要です。
全国平均の価格は、以下の通りです。(鎌倉新書様のアンケート調査を参照)
全国平均価格
墓石 約135万円
墓地 約77万円
全国のお墓の平均価格は約135万円!

(東日本146万円・西日本124万円/(株)鎌倉新書「月刊仏事」調べ)

これはあくまでも墓石代のみの相場で、お墓を建てて維持するには墓地の使用料や管理費などが必要になります。

東日本と西日本での差額は、22万円でした。
墓石だけでこれだけ違いがあると、総額の費用も変わってきますよね。
自分の住んでいる地域での相場もチェックしてみましょう。

墓石の値段の仕組みとは

打ち合わせ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12458)

墓石を選ぶときに、困ることとして「墓石の値段がわかりにくい」ということがあります。
墓石の値段はどのようにして決まるのでしょうか?
墓石の金額が決まるポイントをまとめました。
広さや場所・石材店について・石の値段を順にみていきましょう。

広さと場所

お墓の値段の基準となるのは、第一に広さです。

お墓の広さというのは、墓石の大きさではなく、墓所(個人で持っているお墓の敷地)の広さのことです。なぜ広さによって変わるかというと、お墓にも基礎工事が必要だからです。

次に場所です。まったく同じお墓を作る場合でも、区画整理された墓地と、山間部にあるような墓地では、費用が変わります。

区画整理された墓地であれば、工事に必要な部材や機材、石材の運搬もトラックなどで比較的簡単に行えます。ところが、山奥にある墓地や車が入れない寺院などでは、墓地まで石材などを搬入する通り道を確保することから始める必要がありますし、その運搬の費用もかかります。

墓石の大きさだけではなく、お墓を立てる場所の広さも値段に反映されるんですね。
墓地が広ければその分、基礎工事も広くなるため、金額が高くなるようです。
作業する場所や運搬方法なども金額が左右される要因になりますね。

石材店の指定があるかどうか

お墓を建てる費用、墓石の価格を、最も左右するポイントの一つは、石材店が指定されているかどうか(指定石材店の有無)です。なぜかというと、石材店が指定されている(この石材店に依頼をしてくださいという決まりがある)場合は、自分で選んだ石材店で、自由に比較検討することが難しいからです。
石材店の指定があれば、してされた石材店で墓石を選ぶことになり、墓石の金額もある程度決まってきます。
石材店の指定がなければ、自分で自由に石材店を選ぶことができるため、複数の石材店で比較することが可能です。
お店の指定があるのとないのとでは、墓石の金額にも差が出てくることが分かりますね。

石自体の値段

コンクリートブロック|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12449)

石材の費用を決める、5つの要素は以下の通りです。

石材の量・・・お墓に使う石の量が多いほど高く、少ないほど安い
石材の種類・・・希少な石材ほど高く、たくさん採れる石は安い
加工の場所・・・日本国内加工は高く、中国加工は安い
加工の形状・・・複雑な形状ほど高く、簡単な形状ほど安い
仕入れルート・・・中国の工場から直接仕入れた方が安い場合が多い

凝ったデザインであればその分金額が高くなり、使う石の量が多ければ金額も高くなります。
石を仕入れるルートによっても、値段が変わるためあらかじめ、どの仕入れルートを使うのかを確認しましょう。
いかがでしたか?
墓石の値段=石の値段と考えがちですが、石の値段だけで金額が決まっているわけではないんですね。
工事や仕入れルート・石材店の指定など、様々なことが絡んで金額が決まっています。
墓石を選ぶときには、こうした部分の金額もしっかりチェックしておきましょう。

洋風デザインの墓石の値段は?

墓石|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12109)

最近、よく見かける墓石のデザインに洋風デザインがあります。
和風よりもおしゃれな感じを受けますよね。
洋風デザインのお墓について少しまとめました。
小さいスペース、少ない墓石量で建墓ができる。
外柵工事や土盛りを必要としない場合が多いため、和型に比べ低価格。
形式に「オルガン型」と「ストレート型」「プレート型」などがある。
自由な形式のお墓に合う。オリジナルの文字やレリーフ彫刻をしたい方に人気。
色や種類を問わず幅広い石種に合う。
洋型といっても、現代の欧米のお墓を真似したものではなく、 明治時代に、日本で無くなった外国人が建てたお墓を参考に、 日本流にアレンジしたお墓のデザインが洋型墓石です。 最近よく見かけるようになりましたが、背が低くて横に長いお墓のことです。 洋型墓石は見た目がモダンで、お墓としての格調も高いと言われていて、 近年では、日本の伝統的な和型の墓石ではなく、洋型の墓石でお墓を建てる人も増えています。
洋風のお墓は背が低いため、石を多く使いません。
そのため、背が高い和形のお墓よりも値段が安く済むようです。
工事費用や運搬の費用も合わせて考えると、総額も抑えられそうですね。
墓石の値段まとめ、いかがでしたか?
墓石の値段が決まる仕組みは少し複雑ですが、石だけでなく工事費用も含まれます。
細かな金額を把握するためにも、お墓を選ぶときには、内訳金額も確認しておきましょう。
洋風デザインのお墓は、和形のお墓よりも低価格です。
お墓を選ぶときの参考にしたいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP