【女性のためのパワースポット】「河合神社」で美人祈願♪

下鴨神社の第一摂社である河合神社。何と言っても美人祈願で有名です!そのため、数ある寺院がひしめく京都でも、注目のパワースポットとして知られています。「鏡絵馬」に「美人水」など、ご利益を得たいポイントがいっぱい♪しかも、サッカーの神様としても人気なんです!

◆河合神社の由来♪

ユネスコ世界文化遺産でもある下鴨神社。
その第一摂社である河合神社は、下鴨神社の摂社の中でも一番大きい事で知られています。
現在、河合神社の表門に使われている「桧皮葺」の屋根は、
元々下鴨神社の社殿に使われていた物を移築しています。
美人になれるパワースポット♡絵馬に顔!?京都の河合神社をご紹介 | icotto[イコット] (10789)

【基本情報】
住所:京都府京都市左京区下鴨泉川町59
電話:075-781-0010
時間:6:30~17:00

【料金】
拝観料:境内無料
鏡絵馬:800円
美人水:350円

下鴨神社の境内の南側に位置する。
正しくは「鴨河合坐小社宅(かものかわあいにいますおこそやけ)」。

祭神は玉依姫命(たまよりひめのみこと)。
神武天皇の母親であり、子供の成長を守る女性の守護神であることから、
安産・育児・縁結び・学業・長寿の神様とも言われている。

もとは賀茂川と高野川が合流する地域である只洲(ただす)の河原に祀られたことから、
河合神社と呼ばれるようになる。

◆メイクアップして奉納する「鏡絵馬」♪

河合神社を訪れるのは、圧倒的に女性が多いそうです。
その理由は、女性の守護神である「玉依姫命」が、御祭神として祀られているからでしょう。
日本第一美麗神とも呼ばれています。
美しくなりたい!という女性はもちろん、良縁や安産、育児などの祈祷に訪れる女性も多いとか。
美人になれるパワースポット♡絵馬に顔!?京都の河合神社をご紹介 | icotto[イコット] (10800)

【アクセス】
・京阪電車「出町柳駅」下車、徒歩約10分
・市バス「下鴨神社前」下車、徒歩約5分

【駐車場】
300台、150円/30分

ご祭神は女性の守護神である玉依姫命が祀られています。
古くから女性の美の神様として信仰されており、安産・育児・縁結び・学業・長寿の神様ともいわれています。
河合神社の絵馬は、日本古来の柄鏡の形をしている珍しい「鏡絵馬」です。顔の描かれた表面は、自分の顔と見立てて、自分のメイク道具で願いを込めて化粧します。(化粧品がなくてもクレヨンが用意されています。)
裏面には、願い事を書きます。

◆美肌が叶う!?「御白石」♪

美肌になれると言い伝えられている「御白石」。
まさに、女性のためのパワーストーンと言えるでしょう。
美肌は、美人の必須要素!
透明感のある色白美人は、いつの時代も憧れの的です。
とはいえ、最近では男性の参拝客も増えているんだとか。
今どき男子は、美容にも興味があるようですね♪
「鏡絵馬」で美人祈願!女性の為のパワースポット!〜京都・河合神社 | 京都府 | トラベルjp<たびねす> (10790)

さて、「鏡絵馬」を奉納する時、祭壇前の鏡に自らの姿を映して祈願する・・・という手順を先ほどご紹介しましたが、その時鏡の下にある石に目が入るはず。

それは「御白石(おしらいし)」と書かれた白い石です。この石を手で触って、その手を顔にスリスリすると・・・。この石のように白い美肌をゲット、美人になれるとのご利益が!

美人パワーストーン「御白石」、忘れずにお詣りしましょう!

◆かりんのパワー!「美人水」♪

ビタミンCやポリフェノールを含む「かりん」は、美肌に欠かせないスーパーフードとしても人気。
肌再生のサイクルを整え、保湿力の向上が期待できます。
ほんのり甘く爽やかなのど越しなので、男性にも人気なんですよ♪
河合神社、美人の聖地と言われるスポットでお化粧した鏡絵馬を奉納する旅 | ニホンタビ (10787)

【河合神社休憩所】
営業時間:10:00~16:00
定休日:不定期
美人水:350円
境内には「氷菓 美人水」と呼ばれるものも。他にも「かりん美人水」という水まであります。下鴨神社には「花梨(かりん)の庭」と呼ばれる庭があり、毎年秋になるとたくさんの花梨(かりん)が実をつけると言います。そしてこのかりん美人水は、その花梨(かりん)と下鴨神社の清らかな水を合わせた飲み物なのだとか。ビタミンCやポリフェノールを多く含んでいるというこの美人水は、このスポットを訪れる女性たちの定番的な水になっているそうです。

◆サッカーの神様♪

知る人ぞ知るサッカーの守護神「八咫烏(やたがらす)」。
ワールドカップなどの大きな試合の前には、参拝客も増えるんだとか。
もちろん、日本サッカー協会のシンボルにもなっています。
エナガ先生の講義メモ : 下鴨神社の境内摂社①河合神社(左京区・下鴨泉川町) (10793)

また、河合神社はサッカーの神様としても知られています。
河合神社の境内にある任部社(とべしゃ)では、蹴鞠の祖神とされる「八咫烏(やたがらす)」を祀っています。
八咫烏はサッカー日本代表のユニフォームなどに描かれている三本足の大きなカラスです。
八咫烏は賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)の化身といわれており、日本神話にも登場します。
ちなみに八咫烏の三本足は天と地と人を表していると伝えられます。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP