秋9月の【お彼岸】の豆知識とお供え物のセレクト集

9月は「お彼岸」ですね。でも由来や、お供えする物のこときちんと知っていますか?いまさら聞けないことも、解決してしまいましょう。仏様、ご先祖様のことを想う、大切にしたい日本の行事です。ぜひ、ご覧ください。

◇9月 秋のお彼岸とは

遠野の荒神神社と黄色の稲穂|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (16651)

彼岸は雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)である。俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされている。
彼岸会法要は日本独自のものであり、現在では彼岸の仏事は浄土思想に結びつけて説明される場合が多くみられる。
祖先を想う行事として古来から親しまれてきました。
日が真東よりのぼり、真西に沈むという春分の日と秋分の日を、
極楽浄土(西方浄土)につなげ考えたのが彼岸の帰来と言われています。
阿弥陀如来の浄土が西の方にあり、この時に供養することで、仏様が極楽浄土へ行けると考えられていました。
このように彼岸の由来や意味について考えることも、面白いですね。

◇お彼岸の準備

供花 デラックス【供花・胡蝶蘭 net】 (16653)

お仏壇、仏具の掃除
●お墓の掃除
●供花やお供え
果物・菓子などの他、精進料理をお供えする。
秋は萩の花にちなんでおはぎと言います。

お彼岸でお参り出来ない、他家に伺う場合
現代では現金を包むことを指す「お香典」ですが、本来はお香(お線香)を届けたことに由来します。 お仏壇やお墓にお参り出来ない時や、他家に伺う時はお供えの他にお線香を届けましょう。

秋のお彼岸は「おはぎ」、春のお彼岸は「ぼたもち」です。収穫時期の関係があり、秋はつぶあんになります。
昔は甘いものは贅沢品で高級なものでした。
また、赤色は邪気を払うものとして考えられていたので、先祖供養のため、家族のために使用されてきたのです。
そんな思いのこもった「おはぎ」や「ぼたもち」は、きれいに掃除されたお仏壇やお墓にお供えするようにしましょう。

◇こだわりのおはぎ

【楽天市場】送料無料、おはぎ・10個【御萩】:福餅・林餅店 (16639)

おはぎつぶ餡、おはぎこし餡、黄粉おはぎ、ごまおはぎ、ワカメおはぎ
おはぎは5種類です。
餅生地はこだわりの「かぐらもち」で作っています。
胸焼けがしません。甘くない甘さが売り物です。

レビュー
お彼岸の中日に合わせ二軒へ贈りました。大きなおはぎが10個、綺麗に箱に詰められ届いたようです。美味しく食べられる手順が書かれたモノも入っていて、好きなときに好きな数だけ食べられる(*^_^*)と喜んで貰えました。

十勝おはぎ6個入(冷凍) の通販・お取り寄せ (16641)

所謂しつこい甘さではなく、控えめで食べやすい甘さで美味しいです♪
また、ボリュームたっぷりの大きさで、食べ甲斐もあって嬉しいです。普通タイプのあんこのおはぎと、きな粉タイプの2種類が入っているので、味の変化がある点もいいですね。
冷凍で届くので、一ヶ月ほどの保存がききます。3時間程かけて自然解凍すれば、出来立ての美味しさが味わえます。
和風のお菓子が食べたいときは勿論、お彼岸、手土産等にも良さそうです。
お彼岸にお供えする「おはぎ」にはこだわりたいもの。せっかくだから人気のものを選んでみてはいかがですか?
お彼岸に合わせて、親族へ贈るなら美味しいものがいいですよね。
みなさんに喜ばれる、そんな「おはぎ」をセレクトしてみました。

◇お線香の贈り物

-お彼岸にお線香をあげても大丈夫?

別に失礼には当たらないと思います。
ただ、できればスーパーなどで売っているお線香よりも、仏具店で売っているお線香のほうが少々お値段は高いかもしれませんが、きちんとしていていいかもしれませんね。
きちんと桐箱に入ったお線香を我が家でも戴いたことがあります。
やはりスーパーで買うものと違い、お線香の香り自体が違いましたよ。
人様に差し上げるもの、ご先祖様にお供えするものですから、
せめて専門店で売られているお線香にするといいですね。
お彼岸はもちろん、常に必要なものですから頂いても困らないのではないでしょうか。
お線香にはいろんな種類があるので、探してみるのも楽しいですよ。
香十オンラインショップ / 嵯峨野 桐箱進物 三種揃え(山桜・蝋梅・紅葉) (16648)

嵯峨野 桐箱進物 三種揃え(山桜・蝋梅・紅葉)
いにしえの京の都の西に広がる清雅の地、嵯峨野。山ふもとの清流、水面よぎるのの風、竹林のそよぎ、歌に詠まれ「源氏物語」の美しい舞台となり千余年の風情たたえる日本の心の原風景です。
その名のお線香「嵯峨野」は日本の香りの名品。
雅のお香想わせつつも心静かに祈りに供える香十謹製のお線香です。
桐箱に入っているのは高級感がありますね。
ほのかな香りが漂い、異なるフレーバーを楽しめるのも嬉しい心遣いです。
煙の少ないもの、優しい香りのものなど、多種多様あるのでお相手のことを思い選びたいものです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP