【端午の節句】どんな料理でお祝いする?代表料理5選!

端午の節句といえば、国民の祝日の「こどもの日」になっている日本の行事の一つ。さまざまある国民の祝日の中でも、男の子の初節句にもなっているとても重要な日です。そんな端午の節句ではどんな料理を用意すればいいのか?をまとめてみました!

端午の節句とは?

端午の節句の意味や由来!なぜ【鯉のぼり・兜・鎧・菖蒲・ちまき・柏餅】 – 豆知識PRESS (31985)

端午の節句は五節句の一つで、日本では奈良時代から伝わる風習です。

端午の端は月の端(はし)で始まりという意味です。

すなわち端午とは、月の始めの午の日のことを言い、必ずしも5月に行われる行事ではありませんでした。

しかし、午(ご)が五(ご)に通じることから毎月5日を指すようになり、さらに5が重なる5月5日を端午の節句と呼ぶようになりました。

5月は悪月(あくげつ)、物忌みの月とされ、その邪気を祓うために菖蒲を浸した酒を飲んだり、蓬(よもぎ)を軒につるして粽(ちまき)を食べたりしました。
「端午の節句」は5月5日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。
また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります。
元々「端午」というのは月のはじめの午の日という意味であり、
その午が五に通じ、五月五日に端午の節句のお祝いがされるようになったんですね。
悪月とされていた五月の邪気を払う為に菖蒲やよもぎが使われるようになったというのも
先人の知恵の深さをしみじみ感じますね。
ではそんな端午の節句に食べると縁起の良い食べ物は?

お食い初めの魚は鯛?意味や選び方、値段、注文方法は? - こそだてハック (31988)

日本人ははるか昔から鯛を食していました。縄文時代から食べていたという文献もあります。また、神話や万葉集にもたびたび登場しています(当時はたいらうおと呼ばれていました)
当時から赤色は邪気を払う色とされてきました。神社の鳥居が赤いのもこのためです。
お祝い事に「鯛」というのは誰もが思いつく代表料理ではないでしょうか?
多くの人が語呂合わせの「めでたい」を思いつくと思いますが、実は赤い色の方に色々な意味が隠されていたのですね。縄文時代から食されていた文献もあるとは。縁起物の料理の代表格です。

柏餅・ちまき

 (31991)

ちまきをいただく習慣は歴史が長く、その発祥は古代中国の故事に由来しています。中国で、ある政治家の命日(5月5日)をとむらうために、楝樹(せんだん)の葉でもちを包み、捧げたことが始まりだといわれています。
柏は古くから神聖な木とされてきました。また、柏の葉は秋に枯れてから春に新芽が育つまで落ちることがありません。

このことから、男の子の成長と子孫繁栄の縁起をかついで、端午の節句に食べられるようになりました。

古代から人々は植物の力を生活に上手に取り入れてきています。
そんな先人の知恵を生かされた縁起物料理、是非とも子どものお祝い事に取り入れたいものですね!

海老

Instagram (31993)

「海老」の文字は海の老人を意味する当て字。平安時代にはすでに使われていました。
長くのびたひげと姿から「腰が曲がるまで元気に長寿を全うする」という願いを込めてお祝い料理に使われます。
中でも伊勢海老は、硬い甲羅がまるで鎧のようでひげも立派なので昔から祝い事に欠かせないものでした。鏡餅など、お正月飾りにも使われていますね。
色も形も派手で鮮やかなひげつきの有頭海老は、お祝いの雰囲気もぐんとアップしますね。

たけのこ

Instagram (31995)

『竹』の字を含む縁起の良い言葉にご存知『松竹梅』がありますよね!
もともとは中国の歳(さい)寒(かんの)三友(さんゆう)が日本に伝わったとされています。
歳寒三友とは、冬の寒さの中で耐える3種の植物のことで、松竹梅ことを指します。中国の宋代の文人が 描いた画題の竹・梅・蘭・菊・松などの中でも、松と竹は寒中にも色褪せず、また梅は寒中に花開くことか ら、これらは「精錬潔白・節操」という、文人の理想を表現したものとして好んで描きました。
やがて室町時代に日本に伝わり、日本では松は1年を通して緑を保つことから『長寿』の象徴として、竹は 真っ直ぐ勢いよく伸びることから『成長力』や『出世』の象徴として、梅はいち早く花を咲かせることから『生 命力』の象徴として縁起が良いとされ広まりました。
 (22003)

高知の特産品のたけのこ寿司!
これは端午の節句のお祝い料理にぴったりですね!
筍寿司というものは、筆者は初めて見ました!
これは竹の形そのものを残し、メイン料理にもなりそうなとても素晴らしい一品ですねー!

レンコン

野菜・レンコン|農畜産物紹介|食と農業|JAさが 佐賀県農業協同組合 (31998)

今では、レンコンはその効能だけでなく、穴がたくさん空いていることと掛けて、先(将来)が見通せるなどの意味を持つようになり、

また、人生の節目を無事に迎えるという意味で、
「節目れん根」は、 明るい未来を願うおめでたい縁起物のなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
端午の節句のお祝いに食べられる、縁起の良い代表的な食べ物を由来と共にまとめてみました。
どれも子どもの成長を祝った食材。由来を知ると、その行事の意味がよりいっそう心のこもったものとなりそうです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP