歩く街「京都」をさらに堪能したいなら!”宿坊”と呼ばれるおすすめ宿ベスト3♪

民宿や旅館、ホテルには旅行などで宿泊されたことがある人も多いとおもいますが、「宿坊」という種類のお宿はご存知ですか?ここ最近、「宿坊」に宿泊する観光客や外国人観光客が増えてきています。宿坊とはいったいどのようなお宿なのか、またおすすめの宿坊についてご紹介します。

「宿坊」と言われる由来は?

 (16830)

最近、女性に人気が上昇中とも言われている宿泊宿の「宿坊」。初めて耳にする方もいらっしゃるかも!簡単に説明してみると、書いて字の如く、「坊主の宿」とも解釈できます。

その昔、修行をしながら歩いていた僧呂たちが宿泊するために泊まっていた寺院やお宿を指していました。しかし平安時代に入り寺社を参詣することが普及し、貴族や武士以外に一般の参拝客も宿泊するようになってきました。(ちなみに僧呂専用の施設を僧房と言います)

その後江戸時代には現在でも行われている、お伊勢参り、金毘羅参り、四国八十八箇所参りなどを参拝する巡礼者の為の宿坊などに変わってきました。

なぜ、外国人観光客に「宿坊」が人気なのか?

 (16831)

ここ最近、日本に旅行に来る外国人観光客が毎年増加しているのはご存知かと思います。私達も同じですが、旅行を少しでも安く楽しみたいという時に選択する方法の1つに、宿のランクを下げたり安めの宿にしたりしますよね!

外国人観光客が思うことも同じようで、泊るのが目的というよりもどこに行くのか?などを重視しているように感じます。またその中には、日本の文化を少しでも知るために、わざわざ「宿坊」や「古民家」などの宿を選ぶ傾向にあると言います。

旅行でどこに重点を置くのか?どこにお金を落とすのか?

それぞれの国の考え方や習慣、価値観は違うので面白いなと思ってしまいます。
とにかく、外国人観光客には「宿坊」が魅力があるようです!!

京都でおすすめ「宿坊宿」3位:妙心寺大心院

室町時代に細川政元が建てたと言われる塔頭寺院で、宿坊は木造の渡り廊下を通った先にあります。ここでは精進料理や朝の勤行など、本格的な宿坊体験ができます。

<妙心寺大心院>
〇アクセス:京都府京都市右京区花園妙心寺町57 TEL 075-463-3121
JR嵯峨野線「花園駅」下車、徒歩10分
市バス「妙心寺前」下車、徒歩7分
〇チェックイン/アウト 15時/10時

京都でおすすめ「宿坊宿」2位:仁和寺(御室会館)

京都の観光名称の嵐山や金閣寺を訪れた際にはとても良い場所にある寺院です。
宿泊する御室会館は世界遺産でそこに訪れるだけでも由緒あること。宿坊だけでなく日帰りで食事をしたり、ビジネス用途としても利用できます。また、仁和寺では朝のお勤め体験も出来き、観光客の1つの目玉にもなっています。

<仁和寺(御室会館)>
〇アクセス:京都府京都市右京区御室大内33 TEL075-464-3664
JR嵯峨野線「円山駅」から市バス10分、嵐電(京福電鉄)北野線 「御室仁和寺駅」下車 徒歩約3分
〇チェックイン/アウト 16時/9時

京都でおすすめ「宿坊宿」1位:伏見稲荷大社

京都では有名どころの神社で、ご利益も多種(商売繁盛・五穀豊穣、安産や万病平癒、学業成就など)。伏見のお稲荷さんを目がけてくる方もおおいです。お稲荷さんの由来はキツネではなく、山城国風土記の逸文には「稲が生った」ところより社名にしたと記されています。
大社に宿泊はできませんが、隣接している宿泊施設(参集殿)に泊まることが可能です。

<伏見稲荷大社>
〇アクセス:京都市伏見区深草薮之内町68番地 TEL075-641-7331
JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩直ぐ (京都駅より5分)
京阪本線 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩5分 市バス南5系統稲荷大社前下車 東へ徒歩7分
〇チェックアウト10時

まとめ

 (16834)

いかがでしたか?密かに「宿坊」ブームの中、今年は旅行スタイルを変えてみませんか?宿坊に泊まると安いだけでなく、「心が洗われる」という普段できないことも体験できるので、日々ストレスを抱えている現代人にはもってこいのリフレッシュ場所なのかなと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP