今さら聞けない《歳暮》とは何?どの時期に何を行うべきか。

年末の恒例行事である歳暮のやり取り。
一応作法とかは知ってるけど、意味や歴史、知らない人が多いのでは。
意味を知ることでよりお礼や感謝の気持ちを伝えやすくなるかもしれません。
歳暮の起源・歴史、最近のお歳暮事情、贈るもののおすすめについて
紹介します。

歳暮とは?

歳暮

歳暮

歳暮(せいぼ、さいぼ)は、「年(歳)の暮れ」のことである。歳末(さいまつ)・歳晩(さいばん)。

1年の終わり12月の季語でもある。また比喩として、人生のうち老年期を意味する。

日本では、暮れに世話になった人に対し感謝するなどの歳暮周り(せいぼまわり)と呼ばれる年中行事が行われることが多い。このときに贈り物がされるが、この贈答品がお歳暮と呼ばれ、現在では「歳暮」「お歳暮」といった場合、この贈答品、または贈り物の習慣を指すことが一般的である。

必ずしも贈り物のことを指すのではなく、季節のことも言うのですね。
なんとなく知っていた知識でもだいたいは間違いなさそうです。

お世話になったということで、目上の人に贈るのが多いようですが
『目上の人』のみとも限らないみたいですね。

起源・歴史

お歳暮はもともと、お正月に先祖の霊を迎えるお御霊祭りのお供え物として贈られていました。
つまりは、新年に向けて福を呼び込むためのお供え物だったわけです。当時のお歳暮の定番は、塩鮭や鰤、餅などの年越しに必要なもの。年神様のお神酒のつまみになるような、かずのこスルメといった珍味でした。いずれも日持ちするものが選ばれていたようです。分家した人や嫁いだ人が、本家や親元に12月31日に手渡しで贈っていました。

また、武士の組合があり、そこの組頭に年末に贈り物をしていたという記録もあります。その後、商人が年末に贈り物を持参して挨拶周りをしていた習慣から、一気に広まったと言われています。

明治30年代になると、親や親戚だけでなく、お得意様やお世話になっている方にもお歳暮を贈る習慣が定着していきました。

長い歳月や情緒により、現在の形へ変化したようですね。
意義が忘れられることが現在の
習慣を形づくっているようです。
よって、あまり意味などを
知らなくても別に恥ずかしいことでは
なさそうです。
逆に意味を知っていたら
感心されるかもしれませんよ。

お歳暮の時期や送る相手は?

お歳暮の時期って?

文字どおり年の暮れを意味し、関東地区では、12月1日〜12月20日頃です。
他の地域でも、12月10日すぎ〜12月20日頃までです。過ぎてしまった場合、お遅くても12月25日頃までに贈りましょう。

お中元・お歳暮を贈る相手

一般的な贈り先は、離れて暮らしている場合、両親、親戚。会社の上司や恩師の先生などです。
ですが、贈る相手については難しく考える必要はないです。感謝の気持ちを伝えたい人に、贈りましょう。
企業では確実に減ってるみたいですね。
筆者の住む田舎では企業間でもよくお歳暮を贈っているのを見るので、田舎では企業間でもまだまだ盛んな
気がします。

どんなものがお歳暮に向いている?

 (23260)

お酒類は年末年始の集まりでも重宝されるのでイベントにマッチした贈答品だといえます。
お酒類の中でも定番となっているのがビールですが、ビールはちょっと贅沢なプレミアムビールを贈ると良いでしょう。
相手がビール以外のお酒類を好んで飲まれる方であれば、日本酒やワイン、焼酎などを贈るなど、相手の嗜好を意識して選びたいですね。
洋菓子や和菓子は、お子様を含めてご家族皆で食べていただける定番商品ですので、大人も子どもも食べられる品を選ぶと良いでしょう。
飲料は生活に欠かせない品ですし、普段買わないような高級ハム・ソーセージも年末の団らんのテーブルを彩る品となるでしょう。
調味料・食用油・洗剤は、生活必需品ですので、いくらあっても困る事はありません。
むしろもらって助かる、というご家庭も多いのではないでしょうか。
乾物も保存が効くので、主婦にとっては嬉しい贈りものです。
食品・消耗品が鉄板みたいです。
保存が効くかに注意すること、
たいてい相手方の家族など集団に
贈ることが多いのでその皆がよろこぶもの
を選ぶということに注意しましょう。

あとは普通のプレゼントと変わらないと
思います。

また、相手方に不幸があった場合に贈るのは失礼にあたるので注意しましょう。

まとめ

御歳暮/お歳暮|イラスト (22904)

失礼にあたらないようにしたり、
複数人が喜ぶものを選んだり、
コンプライアンスに気をつけたりするのが
大変ですが、それによって伝わるものが
あると思います。

歳暮にはけっこういろんな選択肢があります。
次の歳暮にはいつもと変わったものを
贈ってみてもおもしろいかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP