運気UP!古来から縁起がよいとされてきた動物をご紹介

世界中には色々な動物が生息していますが、中には縁起が良いとされてきた動物も多くいます。
長生き、商売繁盛、金運上昇、出世運など、人間には計り知れない未知のパワーがあると考えらて、尊重されてきた動物についてご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

丸々太った豚は幸せのシンボル

 (17544)

【豚】多産でまるまるとした姿から、財運・金運上昇の縁起ものとされています。

そういえば、ブタの貯金箱ってありますよね。

あれって実はブタが金運のお守りだから、なのですよ。

貯金箱にもなっている豚は、富と繁栄の象徴とされており、とても縁起の良い動物だと考えられているのです。

テディベアとしても有名な熊

Free photo: Bear, Teddy, Soft Toy - Free Image on Pixabay - 1824882 (16949)

【熊】クマはとても母性本能の強い動物で、家族愛・母の愛の象徴とされています。

子供が生まれるとテディベアをプレゼントする風習も

「縁起ものだから」という意味があるのだそうです。

その他にも海外では幸運を招き、財をため込むといういわれがあります。

熊のぬいぐるみは、結婚式でもよく使われる縁起の良い動物です。

苦労知らずのふくろう

 (17545)

【ふくろう】不苦労、の字をあてて苦労知らずのお守りに。

海外ではその静かなたたずまいから「森の賢者」と呼ばれ

知恵の守り神として扱われています。

また、フクロウは賢いだけでなく、夜目であることから、世間に明るいとも考えられている縁起の良い動物なのです。

金運アップによい金魚

 (17546)

金魚はお金の魚と書くので、金運がアップすることで縁起のいい動物とされています。

金魚はたくさんいると金運が水槽に溜まり、金魚が動くことでお金の流れが動くとされ、金運がアップするというものです。

得のその見た目にも色鮮やかで見ていて飽きないことから、多くの人が縁起がいい動物という理由で飼うこともあります。

また祭りの屋台などでも金魚すくいをするのは、金運を自分の手ですくい上げると同時に、家に金運を呼び込めることもできるので屋台でやるようになったともされています。

見た目も美しい金魚は、ペットしても人気が高い生き物です。
金運をよくしたいと思っている方は、金魚を育ててみるとよいかもしれませんね。

帰るという語呂合わせで縁起が良いとされるカエル

 (17547)

カエルは帰る、返る、還ると同じ言葉なのでお金や幸運がかえってくるとされているので縁起がいい動物となっています。

財布でもがま口の財布などがありますが、これもお金がカエルということから昔の人が好んで使っていたようです。

風水などでは3本足で立っているカエルを見ることがありますが、あらゆる材をかき集めるとされているので、縁起がいいとされているようです。

またお店にお客さんが返ってくるように、カエルを置くこともありますが、口にコインを噛ませておくことで更に運気がアップすると言われています。

カエルは色々な意味にとらえることが出来るとても縁起が良い動物です。
若ガエルという意味もあるので、いつまでも若々しくきれいでいたい女性には特におすすめかもしれませんね。
カエルという名前から幸運を呼ぶとして知られています。

縁結びによいうさぎ

ペットとしても人気のうさぎ

ペットとしても人気のうさぎ

恋愛や結婚運を上げたい方はうさぎのアイテムがおすすめ
実は、ウサギにはちょっとロマンティックな伝承があるんですよ。
それは、出雲神話の一つ『因幡の白兎』というお話です。

ある日、一匹の白ウサギが、ワニを騙した罪で皮を剥がれてしまいます。
この時、大国主神はただ一人、このウサギを甲斐甲斐しく介抱したのだとか。

白ウサギは、そのお礼として大国主神と八上姫(ヤガミヒメ)を結び付けてくれたのです。
(大国主神の兄弟神たちも八上姫に求婚していました)

この伝説から、「ウサギは縁結びの象徴」と言われるようになったようですね。

意中の相手がいる方は、ぜひ、身近な物にウサギグッズを取り入れてみてください!

耳が大きいうさぎは、情報を集める動物と考えられており、非常に寂しがり屋な動物でもあることから、社交運を上昇させるといわれています。

平和のシンボルとされる鳩

天の使いとされる鳩

天の使いとされる鳩

良い知らせを運んできてくれるといわれています。
風水的に「開運」といったら、やはり鳩!
良い知らせを運んできてくれる鳥です。

実際、私の知り合いのお宅では、
リビングの軒下に鳩が巣を作って間もなく子宝に恵まれたそうですよ!

平和の象徴とされる鳩は縁起が良い鳥です。
身近でよく見かける鳥ですが、無理に追い払ったりしないほうがよいかもしれませんね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP