【何それ!】皇寿、川寿って何?どんなことをするの?

みなさんは、「皇寿」「川寿」という言葉を聞いたことがありますか?実はこれ、年齢を表す言葉なんです。でも表す年齢はあまりにもびっくりするもので……!?近くで皇寿、川寿の方がいたらそれはとても珍しいかも!どういった意味なのか説明していきます。

老人のイラスト「かわいいおじいさん」 | かわいいフリー素材集 いらすとや (26450)

「皇寿」「川寿」という言葉を聞いたことがありますか?
普段はめったに耳にしないかも……!?

「皇寿」「川寿」って?

車椅子に乗った男性と看護師20|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (26462)

実はこれ、「喜寿」や「白寿」のような長寿のお祝いを表すことばなんです。
いったい何歳を指す言葉なんでしょうか……?
【川寿(せんじゅ)】
111歳
「川」の字が「111」に見えることから、111歳のお祝いのこと。
分かりやすいですね!
ゴツゴツした岩と冬の鬼怒川|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (26472)

【皇寿(こうじゅ)】
111歳
これは今までのパターンを複数使う難解なケース。まず、「皇」という漢字は「白」と「王」に分解できる。「白」は「百」から「一」を引いた99。さらに「王」という字は中央の「十」と、残った「二」に分解できることから、足して12。99と12を足すと111になることから、111歳のお祝いになったという。
川寿に比べたら、複雑な由来ですね!
昔の人の発想力に驚かされます。
かわいい王様のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (26487)

なんと!「皇寿」「川寿」は111歳のお祝いでした!
想像できないくらい長生きな年齢……。
おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さんがこのくらいまで元気でいてくれたら嬉しいですね♪

どんなお祝いをするの?

おめでたい絵柄|毛利達男名前の詩の贈り物 (32059)

それでは、皇寿・川寿の時はどんなお祝いをすればいいのでしょうか?

1.お誕生日新聞のプレゼント

箕浦 新聞店|あなたの街の中日新聞販売店|中日新聞ほっとWeb (32058)

111年前の新聞は、現在のように写真などの掲載はなく、文章のみになります。また、通信手段も交通手段も発達していないため、現在のような全国新聞は存在しませんでした。新聞は、当時の出来事を鮮明に映し出していますので、きっと新しい発見があるでしょう。
その人が生まれた年・日付の新聞をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
懐かしさとともに、何か新しい発見が出てくるかもしれません。
新聞を一緒に見ることで、若い世代の方とも良いふれあいが出来そうですね。

2.みんなで楽しくごはん

食卓に集まる三世代家族1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (27240)

家族で集まっておいしくご飯を食べるのもいいかもしれません。
手作りの料理をみんなで食べて、楽しくお喋りしてみましょう♪
いつもよりちょっと豪華な料理を作ってみては……?

3.記念になるものを一緒に作る

作業をする手16|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (27272)

貼り絵、コップ、手袋などなど……
何か思い出に残るものを、おじいちゃんやおばあちゃん達と一緒に作ってみてはどうでしょうか。
今後も使い続けられるものがいいですね。
生活の彩りにもなって一石二鳥かも!
ちなみに、以下のことに気を付けてみるといいかもしれません。
還暦では赤い頭巾やちゃんちゃんこを贈る風習がありますが、その他の長寿祝いでは特に決まったものはありません。人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品ではなく記念になるプレゼントや思い出に残る旅行や食事会などを贈るのがおすすめです。もし迷ったときは、傘寿で傘を贈るなど、長寿祝いの名称にちなんだものや長寿祝いの色の品を選ぶとよいでしょう。

プレゼントの金額の相場は、贈る相手が両親の場合は2~3万円、祖父母の場合は1~2万円、親戚などの場合は1万円前後、それ以外の場合は数千円程度とされています。少し高価なプレゼントを贈りたい場合は、家族や兄弟などと共同購入するのがよいでしょう。

お祝い色はあるの?

60歳のお祝い、還暦の時には赤いちゃんちゃんこをプレゼントしますよね。
あれは、六十歳のお祝い色が「赤」だからなんです。

他にも古希(70歳のお祝い)と喜寿(77歳のお祝い)は「紫」、傘寿(80歳のお祝い)・半寿(81歳のお祝い)・米寿(88歳のお祝い)は「金茶」など、年齢によって様々なお祝い色があります。

では、皇寿・川寿はどうなんでしょうか?

背景・虹の彼方|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (27315)

なお、長寿の祝いには、お祝い色(基調色)が決まっていますが、百歳を超えた祝いには特に基調色がなく、皇寿には基調色がありません。
なるほど!
それなら、当人の好きな色のものをプレゼントするのもいいかもしれませんね。

心温まるお祝いを。

幸せ色のブーケ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (27385)

せっかくの111歳ですから、家族みんなでお祝いしてみましょう。
これからも健康で元気でいてくれるよう願いを込めて。
素敵なお祝いができるといいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP