【戌の日】子どものお祝い事まとめ【妊娠から初誕生日まで】

安産祈願で、帯祝いをしてから赤ちゃんがめでたくお誕生、赤ちゃんが元気に丈夫に育つように願いを込めて親類縁者が初のお誕生日までのお祝いをすること・・。そんなお祝い事についてをまとめました。大切なお子様の行事なので是非チェックしてください。

安産祈願 戌の日の「帯祝い」

 (13168)

「帯祝い」とは、妊娠5カ月目の頃の「戌(いぬ)の日」に、おなかに腹帯を巻いて妊娠を祝い、安産を祈るならわしのこと、古くは『古事記』にも記述が残るそうです。犬は安産といわれているので、それにあやかってこの日に儀礼を行うようです。
 帯祝いに使う帯を「岩田帯」と呼び、女性の実家や、地域によっては子宝に恵まれた夫婦や仲人から贈られます。岩田帯は、紅白の絹の帯地各1筋と、白木綿1筋の計3本を重ね、奉書紙で包むのが正式な方法ですが、実際にお腹に巻く木綿帯1丈を奉書紙に包んで贈る略式の方法もあります。
 「腹帯」をつける習慣や、神社などで安産祈願をするならわしは、現在も広く行われていますが、神社などで祈祷済みのさらしを受け取って記念にするだけで、実際に妊婦さんが着用するのは「マタニティガードル」が主流のようです。
 「帯祝い餅」という紅白餅を食べる習慣があるなど、地域や家庭によって祝い方もさまざまのようです。
腹帯の巻き方

腹帯の巻き方

お七夜・命名式

 (13169)

赤ちゃんの生後7日目が「お七夜」です。昔は生後すぐの死亡率が高かったため、1週間たてば一安心と、盛大にお祝いを行ったようです。法律上は、生後14日間のうちに赤ちゃんの名前を届け出ればOKです。
 赤ちゃんが生まれた家の当主は、親戚などを招き、一族の長老に「名付け親」をお願いして「命名式」を行ったあとに祝宴を開きます。祝い膳は、赤飯と尾頭付きの魚、刺身などで、魚はおめでたい鯛が使われることが多いのですが、大きくなるにつれて名前が変わる、ブリやボラなどの「出世魚」も好んで用いられました。現代では、母子の「退院祝い」として、両家の両親を呼んで、または夫婦だけで祝うケースが多いようです。

お宮参り

 (10561)

まずお宮参りに参加するメンバーは、赤ちゃんは当然として、ママとパパ、そして基本的にパパ側のおばあちゃんです。現代では参加者は特にこだわらず、ママ側のおじいちゃん・おばあちゃんも参加することも珍しくはありません。
また、両方のご両親が遠方で来れないなど、各家庭の事情から、パパとママと赤ちゃんの3人で行う、というスタイルも増えているようです。
しきたりでは、赤ちゃんはパパ側のおばあちゃんが抱っこして参拝することになっていますが、これも現代ではケース・バイ・ケースで、参加者の都合に合わせて誰が抱っこしても礼儀違反などになったりするものではありません。

お食い初め

 (10568)

お食い初めは、赤ちゃんが生まれてから百日目に行なうのが一般的です。
地方によって百十日目、百二十日目などに祝うところもあります。
これもピッタリその日に行なわなくてはいけないということではありません。
つまり、生後3ヶ月から4ヶ月のころ、そろそろ母乳から離乳食に変わる時期に行います。
あくまでも目安にすぎません。その前後の、できれば、全員が顔を揃えられる都合のいい日(吉日)を選び、皆でお祝いするといいでしょう。
お食い初めの膳

お食い初めの膳

食べ方の順番

食べ方の順番

初節句

女の子の初節句

子どもが生まれて初めて迎える節句が「初節句」で、女の子は3月3日「桃の節句」、
初節句は子どもの健やかな成長を願う大切な赤ちゃんイベントなので、家族と双方の祖父母、お祝いを頂いた親戚や友人を招いて、祝い膳などでお祝いをします。
ひな祭り

ひな祭り

生後1ヶ月以内に初節句が来る場合は、初節句のお祝いは翌年でも構いません。各家庭の判断や状況によって、1月生まれでも翌年にすることもあります。 翌年ゆっくり雛人形を選んだり、お祝いを計画するほうが、産後間もないママにも赤ちゃんにも負担が少なくて良いのはないでしょうか。

初誕生日

初誕生日のお祝い

初誕生日のお祝い

赤ちゃんが生まれて1年後、初めてのお誕生日。元気に成長したことをお祝いします。祝い方は地域によって異なりますが、餅をついて背負わす、あるいは踏ませるというのが一般的なようです。
基本的には「決まりごと」にとらわれず、何よりも赤ちゃんに近しい人たちで心からお祝いしてあげる、という楽しい、うれしい1日にしたいものですね。お祝いの意味はまだわからなくても、パパやママが笑顔なだけで、きっと赤ちゃんも幸せなはずです。
相思相愛のお二人が結婚し、そして始めての妊娠。とてもおめでたい事ですね!
そして、妊娠から5か月目。初めての「戌の日」。宮中でもお祝いをされる「腹帯の儀」帯祝いです。
これが、赤ちゃんをお腹に授かって初めてのめでたい行事になります。
帯祝いは、お母さんの健康とお腹の赤ちゃんの健やかな誕生を願いお祝いをする行事です。

それから約5ヶ月後、赤ちゃんの誕生を迎えますよね。
そして、出産祝い、命名式、お宮参り、お食い初め、初節句、初誕生日という
おめでたい行事が続いていきます。

生まれてきた赤ちゃんの健康と幸せを願い、家族や親せきの皆さんでお祝いの行事を行いますよね。
中でもお父さん、お母さんのそれぞれのご両親、赤ちゃんにとっては
親族や友人などの喜びはこの上ないものだと思います^^

日本の古き慣習に倣ってお祝い事をするということは、人間関係の絆を生む大事な祝い事です。
私は、この古きめでたき行事をこれからも続いていくことを願っています。
そして、このまとめを参考にしていただければ嬉しいなと思います。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP