【ネコ・フクロウ・カエル】金運アップ!動物だって縁起物 ♪

この世界に縁起のいい動物は数多くいます。特に有名なのが「ネコ」「フクロウ」「カエル」といったところではないでしょうか?この3つの動物たちは縁起物(縁起のある動物)と言われています。今回はそんなお話です。

福を招く「招き猫」

縁起物の動物として上位い入ってくるものにネコがあるでしょう。
ネコは招き猫として有名ですね。この招き猫の由来は諸説あるようですが、
起源は結構古くて江戸時代ともいわれています。
まねきねこの知識/まねきねこ 陶器 (383)

正確な由来は不明ですが、招き猫の基礎知識としては、右手を上げている招き猫は「金運」を招き、
左手を上げている招き猫は「人」を招くと言われています。
そのため、招き猫は商売繁盛にご利益があるとされています。
欲張って両手を挙げている招き猫もいますが、
“お手上げ万歳”にも取れることから好まない人もいるようですね。
招き猫は商売繁盛を呼び込みます。
招き猫をよく見ると、右手を挙げている猫と左手を挙げている猫がいることに気がつくでしょう。
これには意味があるのです。
右手を挙げている猫は金運を招きます。
そして左手を挙げている猫は人(客)を招くというのです。
どちらにしろ、商売繁盛に繋がります。

招き猫の歴史は江戸時代から!?

縁起の良い物の人気ナンバーワンは招き猫!
縁起物招き猫が縁起物とされた歴史は江戸時代にさかのぼります。
「夢にたった猫が『猫の人形を作ったら福が来る』というお告げに従ったら巨額の財をなした」とか
「飼い主の恩に報いたり、命を助けたりした猫の話が広まって猫を祀るようになった」
「猫のおかげで商売繁盛した」・・・・ などなどの言い伝えが残されています。

招き猫に三毛猫

招き猫の由来には、「今戸神社説」「豪徳寺説」「自性院説」「伏見稲荷説」など諸説あるとのことで、
正確な由来は分らないようです。

ただ、招き猫の基本は三毛猫であり、
その三毛猫のオスは遺伝子的な要素から数が少ないことで有名です。
3万分の1でしかオスの三毛猫は生まれないということから、
かなりの希少価値があり、幸運を招く猫だと珍重されてきました。

苦労知らずの「フクロウ」

フクロウは語呂合わせでも、「不苦労」とあらわされて重宝されてきました。
玄関に飾っている場合も多いのではないでしょうか?
土鈴 雅ふくろう夫婦・縁起物 / 京都の京人形・お土産(和雑貨・小物)の老舗 木村桜士堂 (379)

フクロウは福籠・苦労知らずの不苦労・学問の神様(知恵袋)・見通しが利くなどと言われ、昔から縁起物として慕われています。
ふくろう(梟)は古来縁起の良い鳥とされています。

ふくろうには様々な当て字があります。

「不苦労」…苦労知らずの意
「福来」…福が来るの意
「福籠」…福が籠にたくさんつまったようす
「福老」…幸福に年をとるの意

どれもとてもおめでたいですね。

ふくろうは「不苦労」とも言われることから「苦難を避けるお守り」として、さらに「福来」とも言われることから「開運のお守り」としても人気があります。

招き猫と同じく金運UPの縁起物

フクロウは夜行性ということもあり、暗闇でも獲物を見ることができます。
また、首が360度ぐるりと回るので「借金で首が回らない」意味と反対の性質があるとして
商売繁盛や金運UPにありがたがられてきました。
 (382)

や、柔らかい・・・
夜行性で夜目が利く事から見通しが良い事の象徴とも、また、ふくろうの首は良く回ることから「借金で首が回らない…という事がない」という意味で金運を象徴するものでもあります。
頭が180度回転することから、商売の見通しが良いとされ、事業や商売繁盛の願掛けに使われるラッキーアイテム。

そんなフクロウの置物を西の方位に飾ると、金運アップをはじめ、仕事運などさまざまな開運を招きます。

無事に帰る「カエル」

カエルはよく見られますね。
カエルは語呂合わせから「帰る、返る」と変換され、お金や幸福が帰ってくると言われてきました。
カエル 縁起物 | カエルの縁起物やかえるの置物など縁起のいいものなら (378)

カエルは日本では縁起物のシンボルとして、バリでは神様の使いとされています。
日本の各地にはカエルがまつられているところがたくさんあります。防火ややけどを防ぐ、雨乞いや止雨、交通安全、商売繁盛など、色々な言い伝えがあるようです。
小さなカエルグッズをお財布に入れたり付けたりすると、「お金が帰る」といわれています。お金だけでなく「無事帰る」「福かえる」などということから、大きなものは玄関に飾ると良いそうです。親蛙の背中に子蛙が5匹乗った置物『六(む)かえる』はお客さんを迎えてくれるといわれています。語呂合わせから縁起を担いでいるようです。
かえる・帰る・・・その語呂合わせから「福かえる」「無事かえる」等縁起物
としてかわいがられています。

金運にまつわる縁起物が多い

税理士の収入 (385)

動物と縁起物について調べてみると、
動物の縁起物については「商売繁盛」「金運アップ」を狙った言い伝えが多いように感じます。
縁起物はもともと商売をする人が好んで求めたものであることからも納得できます。

金運だけではなく、
子供や主人が健康で無事におうちに帰ってくるように、
苦労せずに楽しい人生を送ってくれるように、
そんな願いを込めて飾っておくのも良いでしょうね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP