端午の節句とは?どのようにお祝いをするのでしょうか?

端午の節句は子供の頃はお祝いをしてもらったことがあるが、大きくなってからは無縁だという方もいらっしゃるでしょう。
そして実際お祝いをする側になると、どのようにお祝いをすれば良いのか?と悩むこともあります。
どんな行事か知っておいて、きちんとお祝いしてあげましょう!

端午の節句とは?

 (28254)

江戸時代になって、3月3日の女の子の節句と対応させて、菖蒲が尚武と同じ音であることから男の子の節句になり、江戸幕府の公式行事となりました。
端午の節句」は5月5日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。
また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります。
現代では「こどもの日」として祝われる5月5日。この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。
端午の節句とは、5月5日のこどもの日のことです。
男の子のお祝いの日とも知られていますが、なぜ5月5日なのか由来を知らない方も多いでしょう。
平安時代からある行事で、当時は宮中の儀式として行われていました。
歴史のある行事とも感じますし、昔から男の子が健やかに元気に育ちますようにと考えられていたのですね。
現在も、風邪などひかないように丈夫に生活が出来ますようにとお祝いをします。
いつの時代も、子供が無病息災でいられますようにと親は願うものなんだとも感じさせられるのではないでしょうか。
これからも大事にしていきたい行事です。

五月人形

 (28265)

 (28266)

五月人形は3月になれば店頭に出るので、3月上旬に選ぶのがおすすめです。鎧兜、武者人形などの五月人形は大量生産ができない手工芸品で、人気のあるものは完売になる可能性があります。遅くとも4月初旬までには購入しましょう。
「健やかに育て」「強く元気な男の子になって欲しい」との願いを託し、心を込め制作した五月人形です。
5月5日の端午の節句が終われば
なるべく早めに片付けてください。
5月中旬くらいまでに
片付けていただくことをお勧めします。

大切なのは初節句だけでなく、
五月人形を毎年飾ることです。
男の子の成長を祝うお祭りなので、
お忙しいとは思いますが、
なるべく毎年飾って、お祝いしてあげましょう。
大安吉日など五月人形を贈ってもらう日や飾る日を
気にする方もいらっしゃるようですが、
こだわる必要はないようです。

五月人形の場合、特に決まりはありません

ベビカムのリサーチ結果では、端午の節句の場合はママの実家(父母)とパパの実家(義父母)が同じくらいの割合で購入しています。この場合は何を贈ってもらうかを事前に相談しておくとよいでしょう。お祝い金を頂いて、自分たちで用意することも少なくないようです。

端午の節句には、五月人形を飾りましょう。
購入をする際には、早めに購入をしておきましょう。
ケースに入ったもの、大きいサイズや小さいサイズ、キャラクターものなど数多くの五月人形が販売されています。
家のどこに置くのか?置けるスペースはあるのか?も確認をしておきましょう。
お気に入りの物を見つけても、購入をする時期が遅ければ売り切れてしまうこともあります。
名入れをしてもらえる商品もありますが、時間がかかることからも早めに注文をして欲しいです。
名入れの場合は、2月中から注文が開始されるケースも多いので、見つけたら即注文をするというのが良いでしょう。

五月人形は実家のお父さんやお母さんに購入をしてもらう方が多いです。
ママのご両親にと言われることもありますが、特に決まりはないので安心してください。
パパやママで欲しい五月人形を決めておいて、それぞれの実家の両親に半分ずつお金を出し合ってもらうのも良いですね。
全員が納得できる方法を探して、楽しい気持ちで端午の節句を迎えられるようにしましょう。

雛人形のようにすぐに片付ける必要はありませんが、
端午の節句が終わって落ち着いたら片付けるようにしたいです。
今後、毎年お祝いをしてあげましょう。
その際のお供として、長く使えて飽きが来ないデザインや形をした五月人形を選んでおきたいです。

こいのぼり

 (28276)

庶民は中国で言い伝えられていた立身出世から鯉の滝登りをイメージし、

のぼりに鯉を描き端午の節句をお祝いしだしたことが、現在の「こいのぼり」の始まり

とされています。

そこには、鯉が滝を上り、竜になって天に登った言い伝えから

「子供に立派になって欲しい」との願いが込められています。

節句は季節の節目です。春分の日(3月20日前後)から4月中旬くらいが良いでしょう。

遅くとも4月29日(昭和の日)までを目安に済ませておきましょう。

お子さんを中心に考えた場合、一番喜んでくれるのは小学校中学年位まででしょうか。さすがに10歳を過ぎる頃には照れくさくなるようですね。お子さんの為に飾ってあげるものなので、お子さんが喜んでくれるうちは飾ってあげるのが良いと思います。お子さんが健やかに成長し、家内安全を願って揚げるのが本来の慣わしです。是非堂々と飾ってあげて下さいね!
端午の節句には、こいのぼりも飾りましょう。
ゴールデンウィーク前になると、あちらこちらでこいのぼりが飾られているのを見かけます。
飾られているのを見て、我が家も飾らなくてはいけないなと気づかされたり、
もうそろそろ端午の節句なのだなと思わされます。
実際飾る時期は、4/29頃からで5/5を過ぎると片付けるという家庭が多いようです。
ゴールデンウィーク中休みの方も多いので、休みに入ったら出して、休みが終わったら片付けるという傾向があるのでしょう。

外に飾っている場合、風や雨に吹きさらされることもありますが、
負けずに元気に泳いでいる姿を見ることも出来ます。
これから先色々なことがあって落ち込むこともあると思います。
しかしどんなことがあっても、前を向いて元気に育っていってほしいとの願いも込めることが出来ます。

こどもの行事とも捉えられていますが、いつまでも喜んでくれているうちは年齢に関係なくこいのぼりを飾りたいですね。
去年は飾っていなかったけど、今年は飾ろうかなと再開するのもおすすめです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP