抜けた乳歯はみんなどうしてるの?投げる?保存しとく?

子どもの歯が抜ける、成長を感じられますね。赤ちゃんの歯から一生物の大人の歯に生まれ変わります。その抜けた乳歯を投げて縁起かつぎの風習があるのを知っていますか?また海外ではどうしているのでしょうか。調べてみました。

乳歯はいつ頃抜けるの?

離乳食を食べることに生えてくる乳歯、小さなお口の中で歯を見つけて感動しました。
そんなかわいい歯も成長とともに永久歯に生まれ変わります。
それはいつなんでしょうか?
一般的な目安は小学校入学の頃の6歳のようです。
しかし6歳になっても抜けない場合でも個人差が大きいので問題はありません。
「 大人の歯が生えてきたのにまだ乳歯が抜けないのですが・・・ 」★東京都町田市 神奈川県座間市・大和市 予防歯科 みどりの森デンタルクリニック 歯科医師花輪聡美: 「Dr.花輪ブログ」 (1016)

生後6ヶ月~9ヶ月頃から乳歯が生え始め、前歯から奥歯の順に2歳6ヶ月頃に合計20本が生え揃います。
永久歯の成長は生後3ヶ月頃から歯茎の中ではじまりますが、永久歯が充分に大きくなると、乳歯の根のまわりに組織を破壊する細胞があらわれ、乳歯の根はしだいに溶かされ吸収されて、短くなって自然に抜けていきます。一般的に6歳前後から6~7年かけて、乳歯から永久歯へと生え変わります。
永久歯への生え変わりは、だいたい6~7歳前後の年長さんくらいです。早い子だと4歳くらいから抜け始めることもありますが、小学校に入学してから抜ける子もいて、個人差があるので焦らなくても大丈夫ですよ。

一般的に乳歯が抜け始めるのは、下の前歯からが多いです。下の前歯が抜けたら、上の前歯、その隣の乳側切歯(にゅうそくせっし)…と順番に抜けていきます。だいたい小学校6年間の間にすべての歯が永久歯になります。

個人差はありますが6歳前後から12歳くらいまでに乳歯から永久歯へと生え変わります。
一般的に最も早く抜けるのは下の前歯、最も早く生えてくるのは「6歳臼歯」と言われている奥歯の大臼歯と言われています。
大人の歯が全て揃うのは14歳頃です。(親知らずの歯は別として)

上の歯は下へ!下の歯は上へ!

今ではやっている人が少なくなってしまったかもしれませんが、
上の歯は下に向かって、下の歯は上に向かって投げる風習があります。
次に生えてくる永久歯がまっすぐ、そして健康であるように縁起を担いだものです。
歯のはえ替わり | こどもの歯科治療 | 歯について知ろう | Ask Dentist (1021)

 上の乳歯を床下へ、下の乳歯を屋根上へ投げるのは、続いて生えてくる永久歯をその方向へちゃんと導いてくれるように、というおまじないです。
 またその際、「ネズミの歯のように強くなーれ!」や「ネズミの歯と変ーわれ!」というような願いを掛けることが多いようです。ネズミの歯が後から後から伸び続けることにあやかったのでしょう。
きれいな歯が生えてくるようにと願いを込め、抜けた乳歯をどうするのか、様々な言い伝えや風習をご紹介しましょう。これも縁起かつぎの一つですね。

まず日本では、上の歯が抜けた時は縁の下に投げ、下の歯が抜けた時は屋根に放り投げるという風習があります。

海外では抜けた歯はどうしているの?海外のゲン担ぎ

意外と知らない海外の風習「アメリカでは乳歯が抜けたら枕の下に置く→妖精が1クオーターをくれる」|「マイナビウーマン」 (1024)

欧米では子供の乳歯が抜けた時、その抜けた歯を袋に入れ、枕の下において眠ると、
「Tooth Fairy(歯の妖精)が抜けた歯を集めに来てくれる」という言い伝えがあります。

集めた歯の代わりにコインを置いていってくれるそうですよ。
でも、このTooth Fairyは、健康な白い歯だけを集めに来るので、歯を磨かない子や、抜けた歯が虫歯の場合は、Tooth Fairyはやって来ません。欧米では「歯を磨かないと妖精が来ないわよ。」と親が子供に言い聞かせながら、歯を磨いているそうですよ。また。メキシコやフランス・スペインなどでは枕の下に入れた歯はちびネズミが持っていって、代わりにプレゼントを置いていってくれるそうです。

アジアでは抜けた歯を投げる国が多く、中国やベトナムでは日本と逆に、上の歯を屋根、下の歯を地面に投げます。ハイチやボツワナ、ブラジル、ギリシャなど、上下どちらの歯でも屋根に投げる国もたくさんあります。アメリカやカナダ、イギリスなど、枕の下に置くと夜中にプレゼントと交換してもらえるそうです。交換してくれるのはネズミや妖精、ウサギなんだとか。ロシアやアフガニスタンでは、ネズミのような丈夫な歯が生えるようネズミの巣穴にポトン。慣習は国によって大きく変わりますが、子どもの健やかな成長を願う気持ちはどの国にも共通しています。

記念に取っておくのもOK♪ 子供の歯の健康を願う気持ちが大切

「困った」歯磨き嫌いの子供に歯を磨かせる4つの方法! - こそだてハック (1025)

子どもの歯が抜けた!赤ちゃんの時に生えてきて、「おかゆひとさじ」の離乳食かいろんなものを食べて、
子どもの成長を支えてくれた歯、抜けたときに嬉しさと寂しさを感じてしまいますね。
そんな子どもの歯を投げて、次に生えてくる歯の成長を願う風習が日本にはあります。
でも、投げなきゃいけない訳ではありませんよ。
大事にとっておきたいのであれば、それもOK♪次に生えてくる歯が、
まっすぐに成長してくれることを願う気持ちは一緒です。
 (13758)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP