【男の子の初節句】5月5日は端午の節句!お祝いの方法は?

5月5日はこどもの日!男の子の誕生と成長をお祝いする「端午の節句」です。 中でも「初節句」は一生に一度のもの。思い出に残る心のこもったお祝いをしてあげたいですね。そこで端午の初節句のお祝いの方法を中心にご紹介します。

初節句とは  お祝いの方法は?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7682)

初節句は一生に一度の大切なお祝い

子どもが生まれて初めて迎える節句が「初節句」で、女の子は3月3日「桃の節句」、男の子は5月5日「端午の節句」です。女の子には雛人形、男の子には兜飾りや武者人形を贈って飾ります。

初節句は子どもの健やかな成長を願う大切な赤ちゃんイベントなので、家族と双方の祖父母、お祝いを頂いた親戚や友人を招いて、祝い膳などでお祝いをします。

五月人形などの節句飾り、お祝いを頂いた方には初節句のお祝いの席にご招待する事がいちばんのお礼になりますが、来られない方には、頂いたお祝いの3分の1から半額程度の内祝いを贈ります。

五月人形を送るのは

女の子の場合は母方の実家が雛人形を送る慣わしとなっていますが、五月人形の場合、特に決まりはありません。鎧兜や五月人形、鯉のぼりを送ります。住宅事情がありますので、事前にお子様のご両親に相談することをおすすめします。

端午の初節句のお祝い返し

お祝いの席にご出席いただいた方には、おもてなしがお返しとなるので、お返しの品は不要です。 ご出席できなかった方には、節句から一週間以内にお返しするのが礼儀とされています。

のしは「内祝」と表書きし、お子様のお名前でお返ししましょう。水引は紅白の蝶結びです。 お返しの品はお菓子や紅白砂糖が定番ですが、お菓子屋さんに相談してみるのも良いでしょう。

五月人形について、飾ったり片付ける時期に注意する点があります。
ただ、兜・鎧飾りや五月人形は通年インテリアとして飾っても良いそうです。

子供の端午の初節句で購入した兜・鎧をつけた凛々しい武者人形。
ずっと飾ったまま、日々成長するわが子と見比べながら生活するのも良いと思います。

端午の節句 菖蒲の節句、とは。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7692)

「端午の節句」は5月5日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。 強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。 また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります。
菖蒲湯

菖蒲湯

端午の節句に菖蒲や鯉のぼりを飾るのはなぜ?

菖蒲について
元々は菖蒲(ショウブ)を邪気を祓う薬草として飾ったり、湯船に入れて浸かるのが端午の節句のメインイベントでした。

これが武家社会では、長く尖った菖蒲の葉を刀に見立て、また同音異字の「尚武(武道を尊ぶこと)」や「勝負」とかけて、男の子の厄除けと将来の武運や出世を願う節句行事になりました。

また、この菖蒲は紫の花が咲くアヤメとは種類が違う、サトイモ科の植物です。

鯉のぼりについて
端午の節句に武家が屋外に掲げていた「幟旗(のぼりばた)」の代わりに、立身出世の象徴「鯉の滝登り」の故事にあやかって鯉の絵を描いた幟を飾ることが、江戸時代の商家の間で流行しました。

昔は黒い真鯉(お父さん)だけでしたが、近代では5月5日は「子どもの日」でもあるため、緋鯉(お母さん)や子鯉を付け足すようになりました。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7698)

鯉のぼりの由来

鯉のぼりをたて、武者人形を飾る習慣は江戸時代になってからで、日本独特のものです。

鯉のぼりはもともと、武家出陣の際に用いる幟旗(のぼりばた)でした。 出陣の他、男の子が生まれるとこれを立て、その誕生を祝うようになりました。庶民に幟旗は許されていなかったので、代わりに鯉のぼりが登場したのです。

また、中国故事では、黄河を上って急流を登り切った鯉は竜になるとされ、出世魚として縁起の良いものです。子供に鯉の滝登りのように力強く、そして立派になって欲しいという願いが込められているのです。

男の子の初節句 祝い膳で欠かせない縁起の良い食べ物とは。

ちまきと柏餅

ちまきと柏餅

「ちまき」の由来や意味!なぜ端午の節句に食べるようになったの?

端午の節句にちまきが食べられるようになったのは、古い時代の中国の政治家の話が元となっています。 その昔、屈原という男がいたのですが、大変な働き者で情が深く正義感も強かったことから、とても人望を集めていました。ところが屈原は、策略によって失脚を余儀なくされ、失意のまま汨羅川に自ら身を投じてしまったのです。

そのことを知った国民は嘆き悲しみ、せめて屈原の遺体が川の魚に食べられないようにと、太鼓を叩きちまきを投げこみました。 これが切っ掛けとなり、中国では屈原が亡くなった5月5日にちまきを食べて厄除けをする風習が生まれ、それが日本にも伝わったとされています。

柏餅

柏餅

「柏餅」の由来や意味!なぜ端午の節句に食べるようになったの?

端午の節句にちまきを食べるのが中国より伝来されたのに対し、柏餅は日本独自に生まれた風習と言えます。

餅を包む柏の葉は、古くから神が宿る木として大切に扱われており、さらに柏の木は新芽が出てそれが成長しないと古い葉が落ちないことから「子供が生まれて大きく育つまでは親は死なない」と言われ、縁起がよい食べ物とされたようです。

端午の節句 その他の縁起の良い食材・メニュー。

 (7708)

その他の食事のメニュー

端午の節句の初節句を祝う食事ですが、他に以下のようなメニューがあります。
全てのメニューは用意するのは大変なので、何点かに絞ってだしましょう。

●赤飯、ちらし寿司  お祝いのご飯の定番です。子どもはちらし寿司のほうが好きだと思うので、ちらし寿司でも構いません。

●筍(たけのこ)  真っ直ぐ元気に育つようにいう意味。

●海老 海老の赤色が生命力を表します。

●豆 健康でマメに過ごせるようにいう意味。

●蓮(はす) 穴があいている→見通しのよい人生という意味。

●鰹(かつお) 「勝男」にちなんで。

●蓬(よもぎ) 薬の成分があり、子どもの健康を願う意味。

●鰤(ぶり) 成長するに従って名前が変化する出世魚

赤ちゃんが主役の「初節句」のお祝い。
一生に一度のことなので、お子様のためにお祝いの会をセッティングしてあげましょう。

お客様を招く場合、縁起物の含まれたお料理は
プロの手で作られた宅配を利用するのも良いかと思います。

主役の赤ちゃんはまだほとんど食べられないので、離乳食を手作りしたり、
お子様中心の写真をたくさん撮影して、思い出に残る楽しい日にしたいですね。

五月人形を飾る時期、しまう時期は?

 (7713)

●何時飾るのがよいか
節句は季節の節目です。春分の日(3月20日前後)から4月中旬くらいが良いでしょう。
遅くとも4月29日(昭和の日)までを目安に済ませておきましょう。

●何時しまうのがよいか
空気の乾燥した天気の良い日に行うことは雛人形と同様です。 時期的に梅雨入りが近くなるにつれて天気も不安定になりますので、五月中旬までのできるだけ早い時期に片付けると良いでしょう。 その場合も、慌てず、お人形・飾りを丁寧に扱うことを優先して下さい。

こいのぼりは屋外に飾るものですので、汚れがあればしっかり落として、十分乾かしてから片付けましょう。

●通年で飾ることもOK
鯉幟や鍾馗旗、子供大将などは季節感がありすぎるため、適してるとは言えませんが、少なくとも兜・鎧飾りに限っては、インテリア・美術品として、通年で飾ることも可能です。

五月人形を飾る時・しまう時の注意点は?

菖蒲の花

菖蒲の花

五月人形を飾るとき

◆飾る場所を工夫する
五月人形はお節句の二~三週間前、四月中旬までに飾って、その日を楽しみに待ちましょう。 飾る場所は、お部屋のなかでも直射日光の当たらないところに。 直射日光は、衣裳などの変色、退色の原因となります。

◆お顔や金具に直接手を触れない
飾るときやしまうとき、お顔や金具などに直接手を触れないように注意しましょう。 指の脂分や塩分が汚れやサビの原因になります。薄手の手袋を着用するか、きれいな布や紙をあてて扱うようにしましょう。
また、飾る場所を決め、その場所で組み立てるようにしましょう。鎧、大将飾りなどは特に、組み立ててから移動すると倒れたりして危険なことがあります。

◆お手入れは羽根ばたきで
飾っている間、ふだんのお手入れは羽根ばたきを軽くかけ、ホコリがたまらないようにしましょう。

 (7720)

五月人形をしまうとき

◆しまうときはホコリをていねいに払って
しまうときは羽根ばたきでていねいにホコリを払います。金属の部分は、新素材のメガネふきやネルなどのやわらかい布で磨き、ていねいに汚れを取ります。塗り台もやわらかい布で、カラぶきします。

◆薄紙で包んでからしまう
はずした金属部分は柔らかい紙に包んでからしまいます。兜の両サイドの吹き返し部分など、周囲

のすれや傷つきが心配な部分は、紙を巻き保護しておきましょう。人形のお顔は、薄紙を数枚重ねて当ててから、細長く切った紙を前から回し、後ろでねじってとめておきます。

◆防虫剤は人形専門のものを
防虫剤は、衣類用の防虫剤や乾燥剤ではなく、効き目の穏やかな人形専用の防虫剤を使いましょう。保存場所は、湿気が比較的少なく、また乾燥もしすぎない押入上段や天袋が適しています。

5月の真っ青に晴れ渡った空を、悠々と泳ぐ鯉のぼりを見るのはいいものですね。
鯉のぼりの色は、「真鯉の黒:父親、緋鯉の赤:母親、青い鯉:子供」の3匹が一般的ですが、
江戸時代は「真鯉」のみでした。

地方の大きな川で両岸をつないで設置された鯉のぼりを見ることがあります。
色鮮やかな鯉が大群で泳ぐ光景は圧巻ですね!
「日本の子供たちよ、強く育て!」という、
鯉のぼりを設置した大人たちの力強い願いのエネルギーを感じます。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP