酉の市で【熊手】買って商売繁盛を願お!方向には気を付けて!

商売繁盛を願って、酉の市で熊手を購入する人は多いですよね。その熊手が縁起物である理由はご存知ですか?また、飾る方向には注意しなければならないのも知っていますか?そんな内容をまとめていますので是非ご覧ください。

商売繁盛の縁起物「熊手」

お正月の代表的な縁起物「熊手」。
以前は神社の酉の市で手に入れたものでしたが、最近は手にするご家庭も少なくなりましたね。
もともとは商売繁盛祈願として飾るものですが、その意味合いとルーツと辿ってみました。
 (11626)

縁起物になった理由

また、熊手が縁起物となった理由として
他にもこんな話が伝わっています。

◎「運を鷲づかみにする」
 この言葉になぞらえて、鷲の4本ある爪のうち
 3本を熊手の手に、1本を柄とした3本ツメの熊手が
 後々5本ツメになり「運をかっこむ」熊手守りになった。

◎武将が戦場へ赴く際、勝利を祈願し神仏に奉納した軍扇。
 勝ち戦で戻った時、その軍扇は、
 熊手のように反り返った骨だけになっていた。
 という故事にあやかって「開運を招く」熊手守りになった。

熊手は運をかき集めるといった意味合いがあったんですね。
また、購入するときに気を付けたいこともあるようです。
 (7552)

どのサイズが良いの?

「商売の安定」を一番に願い、毎年同じ大きさのものを
購入される方もいます。

なかには、大きな熊手を購入していたけど
「一度初心にかえろうと思って」と、
改めて一番小さな熊手を買う方も。

ご自身の仕事に対する気持ちで
サイズを選べばOKです。

いくらくらいがいいの?

熊手には、豆熊手という1,000円くらいの小さな熊手から、
何十万円とする大きな熊手もあります。
「今年は願い事も大きいので20,000円のを買おう」
という買い方ではなく、
「段々大きくなる状況に重ねて、小さい熊手から買い始め、
年々大きいものに買い替えていく」
という買い方が基本。

1年ごとに大きくすると良いらしい!

 (11629)

熊手は 「福をかき込む」といわれ縁起をかつぐもの です。
1年後ごとに大きくしていくのが良いとされているのです。

なので、
前年よりも多くの福をかき込むように、
少しずつ大きなものに買い換えて行くのがいいんです。

逆に、
前年大きなものを買ったのに、
翌年小さいのに買い替えると、福徳も下がってしまうとも言われています。

大きいものを買えばいいって言うのではないのですね。
幸運は徐々に大きくなっていくということでしょうか。
また、福を招きたかったら猫を、金運を上げたかったら小判を、
ハッピーになりたかったらおかめさんがついた熊手を選ぶといいのだとか。勉強になります!

高いところに置くと良いらしい!

 (13539)

熊手は、商売繁盛・開運招福のご利益があるとされている縁起物です。

そのため、低い場所に置いておくような事はせず、高い場所に飾るのがよいとされています。

玄関の少し高い位置に飾ったり、家の中であれば茶の間などの鴨居や柱の少し高い位置に飾るのがよいでしょう。

さらに、玄関であれば福を取り込みやすいように入り口に向けて飾るのですが、家の中の場合、熊手を東・西・南といった北以外の方角に向けて飾るのがよいとされています。

方向に気を付けて!

 (11627)

北の方角に向けて熊手を飾るのは良くないとされています。
東の方角なら仕事運、西の方角なら金運、南の方角なら名誉を
熊手がかき集めてくれると言われています。

他にも願い事がある方角に熊手を向けて飾るのもいいとされています。
仕事運なら職場の場所の方角や恋愛運なら好きな人がいる方角などです。
しかし熊手を北の方角に向けて飾るのはよくないので注意してください。

実は熊手を飾る場所も指定があるのです。
熊手は神棚、仏壇、玄関、など家の中心。また、たんすの上など高いところにあります。
これは人の目線より高い位置が基本なのだそうです。
確かに家の中に飾っているのを見かけたりした記憶が正しければ、みんな高い位置に飾っていますね。
商売繁盛だけでなく家内安全にもご利益があるので、
商売人の方だけでなく一般の家庭においても購入して飾ることができますよ。
もし酉の市に行くことがあれば、願いを込めて気に入った熊手を購入してみませんか。
 (12426)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP