結婚するならこだわりたい!【六曜】を確認しましょう!

カレンダーなどで「大安」「仏滅」「赤口」「先勝」などの言葉をよく目にします。結婚する時は特に気にしますよね。六曜と呼ばれるものですが、どんな意味を持っているのでしょうか。また、どんなことに影響するのでしょうか。

そもそも六曜とは何か

 (5020)

六曜のルーツは中国宋時代末の六壬時課(りくじんじか)と言う時刻の吉凶占いがもとといわれています。日の占いに用いられるようになったのは時代が下った清の時代で、このころの名称は小六壬(しょうりくじん)。現在の六曜のルーツではありますが、言葉も順番も時代によってだいぶ変化してきています。
カレンダーをよく見てみると、日付や曜日の他に、「大安」や「友引」「仏滅」などの言葉が書かれているのを見たことがないでしょうか。

あれが、六曜です。

六曜には、大安・仏滅・先勝・友引・先負・赤口の6つがあり、それぞれ意味が異なります。

また六曜は、「歴注」と呼ばれるもので、歴注とは主に陰陽五行説や干支に基づいて、その日の時刻や方位の吉凶や運勢などが書かれた物全般を指します。

暦注の一つである六曜は、現代においても主に冠婚葬祭の日取りを決める時に用いられることが多いものです。

ですが、明治時代には政府が六曜は迷信だとして、これを一切禁止した過去があります。

しかしその後、六曜は必要という世論を受け、結局は完全に廃止されることはなく、現在に至っています。

とは言え、最近の特に若い世代においては、六曜はそれほど重要視されていないため、六曜自体を知る人は世代が若くなるにつれて少なくなっているのが現状です。

普段なにげなく目や耳にしているものは、かなり古くから私たちの生活に密着しているのだということがわかりました。ではよく聞く「大安」や「仏滅」ということばはどういう意味なのか。

六曜の意味

 (11682)

先勝

「せんしょう」「さきがち」などと呼ばれる。
「先んずれば勝ち」との意味で、万事急ぐことが吉とされる。
具体的には午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。

友引

「ともびき」と呼ばれる。
「凶事に友を引く」との意味だが、かつては「勝負なき日」の意味で勝負事が引き分ける「共引」とも呼ばれた。
朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌むとされる。
このことから火葬場・葬祭場は友引を休業とすることが多い。

先負

「せんぷ」「さきまけ」などと呼ばれる。
「先んずれば負け」との意味で、先勝とは逆になっており、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
具体的には午前中は凶、午後は吉。

仏滅

「ぶつめつ」と呼ばれる。
「仏も滅する凶日」との意味で、婚礼や祝い事を避ける風習がある。
ただし、もとは「物滅」とされており、また仏教とは全く関係ない。

大安

「たいあん」「だいあん」と呼ばれる。
「大いに安し」との意味で、婚礼をはじめ何事にも吉とされる。

赤口

「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」と呼ばれる。
「赤」という字がついていることから火の元、刃物に気をつける日とされる。
具体的には正午頃のみ吉、あとは凶とされる。

なるほど。そういう意味があったのですね。
普段なにげなくカレンダーを見ていても、あまり考えてもいなかったことがよくわかりました。
そういえば宝くじを買うときや結婚式を挙げる時も。「大安吉日」などという言葉を使っているところもありますよね。
今後、目にするときには覚えておきたい知識ですね。

昔は六曜はあまり使われなかった?

 (11683)

現在では、旧暦とか暦注と言えば六曜。結婚式は大安に、友引の日は火葬場が休む・・、まさに暦注の王者という感のある六曜ですが、昔からそうだったのでしょうか?
 答えは「いいえ」です。

 旧暦が廃されるまで、暦と言えば「暦注の嵐」で、ほとんどの日に暦注が書き込まれていました。ところがそんな「暦注全盛時代」でも、中国・日本のいずれの正式な暦にも「六曜」が記された事は「ただの一度もない」のです。
 現在の「六曜」の地位は、明治の改暦の際に「暦注みたいな迷信は、今後暦に書いちゃだめだぞ」という御上からのお達しが有ったためにあると言ってよいでしょう。それまで我が世の春を謳歌していた由緒正しい暦注一族がこのお達しで絶滅してしまいました。
 とはいえ、いくら偉い人に「だめ!」といわれても昔からなじんだ暦注が一つも書いてない暦はあまりに味気ない。かと言ってあんまり露骨に暦注を書いては法律違反でお役人の怒りを買うことになりますので、「こんなの、暦注じゃないですよね?」てな感じで暦に書かれるようになったのが「六曜」だったのです。
 今でこそ暦注の王者のように見える六曜ですが、暦注としてみれば「どこの馬の骨」か分からないようなものなのです。

そんなこともあったんですね。
現代のほうがお葬式や結婚式の日取りに気を使っているような気がします。

カレンダーに載せるのはいけない?

 (11684)

最近ではこんなことも起こっているようです。
大分県佐伯市は12月25日、既に制作し、配布を予定していた冊子の配布を見送ると発表した。カレンダーに、大安や仏滅などの「六曜」を記載していたことが、配布中止の理由だという。

発表によると、市側は、六曜が現在でも多くの暦に記載されている一方、前時代的な迷信で人権問題の解決を阻むものとの指摘があると説明。「人権問題に関して、皆が思い込みや偏見を無くし、迷信や世間体にとらわれず判断する力を付けることが必要であると考え、啓発にも取り組んでいます」とした上で、六曜が記載されたカレンダーは、自治体の配布物としては好ましくないと判断したとしている。

同様に、大分県の杵築市(きつきし)も2016年カレンダーの配布の見送りを発表。大分県や6市町村などでつくる「国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会」と臼杵市農業委員会も、六曜を記載していたとして、カレンダーの回収を始めた。

こういう意見も出ています。
ほとんどの方が「気にしない」という答えを出しているのも現実です。
ネットではこの問題には疑問の声もあがっているようです。
なぜ六曜が差別問題に発展するのでしょうか。さまざまな意見があるようです。
特にネットでは疑問の声が多く寄せられているようです。
 (12479)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP