これだけは知っておきたい、お墓参りの作法とマナー

お墓参りに何を持っていくのか、どんな服装で行けばいいのか、また本来はいつ頃行くのが適切なのか、知っているようで知らないことは多いもの。墓参りの機会がめっきり減っている方にも役立つ、最低限の作法とマナーについてまとめました。

春と秋のお彼岸、お盆、親戚が集まった時など、お墓参りに行く機会は意外とあるもの。
ですが、お墓参りに最低限「必要なこと」を問われると、言葉に詰まってしまう方も多いのでは?
知っているようで知らないお墓参りの作法とマナーについて勉強してみましょう。

お墓参りに必要な持ち物

持ち物と言えないかもしれませんが、まず必要なのは「心構え」だと思います。
故人や先祖の元を訪れるわけですから、変に浮ついた気持ちでは行けないもの。
文字通り「神妙に」いきたいものです。
大切だった亡き人やご先祖さまに感謝し、手を合わせるという行為が大切なのですが、基本的な心得や手順は身につけておきたいものです。
服装は基本的に何を着ても構いませんが、あまり派手な色やスタイルは避けて、なるべくきちんとした身支度で行きます。
持ち物としては、生花、線香、ロウソク、お供え用のお菓子や飲み物、それを置くための半紙、数珠、マッチかライター、花ばさみ、タワシやほうきなどの掃除用具、ひしゃく、手桶、ゴミ袋などがあります。
寺院や霊園の場合、大抵ひしゃくや手桶などは備えてありますが、集落などの共同墓地などでは用意されてない場合が多いです。
寺院墓地であればお寺に着いたら、先ず本堂のご本尊をお参りし、ご住職に挨拶します。お彼岸の時期には「彼岸会法要」を行っていることが多いので、時間の余裕があればなるべく参加します。
管理事務所などで手桶とひしゃくなど必要なものを借りたら、手桶に水を汲んでお墓に行き、合掌礼拝してから墓地の掃除をします。掃除を終えたら花立てに水を入れ、花ばさみで長さやバランスを整えた花を飾ります。
お供え用のお菓子や飲み物は半紙を敷いた上に置きます。
風雨にさらされ、意外にお墓の周囲は汚れていたり、落ち葉やゴミが散乱していたりします。
お墓を「故人や先祖の家」と考えれば、掃除は当然ですね。
 (14442)

仏様にお供えする花は、故人の好きだったもので構わないのですが、トゲのあるもの、毒のあるもの、またツルのあるようなものは避けた方が無難です。
また、地方によっては椿のように花がまるごと落ちるものを嫌うところもあるので注意が必要です。
墓参りの生花というと「菊」、というイメージがありましたが、そういうわけではないようです。
故人がバラが好きだったので供えたいという場合は、トゲのない品種を選んで持っていくのが良さそうです。

お供えしたものは・・・

お墓をきれいに掃除してお供え物をしたのに散らかったままになってしまってはご先祖様もかわいそうですしお墓の管理者の方にも掃除などの迷惑をおかけする事にもつながります。

お墓参りが済んだらお供え物はお花や線香、ろうそくを残して全て持ち帰るように心がけましょう。

そしてお供えして持ち帰った酒や果物といった食べ物は、自宅でご家族と食べることが供養になると言われています。

お墓参りの時期

 (14443)

お墓参りの時期、というと、先に書いたように春と秋のお彼岸やお盆が挙げられます。
では、他にもこういう時に行ったほうがいい、という時期はあるのでしょうか。
一般的には、祥月命日やお彼岸やお盆など、大きな法要や決まった時期に習慣的にお墓参りをするのがタイミングのようですが、実際には、お墓参りの時期は決まってはいません。

故人を偲ぶ気持ちが強いとき故人に何かを報告したいとき、そのような何かを故人に伝えたいことがあればいつでも墓参りに出かけていいのです。

身内が結婚や出産など、おめでたいことがあった際に、故人への報告を兼ねてお墓参りに行くタイミングにしてもいいでしょう。

祥月命日とは

その方が亡くなった月日のこと。一般的に言う【命日】。
年に一度必ず訪れる日です。
この他、「月命日」という考え方もあります。

月命日とは

その方が亡くなった日付のこと。月に一日訪れます。
例えば、その方が「9日」に亡くなったとすれば、毎月9日が月命日となります。

意外?実はこんな時期も

お正月も、実はご先祖様が帰ってくる日とされています。この日はご先祖様が子孫の幸せを願う年神様として帰ってくるので、やはり霊を迎えるためにお墓参りをします。
お正月は親戚が集まる時でもあり、お墓参りの絶好のタイミングといえるでしょう。
 (14444)

いかがでしたか?
人生の転機や悩みを抱えた時に、一度お墓参りに行ってみてもいいかもしれませんね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP