【新しい事やお祝い事に】最高の吉日「天赦日(てんしゃび)」

暦の中でも「最高」に良い日なのが「天赦日(てんしゃび)」といわれています。そもそも天赦日とは何なのでしょうか?天赦日に何をしたら良いのでしょうか?2016年で天赦日と吉日が重なっているのはいつでしょうか?

最高に吉日「天赦日」

 (7349)

天が赦す(許す)日と書いて天赦日。
上記のように、この日は「てんしゃび」又は「てんしゃにち」と読みます。百神(この世のあらゆる全ての神様)が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、年に6日ほどしかない大変貴重な大吉日です。
何かを始めたりするには最高に適した良い日です。
自分の穢れを落としたい時は、神社やお寺なので清らかになってから、天赦日に物事を始めるとまっさらな状態からスタートできますね。

他に、縁起物やお守りの穢れ落としにも良い日です。
天赦日を知らなかった人は良い機会なので天赦日に神棚やお守りを綺麗に掃除してみると良い気が回ってくるかもしれません。

皆さんは天赦日にまつわる言葉で、どのような言葉が多く検索されているかご存知でしょうか。

「天赦日 2016」や「天赦日 2017」、「天赦日 カレンダー」などと検索される方が多いようです。これらの言葉で検索してお越しいただいた方には、ぜひ当サイトの「2016・2017年の天赦日一覧」や「開運カレンダー」を参考にして頂ければと思います。

その他には、「天赦日 入籍」「天赦日 結婚」や「天赦日 財布」などという言葉がよく検索されています。この縁起の良い日に、入籍や結婚を考えている方が多くいらっしゃるようですね。もしくは、天赦日に入籍や結婚式を挙げたいけど、実際のところどうなんだろう?と疑問に思われている方も少なくないと思います。

既婚の30代男女1,000人に行ったあるアンケートによると、5割以上が入籍日にこだわるとの結果が出たそうです。

一般的に大安に入籍や結婚式を挙げる方が多いですが、天赦日が大安より吉日だという事はあまり知られていません。六曜(大安、友引、仏滅等)が記載されているカレンダーは多いですが、天赦日まで記載のあるカレンダーはまず見ないですからね。暦にこだわるのであれば、「万(よろず)よし(=何に関しても良いという意味)」とされる天赦日もおすすめです。

天赦日にすると良い事

 (7360)

天赦日は最高の吉日の日。
新しいことを始めるのに適しています。

・結婚
・結納
・入籍
・慶事
・引っ越し
・開業
・財布の新調
・告白
・学業

等、「いざやるぞ」と言う事柄に関しては、天赦日がお勧めです。

注意・思い入れのある日なら、吉日に限らなくても大丈夫です。
ですが、その場合は神社にお参りにいったり、地元の神様に報告をし、良い行く末をお願いすると良いかも知れません。
その他、もし思い入れの日が厄日なら、塩でお清めしておくと悪い物をついたままにしなくて済みます。

天赦日は他の吉日に重なっている

 (7358)

天赦日は、他の吉日に重なっている事が多いです。
なので、吉日に合った「幸運を逃したくない」事柄で、天赦日と重なっている日を選べば最高に運勢は向上していくと思われます。
重なっている吉日はコチラです。

・大安

六輝の一つ。「大いに安し」という意味。元は「泰安」として日本に伝えらました。六輝の中でも最も吉とされる日であり、移転、結婚、開店、旅立ちなどに最適。今日では「大安」に結婚式が最も多く行われます。式場を仮予約する際には、早すぎるぐらいでちょうど良いとされています。特に、お休みと重なる春秋の大安は競争率が非常に高いです。お早めにどうぞ

・寅の日

十二支の寅(とら)にあたる日で、12日ごとに巡ってくる吉日のこと。

虎は一瞬で『千里を行って千里を帰る』チカラを持つとされ、このことから「この日に旅行に出かけると安全に帰ってくることができる」といわれています。

また、黄金色にシマ模様の虎さんは『金運の象徴』。寅の日に財布を買うと、「出て行ったお金を呼び戻してくれる」というゲン担ぎもあるほどです。

吉日の中でも最も金運に縁がある日で、金運招来日ともいわれています。

"金運を招いて来させる"="お金を呼んできてくれる非常に縁起の良い日"とされているんですね。

財布の新調や開運・金運グッズを使い始めるにはこの日がベストかも!?

・一粒万倍日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、選日の1つである。単に万倍とも言う。
「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。
一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。
一粒万倍日は宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載されていないものもあった。貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから民間暦に掲載されるようになった。

天赦日と吉日が重なっている日にち

 (7359)

2016年

・2月26日(寅の日)
・4月26日(寅の日)
・5月12日
・7月11日(一粒万倍日)
・9月23日(一粒万倍日)
・12月8日(一粒万倍日)
以上が「天赦日」と吉日が重なっている日付になります。
ちなみに、2016年は申年。

申は縁起物として、お金を運ぶ意味もあるので、お財布の買い替えには適した年にでしょう。
お財布を買い替えるには寅の日が良いです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP