お正月のお楽しみ、福袋。その始まりは?これからは?

日本人が大好きな福袋。何が入ってるか分からないドキドキとお得感が醍醐味です。福袋というものはいつ、どのようにして始まったのでしょうか。また、最近の福袋は、インパクト勝負のものやネタバレ袋など、これからの時代に合った形に変わってきています。

なぜ福袋と呼ばれるの?

 (34946)

お正月、初売りの大きな楽しみである福袋。毎年、好きな店の福袋を行列に並んででも買いに行く、と言う方も多いのではないでしょうか。でも、福袋とはそもそも何なのでしょう?七福神の一人、豊穣の神様である「大黒天」はお馴染みですね。米俵に乗って、右手に打出の小槌を持ち、左肩に大きな袋を背負った姿で描かれています。この大黒天が持っている大きな袋がまさに「福袋」と呼ばれるそうです。ちなみにこの袋の中身はモノではなく、七宝と呼ばれる精神的な宝物(寿命、人望、清麗、大量、威光、裕福、愛嬌)が入っているそうです。人に福を与える袋、縁起のいい名として、お正月に売り出されるお得な詰め合わせ袋を「福袋」と呼ぶようになったのでしょう。

福袋の起源は?

現在のような福袋は、いつから売られ始めたのでしょうか。その起源は諸説ありますが、古くは江戸時代、呉服屋の越後屋(現在の三越)が始めたと言う説が有力です。越後屋は、当時はとても画期的だった、反物の切り売り商法を始めて大成功したことで有名な呉服店です。冬物の売り出し時期に、越後屋で一年間の裁ち残りの生地を袋に詰めて「恵比寿袋」として売りだしたのが福袋の始まりと言われています。恵比寿という名がついているのは、おそらくえびす講の時期に売り出されたからと言われています。いわゆる在庫処分大売出し的なものだったのでしょうが、恵比寿袋の中には、当たりとして金の帯が入っている袋もあったそうです。これが江戸の人々の間で大評判になって、ほかの呉服屋も真似をするようになり、広まっていったそうです。しかし、越後屋は顧客のニーズをよく研究し、時代を牽引していた素晴らしい企業だったのだな、と感心せずにはいられません。

インパクト勝負?の福袋

最近では、超高額福袋や個性的な福袋がニュースで話題になります。始球式体験の福袋や新築の家が買える福袋、「フラッシュモブでプロポーズ」と称してエンゲージリングとフラッシュモブサービスがセットになった福袋など、ただのモノではない福袋がたくさん売り出されています。はたして買う人がいるのだろうか、話題作りのためだけなのでは・・と思うようなものが毎年売り出されていますが、ほとんどのものが購入は抽選になるほど人気になることが多いそう。驚きです。

これからの時代の福袋

福袋の醍醐味は、なんと言ってもお得感。買ったお値段以上のモノが入っているということでしょう。中身の値札をひとつひとつチェックし、いくら得したか計算してほくそ笑むのが楽しみな人もいるのではないでしょうか。でも、いろいろ入ってはいたけれど使えるものが何もない「福袋じゃなくてゴミ袋?」なときもあります。最近では、中に入っている物がはじめから公開されていたり、洋服だとコートの種類などアイテムを一部選べる福袋も当たり前になってきました。購入者がSNSで福袋の中身を公開していることもあるので、失敗を避けるために買う前にインターネットでチェックしてみる人も多いでしょう。「開けてびっくり!」というギャンブル的なお楽しみは半減しますが、断捨離やミニマリストといった言葉が流行り、本当に必要なモノしかいらないという人が増えた時代、こうしたネタバレ福袋が主流になっていくのは当然かもしれません。

海外にも広がるラッキーバッグ

福袋の文化は海外にも広がり始めていて、アメリカではluckybag(ラッキーバッグ)やmysterybag(ミステリーバッグ)と言う名前で販売されているそうです。時代によって形は少しずつ変わっていきますが、江戸時代の昔から、人々が現在の私たちと同じように中身が見えない袋にワクワクし、お得感を楽しんでいたのだろうと思うと、福袋がまた少し違って見えてきませんか。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP