意外と知らない人多数!縁起物として崇められている”動物”の種類とその効果♪

現在、たくさんの動物が縁起物として崇められていますが、その代表的な動物と効果についてご紹介します。動物と効果を知り、運気アップを目指しましょう!

縁起のいい動物その① うさぎ

 (33632)

うさぎはぴょんぴょん跳ねる様子から「飛躍」のイメージがあります。大きく羽ばたいたり世界に羽ばたくイメージから、縁起のいい動物とされています。

さらに、「うさぎは寂しがりやで一匹では生きていけない」と言われる動物であるため、周りの人との繋がりを求めるイメージから縁結びの象徴とも言われています。特にピンクのうさぎは縁結びの効果が高いといわれています。

またウサギは多産や超安産であることから、安産の象徴ともされ、安産祈願の神社に祀られている場所もあります。

縁起のいい動物その② カエル

 (33633)

カエルは「無事に帰る」「福を迎える」「幸せを迎える」という言葉にかけて、旅の安全や福招きの縁起物として有名です。

招き猫ではなく、招きカエルという置物も存在しており、その効果は招き猫を超えるとも言われています。招きカエルを置く場合には、足の本数が必ず3本であること、カエルが室内を向くように置くことがポイントです。

開運効果、商売繁盛、金運アップにも効果を発揮すると言われています。

縁起のいい動物その③ 蝶々

 (33634)

蝶々は、天使の化身とされており「誰にも言えない願い事を蝶々にささやくと、神様まで届けてくれる」という言い伝えがあります。
蝶々は「丁」や「長」と同じ音のため、長寿や子孫繁栄と結び付けて考えられており、おめでたいものの象徴でもあります。美しくなりたい、綺麗になりたいと「美」に対する願望のある女性は身に着けているとチャンスが巡ってくると言われています。

縁起のいい動物その④ サル

 (33635)

古くから日本では、サルは神の使者であると信じられています。サルは「去る」と音が同じため、災いを取り去るための縁起物とされています。

「魔が去る」とも言われ、鬼門除けや魔除けとして崇められ、サルの置物を置くことで子孫繁栄や家庭円満に効果があるとも言われています。また、サルは安産のため、子宝に恵まれたり、安産の象徴でもあります。

縁起のいい動物その⑤ ふくろう

Free stock photo of animal, bird, close-up (33636)

ふくろうは「不苦労」と当て字がされ、日本では古くから「苦労をしない」ものの象徴とされています。ふくろうは夜行性で暗いところでも目が見えることから「将来の見通しがいい」という縁起物とされています。

金運をアップしてくれる効果もあり、ストラップや置物としても人気があります。

まとめ

縁起のいい動物についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?
有名な動物も多いですが、その意味までは知らなかった!なんて方は多くいらっしゃりますよね。
意味まで知っていれば、最適なタイミングでプレゼントを贈る事ができたり、自分でも縁起にあやかることができたり♪
ぜひ知っておいてくださいね!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP