教えて!縁起物【熊手】の飾り方は?処分の方法は?

「運をかき込む」「金銀をかき集める」など、商売繁盛の縁起物として飾られる熊手。そんな熊手の置き場所や飾り方、処分の仕方についてはご存知でしょうか。運を上げるためにも、ぜひチェックし実践してみてくださいね。

なぜ熊手が縁起物か

 (11716)

落ち葉を「かき集める」道具の熊手が
商売人のしゃれとでもいうのでしょうか
「運をかき込む」「金銀をかき集める」道具として
次第に縁起物とみなされるようになりました。

それに伴って、実用性のある熊手から
宝船に乗った七福神、大判小判、松竹梅など様々な飾りが施され
「運をかっ込む」「福を掃きこむ」縁起物の熊手と変化し、現在に至っています。

運をつかむ

熊手は、鷲が獲物をしっかりと捕らえることで、「運を鷲づかみする」という言葉になぞられ、鷲の4本ある爪のうち3本を熊手の手に、1本を柄とした3本ツメの熊手が後々5本ツメになり、「運をかっこむ」熊手守りになったそうです。

勝利を祈願し奉納した軍配団扇

武将が戦場へ赴く際、
勝利を祈願し神仏に奉納した軍扇。
勝ち戦で戻った時、その軍扇は、
熊手のように反り返った骨だけに
なっていた。という故事にあや
かって「開運を招く」熊手守りに
なった。
会社の商業繁盛のためにも買われる熊手。
最初はペットボトルほどの大きさの熊手を買い、
会社の規模が大きくなっていくと、さらにさらに大きい熊手を買い、
運と福を会社に掃き込むそうです。

熊手の置き場所や飾り方

 (11717)

基本的に目線より少し高い位置に飾る

室内に飾るにしても外に飾るにしても
熊手を飾る時には目線より少し高い位置に飾るようです。
少し高い位置に飾る理由はよく分かってませんが、
おそらく低い位置よりも高い位置にある方が
幸運を招き易いのかなと思いますね。

玄関に飾るときは入り口に向けて飾る

熊手を玄関に飾るときは玄関の入り口の少し高い位置に
熊手を入り口に向けるようにして飾るのがいいです。
この時どこに熊手を飾るかについては、
玄関の内側(家の中)の入り口部分に
熊手の爪の部分を向けるようにして飾ります。
爪の部分を入り口方向へ向けて
外の幸運をかき集めるのだと思いますね。

 (3125)

熊手を飾る方角は?

やはり一番気になるのは方角ですね。熊手の表を西、東、南などに向けて、部屋の少し 

高いところに飾るようにします。

熊手の表を北の方角に向けて飾るのはやめてください。

北を背にして、南、東の方に向けて飾ってください。

【みんなの知識 ちょっと便利帳】今年の恵方は? 地図で調べる今年の恵方 – 方角を調べ地図で確認

【みんなの知識 ちょっと便利帳】今年の恵方は? 地図で調べる今年の恵方 - 方角を調べ地図で確認
節分の晩にどの方角を向いて恵方巻きを食べるのか? 今年の恵方の方角を西暦から調べ、ご自宅などの地図を表示して確認することができます。今年だけでなく、任意の西暦を入力して毎年の恵方の方角を調べることができます。恵方とは何か? 恵方に関する知識も知ることができます。グーグルマップ(Google Maps API V3)を利用しています。『みんなの知識 ちょっと便利帳』の一部です。
仕事やチャンスを掃きこみたい方は東。
地位や名誉を掃きこみたい方は南。
とにかく金運を掃きこみたい方は西向きに飾ると運が上がるみたいです。
または、年で違う恵方の方角に飾れば、昨年以上に運が来ると思いますね。

古い熊手の返し方や処分方法

 (3140)

だるまや熊手は、一般のごみとして処分してかまいません。
だるまや熊手などの露店などで販売されている物は
いわゆるただの縁起物というだけで、
そこに御神霊(おみたま)は入っていません。
よってお焚き上げする必要はありません。
1年間お世話になったのに、最後はあっさりとゴミ捨て場にポイしても良いのは残念ですね。
酉の市で買った熊手を返す場所は、次の年の酉の市です。
古い熊手を納める熊手納め所に「1年間福を呼び込んでくれたこと」を、きちんと感謝してから納めるのがベストです。
また、次の年の酉の市に行けなかった場合は、以下の方法で納めることもできますよ。

小さな熊手の場合
年末年始、「お札納め所」や「お焚き上げ」にて熊手を納める。

家庭でのお清め方法
1、新聞紙を広げ、その上にお清めする物を置きます。
2、次にお清めする物にお塩を左、右、左と三回かけます。
3、最後にそのまま新聞紙でくるみ、処分して下さい。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP